メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

配信設定

配信設定はxpLor独自の機能です。この設定により、学生に対するリソースの表示方法や、リソースを表示する学生のアクションを具体的に指定できます。

配信設定はリソースの作成時に指定します。ただし、コース内でリソースを使用するときに、この設定を上書きすることができます。各リソースタイプには、リソースエディタに[アクティビティ設定]というセクションがあり、リソースの作成者はデフォルトの配信設定を指定できます。リソースツールバーの[アクティビティ設定](activity.png)をクリックします。

利用可能な配信設定はリソースごとに異なります。

配信設定の定義が完了すると、現在の設定を適用するコースを選択できるようになります。

ショートテストの配信設定

ショートテストのカスタム配信設定を選択できます。[アクティビティ設定]の[カスタム設定の使用]チェックボックスをオンにします。ショートテストの配信設定には、次のオプションがあります。

  • ショートテストのスコープ:ショートテストに対する学生の提出物を表示できるユーザを指定します。オプションは次のとおりです。
    • (現在の)クラス
    • 所属教育機関
    • 全員(xpLor内)
  • レビューモード:ショートテストの提出後に学生に表示される内容を指定します。オプションは次のとおりです。
    • フルレビュー:学生はショートテストの問題と回答を表示できます。
    • 成績のみ:学生は提出物の成績のみを表示できます。 
    • 無効:学生は、問題と回答または提出物の成績を表示できません。
  • 開始日および終了日:学生がショートテストにアクセスできるレビュー期間を指定します(許可されている場合)。デフォルトは、すぐにレビュー可能で期限なし(オープンレビュー)です。
  • 学生を次に制限[X]試行:ショートテストで学生に許可される試行回数を指定します。
  • 問題の順番を混ぜる:問題を作成された順番、またはランダムに混ぜられた順番で表示するかを指定します。
  • 一度に1つの問題を表示:ショートテストの問題を一度にすべて、または一度に1つずつ表示するかを指定します。
  • 学生は提出物にコメントすることはできません:学生がショートテストの提出時にコメントを投稿できるかどうかを指定します。

課題の配信設定

課題のカスタム配信設定を選択できます。[アクティビティ設定]の[カスタム設定の使用]チェックボックスをオンにします。課題の配信設定には、次のオプションがあります。

  • ドロップボックスのスコープ:課題内の学生の投稿を表示できるユーザを指定します。オプションは次のとおりです。
    • (現在の)クラス
    • 所属教育機関
    • 全員(xpLor内)
  • 学生を次に制限[X]試行:課題で学生に許可される試行回数を指定します。
  • 学生は次の期間以降コメントを編集できません[X][分/時間/日]:学生が提出物に付けた自分のコメントを編集できる期間を指定します。
  • 学生は提出物にコメントすることはできません:学生が課題内の提出物にコメントできるかどうかを指定します。
  • 提出後、学生は他のユーザの提出物を見ることができます:他のユーザの提出物を表示するには、先に学生が何らかの提出をする必要があるかどうかを指定します(可能な場合)。

掲示板フォーラムの配信設定

掲示板フォーラムのカスタム配信設定を選択できます。[アクティビティ設定]の[カスタム設定の使用]チェックボックスをオンにします。掲示板フォーラムの配信設定には、次のオプションがあります。

  • ディスカッションのスコープ:掲示板フォーラム内の学生の投稿を表示できるユーザを指定します。オプションは次のとおりです。
    • (現在の)クラス
    • 所属教育機関
    • 全員(xpLor内)
  • 学生を次に制限[X]最上位レベルの投稿:学生が実行できる最上位レベルの投稿の最大数を指定します。学生は他のユーザの投稿に継続してコメントできる場合があります。
  • 学生は最上位レベルの投稿に返信できません:学生が最上位レベルの投稿にコメントできるかどうかを指定します。
  • 学生は次の期間以降は投稿を編集できません[X][分/時間/日]:学生が自分の投稿を編集できる期間を指定します。
  • 学生は添付ファイルを追加することはできません:学生が投稿にファイルを添付できるかどうかを指定します。
  • 学生は他の学生の投稿を見ることができません:学生が掲示板フォーラム内の他の学生の投稿を表示できるかどうかを指定します。
  • 学生は不適切な投稿をレポートすることはできません:投稿の「レポート」オプションの表示方法を指定します。
  • 学生は投稿を見る前に、投稿する必要があります:学生が自分の投稿をする前に、掲示板フォーラム内の他の投稿を見ることができるかどうかを指定します。
  • インストラクタが投稿を承認する必要があります:投稿を他のユーザに表示する前に、インストラクタが投稿を承認する必要があるかどうかを指定します。

注:ディスカッションのスコープ]を[所属教育機関]または[全員]に設定すると、ディスカッションは匿名のディスカッションとして自動的に作成されます。学生の投稿は、他の学生に対して匿名で表示されます。匿名のアバター画像が生成され、学生の投稿名は「匿名」になります。インストラクタには、指導する学生の本名とプロフィール画像がすべて表示されます。