メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

xpLorに関するよくある質問

一般

xpLorとは何ですか?

xpLorは、クラウドベースのラーニングオブジェクトリポジトリです。複数の学習管理システム(LMS)と連携して動作するように設計されています。また、オープン標準に基づいて構築されており、リッチラーニングオブジェクトの作成、検索、および共有が可能です。ラーニングオブジェクトの共有は単一のLMSに制限されません。サポート対象のシステムであれば、何も変更することなく共有オブジェクトを使用できます。LMSからxpLorに既存のコンテンツを移動すると、複数のプラットフォーム上の複数のコースからアクセス可能になります。

xpLorはLMSに置き換わるものですか?

xpLorはLMSと一部の機能が重複していますが、LMSの置き換えにはなりません。むしろ新しい使用方法(主にコンテンツの検索と共有)をサポートすることでLMSを補完します。ほとんどのコンテンツがLMSの単一のコースコンテキストに制限されていますが、xpLorはその壁を打破するためのプラットフォームです。特定のコースのコンテキスト外に存在するリッチラーニングオブジェクトをサポートし、コンテンツをクラウドで一元管理できるため、複数のコースさらには複数の教育機関において、これらラーニングオブジェクト新たな共有方法を切り開きます。xpLorのプラットフォームはラーニングオブジェクトの共有と検索に重点を置いていますが、LMSの統合環境は、ユーザやコースの管理、登録、成績表管理、コンテンツプレゼンテーションのスコープ/シーケンス処理(適応リリースなど)のために、使いやすい環境を引き続き提供していきます。

xpLorとコンテンツ管理システムの違いは何ですか?

従来のコンテンツ管理システムは、ファイルベースのコンテンツリソースのみを対象に、共有、バージョン作成、コンテンツ管理、およびアクセス制御を提供します。ほとんどの場合、単一のLMSインスタンスとの統合に制限されてしまい、単一の教育機関以外のユーザと共有することができません。xpLorのプラットフォームは、複数のLMSプラットフォーム上で同様の共有機能を利用できます。アセスメントや掲示板フォーラムなど、インタラクティブなリッチラーニングオブジェクトにまで対応し、コース間だけではなく教育機関の壁を越えて、これらのコンテンツリソースの検索と再利用を実現します。詳細については、「包括的なコンテンツ学習ソリューション」を参照してください。

xpLorは、どのようにしてユーザとその学校を認識するのですか?

xpLorはLMS内の次の情報を使用します。

  • ユーザIDの担当(学生やインストラクタなど)
  • コース
  • 教育機関
  • リソース
  • 成績サービス。成績サービスは、xpLorからLMSの成績表に成績を渡す役割を果たします。

xpLorには、他にどのようなユーザ情報が保存されますか?

xpLorが適切に機能するためには、ユーザに関する最小限の情報が必要です。xpLorから学生に求められる情報は、インストラクタに対するものとはタイプが異なります。個人を識別可能な情報が求められることはありませんが、xpLorのリソースを使用するには、LMSのアカウントにリンクする必要があります。これは、LMSにxpLorのリソースを送信したり、成績のレポートを渡したりする場合があるためです。

学生

xpLorは、学生がxpLorへのリンクを利用したときに、その学生に関する情報を受け取ります。xpLorに渡される情報は最小限の基本的な情報であり、xpLorが適切な状態でリソースを表示するのに必要なものです。学生がリソースを使用して作業(テストの受験、ドロップボックスの送信など)をすると、これらの操作の詳細が必要に応じてxpLorに格納されて共有されます。たとえば、インストラクタがショートテストの提出状況や、掲示板フォーラム内のコメントを確認することがあります。採点可能なアクティビティはすべて、xpLorからLMS成績表に共有されます。

インストラクタ

インストラクタがxpLorのリソースを表示する場合や、xpLorに移動してリソースの追加や管理を行う場合、LMSに対してxpLorのリソースを直接発行するために必要な情報がxpLorに渡されます。

  • 指導するコース
  • コースの構造(該当する場合)
  • xpLorのリソースに対するリンクの発行

学生は自分のインストラクタを表示できます。また、チャンネルと呼ばれるxpLorのソーシャル共有領域内のインストラクタも、その領域内のインストラクタを表示できます。

xpLorはオープン標準をどのようにサポートしていますか?

オープン標準はxpLorの基礎です。xpLorで作成されたラーニングオブジェクトは、設計上、IMS Common Cartridge形式との互換性があり、LMSプラットフォーム間におけるxpLorコンテンツの移植性が最大限に確保されています。xpLorのコンテンツは、IMS学習ツールの相互接続性(LTI)標準に基づいた統合により、サポート対象のLMSプラットフォームに配信されます。さらに、xpLorには、クリエイティブコモンズのライセンス基準の下で、コンテンツの管理機能が組み込まれています。

コンテンツ

xpLorのリソースはどこから提供されるのですか?

xpLorのリソースには2つの提供元があります。オープン教育リポジトリ(OER)とクラウドソースのリソースです。

Khan AcademyなどのようなOERリソースは、通常はクリエイティブコモンズライセンスの下に作成され、共有、変更、および再構成されるよう意図されています。

クラウドソースのリソースは、通常は同じクリエイティブコモンズライセンスの下に作成され、OERリソースとして共有されるよう意図されています。違いは、OERリソースが一般に財団法人、学校、組織・グループにより作成されるのに対し、クラウドソースのコンテンツは、自身のリソースを教育者のコミュニティと共有したい個人の教師が提供するものです。これらのリソース提供元は、コースで使用する教材の豊富な内容を提供します。

xpLorでのリソースの作成方法を教えてください。

インストラクタはCommon Cartridgeでサポートされるすべてのリソースを作成しアップロードできます。Common Cartridgeは、今日のLMSで最も一般的なラーニングオブジェクトを定義する、コンテンツパッケージング仕様です。Common Cartridgeのリソースタイプには、ショートテスト、掲示板フォーラム、ファイルなどがあります。作成やアップロードを実行する機能は[作成]メニューにリンクされています。

リソースは未完成のまま保存できますか?

はい。ドラフトのリソースを保存しておき、後で完成させることができます。

作成したリソースはどこで確認できますか?

作成したリソースは、次の2つの方法で表示できます。

  • 管理]メニューの[作成したもの]リンク
  • 検索ボックス内のフィルタリストにある[マイコンテンツ]フィルタ

作成したリソースは編集できますか?

一度発行したリソースは編集できません。リソースのコンテンツまたは著作権を変更するには、リソースの[バージョン]パネルにある[新しいバージョンの作成]リンクを使用して、新しいバージョンを作成する必要があります。 

未発行でドラフトの状態にあるリソースは編集できます。

コレクションやチャンネルには、バージョン作成の機能がありません。これらはいつでも変更できます。

作成したリソースは削除できますか?

はい。他のユーザが使用していていなければ、リソースを削除できます。  詳細については、「リソースの編集と削除」を参照してください。

xpLor内で、私のリソースは他のユーザに表示されますか?

リソースが表示されるかどうかは、各リソースのアクセス権の設定によります。この設定は、リソースを作成するときに指定できますが、その作成者であれば後から変更することも可能です。詳細については、「共有」を参照してください。

私が作成したリソースを他のユーザは使用できますか?

他のユーザがリソースを使用できるかどうかは、通常、そのユーザがシステム内のリソースを表示できるかどうかによります(つまり、表示することができれば使用できます)。リソースが表示されるかどうかは、各リソースのアクセス権の設定によります。この設定は、リソースを作成するときに指定できますが、その作成者であれば後から変更することも可能です。詳細については、「共有」を参照してください。

他のユーザが作成したリソースを使用できますか?

あなたがリソースを作成するときに表示設定やアクセス権を指定できるのと同様に、他のリソースの作成者もあなたに対してリソースの表示を許可したり禁止したりできます。通常、リソースを表示することができれば、そのリソースを使用できます。詳細については、「共有」を参照してください。

xpLorのリソースを自分のコースで使用可能にする方法を教えてください。

LMS内のコースでxpLorのリソースを使用可能にするには、[追加]機能を使用します。[追加]機能は、検索結果およびリソースのプレビューにあります。

デフォルトで[追加]機能は作業中のコースとすでに関連付けられていますが、[追加]機能のドロップダウンリストを使用して、リソースの追加先を変更することができます。ドロップダウンリストからの選択は、xpLorセッションを終了するまで、[追加]機能のデフォルトの動作になります。xpLorを一度閉じてから開くと、デフォルトで[追加]機能はxpLorの起動時に作業中だったコースに戻ります。詳細については、「xpLor内の移動」および「配信」を参照してください。

私のLearnコースをコピーまたはエクスポートすると、そのxpLorのリソースはどうなりますか?

コースのコピー、エクスポート、またはアーカイブを行うと、xpLorのコンテンツもコピーされます。コースをリストアしたサイトからもxpLorにアクセスできる場合は、すべてのxpLorリンクが新しいコース内で維持されます。

著作権、アクセス権、チャンネル、学年レベル、タグ、基準

メタデータとは何ですか? xpLorでリソースとどのように関係していますか?

メタデータは、コンテンツそのものを除く、リソースに関するすべての情報です。たとえば、アクセス権、チャンネル、学年レベル、タグ、基準、評価などが該当します。通常、これらのメタデータは学生には表示されませんが、xpLorのインストラクタ、コースの作成者などのユーザは、この情報によって、xpLor内にあるリソースの適正や範囲を判断できるため、xpLorのエコシステムにとって重要な役割を果たします。

メタデータのリソースへの追加方法を教えてください。

「i」としてリソースツールバーに表示される[概要]パネルからメタデータをリソースに追加します。リソースにメタデータを追加または編集できるかどうかは、リソースの作成者がそのリソースに設定したアクセス権によります。一般に、リソースのメタデータを追加または変更できない場合は、その作者が制限していると考えられます。

どのユーザがリソースに関連付けられたメタデータを表示できますか?

リソースに関連付けられたメタデータを表示できないユーザは、学生のみです。xpLorへのアクセス権を持つインストラクタ、コースの作成者、管理者などのユーザは、リソースのメタデータを表示できます。

アクセス権とは何ですか? 何を意味しますか?

xpLor内のアクセス権は、項目の表示設定や、他のユーザが項目に対してメタデータを使用したり作成したりする権限を制御します。アクセス権の設定は、コンテンツの作成者が指定できる基本的な制御方法です。コンテンツの作成者は、アクセス権の適用範囲を調整することで、システム内のコンテンツへのアクセスや変更について、あらゆる側面を制御できます。

xpLorには、大きく分けてアクセス権の設定が2つあります。

1つ目は、項目に対するアクセスエリアです。共有と使用 :

[共有]設定は、他のユーザの以下の操作を制御します :

  • xpLor内のチャンネルで項目を共有する。
  • 他のユーザが学生や他のコースの参加者のコースの項目を表示できるかどうか、コースに項目を追加できるかどうかを制御する。
  • 他のユーザが項目にメタデータ (タグ、学年、および基準) を追加できるかどうかを制御する。

2つ目は、前述のアクセスエリアへの権限を持つユーザのスコープです。

  • 投稿者]設定は(現時点では)項目の作成者として定義されています。
  • 教育機関]設定は、現行ユーザの教育機関内にいるすべてのユーザとして定義されています。
  • システム]設定は、現行ユーザの学校システム内にいるすべてのユーザとして定義されています。
  • 全員]設定は、xpLorシステム内にいる(システム外に及ぶ可能性もある)すべてのユーザとして定義されています。

これら2つの設定エリアの組み合わせが、xpLorシステム内の全体的なアクセス権を構成し、他のユーザから利用できる項目を特定します。

チャンネル

チャンネルとは何ですか?

xpLorのチャンネルとは、ユーザが自由にコンテンツを整理したりグループ化したりするためのメカニズムです。ユーザは購読可能なチャンネルを登録したり、投稿可能なチャンネルにコンテンツを追加したりできます。チャンネルは、同じトピックやコンテンツタイプに関心のある他のユーザと情報を共有できるソーシャルコラボレーションツールです。

私はチャンネルを作成できますか?

はい。xpLor内のすべてのユーザがチャンネルを作成して管理することができます。チャンネルを作成するには、[作成]ページに移動し、オプションから[チャンネル]を選択します。

チャンネルの作成時には、どのようなオプションを利用できますか?

チャンネルの作成時に、その所有者は、チャンネルのタイトル、説明、ロゴに加えて、さまざまなオプションを選択できます。

xpLorの他の項目と同様に、アクセス権の設定によって、他のユーザにチャンネルを表示したり、チャンネルの権限を付与したりします。

  • 表示および購読]オプションでは、チャンネルの表示および購読を許可するユーザを指定します。利用可能なオプションは、[全員](すべてのxpLorユーザ)、またはチャンネルを作成したユーザの教育機関です(ドロップダウンリストに教育機関名が表示されます)。
  • 投稿]オプションでは、チャンネルにコンテンツの項目を投稿できるユーザを指定します。利用可能なオプションは、[すべての購読者](チャンネルの購読者すべて)または[私のみ](チャンネルの作成者のみ)です。

これらの設定を使用して、チャンネルの所有者は、特定のユーザに対してチャンネルへのアクセスや投稿を許可できます。

チャンネルの所有者が持つ権限は何ですか?

チャンネルの所有者は、チャンネルに追加される項目とメタデータを完全に制御できます。他のどのユーザも、チャンネルの所有者が行ったアクションを上書きできません。

チャンネルへのコンテンツの追加方法を教えてください。

チャンネルにコンテンツを追加するには、まずコンテンツの追加先のチャンネルを購読する必要があります。また、チャンネルのアクセス権の設定で、そのユーザにチャンネルへの投稿が許可されていることも必要です。これらの設定が整ったら、ユーザはリソースのプレビューおよび検索結果のリストから利用できる[追加]ダイアログボックスで、チャンネルへの追加を選択できます。

コレクション

コレクションとは何ですか? 私のコンテンツとどのような関係がありますか?

コレクションとは、ユーザが目的や意図に応じてコンテンツを整理したりグループ化したりするためのメカニズムです。コレクションは他のユーザと共有できますが、コレクションのコンテンツや編成を変更できるのは、コレクションの作成者のみです。コレクションには、他のコレクションを除いてあらゆるタイプのリソースを含めることができます。コレクションを別のコレクションに追加すると、元のコレクションのコンテンツが新しいコレクションのコンテンツに配置され、新しいコレクション内にあったリソースもそのまま保持されます。他のユーザによって作成されたコレクションを編集する場合は、空のコレクションを作成し、元のコレクションから構造とコンテンツをコピーします(ただし、コピー元のコレクションのアクセス権で、この操作が許可されている場合)。

コレクションの作成後に、それらを編集することはできますか?

コレクションの所有者は、いつでもコレクションのタイトル、説明、およびロゴを編集できます。コレクションのその他のメタデータは、コレクションに関連付けられたアクセス権のスコープ内にいるユーザ(コレクションの所有者を常に含む)であれば編集できます。コレクションへの新しいコンテンツの追加を除いて、(現時点では)コレクションのコンテンツは編集できません。

コレクションを自分のコース内で使用できますか?

コレクションはコースの代替として使用できます。コースの構造とコンテンツをコレクションで模倣するのは簡単です。コースにコレクションを追加すると、そのコース内にコレクション内のフォルダとリソースが作成されます。これにより、ユーザはコレクション内にコース全体を設定し、1回のクリックでコースの入力ができるようになります。

ユーザプロフィール

xpLorのユーザプロフィールとは何ですか?

xpLorのユーザプロフィールには、ユーザの学習管理システムから送られた情報が入力されています。 xpLorのユーザは自分のプロフィールを以下の方法で編集できます。

  • xpLorのメインインターフェイスの右上にあるプロフィールアイコンを使用する。
  • リソースのプレビューのドロップダウンリストで利用可能なプロフィールのオプションを選択する。
  • Blackboard Learnを使用する場合、xpLorプロフィールはMy Blackboardのプロフィールと同じになります。プロフィールを編集するには、My Blackboardでアバターアイコンをクリックしてください。

xpLorにインストラクタとしてアクセスするユーザは、事前にサービス規約に同意し、プロフィールを作成する必要があります。コースを通じてxpLorリソースにアクセスする学生は、サービス規約に同意しなくてもxpLorリソースにアクセスできますが、同意するまでxpLorでは匿名のままになります。

プロフィールを作成していない学生は、xpLorインターフェイス内で匿名で表示されますが、数値のxpLor IDは維持されてLearnユーザIDにマッピングされるため、xpLorの課題およびテストの提出は、Learnの正式ユーザによるものとして表示されます。ただし、そのデータはxpLorインターフェイスに表示されません。