メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

リソースタイプ

xpLorでは、7種類のリソースを作成できます。

ページ

組み込みコンテンツに対応するHTMLページを作成できます。Blackboard Learnの空白ページと同様に、コンテンツエディタを使用して、コンテンツを最初から作成できます。

HTMLエディタはフルスクリーンモードに拡大できます。

インストラクタと学生の表示については、「配信」を参照してください。

ファイル

ファイルが表示されない場合は、学校が表示を無効にしています。

ファイルはアップロードして配信できます。ファイルリソースは、Blackboard Learnのファイルコンテンツタイプに似ています。ファイルタイプをアップロードして、他のユーザが利用することができます。オプションで、ダウンロード用のリンクを表示したり、iframe内にリソースを組み込んだりできます。

iframeへのリソースの埋め込みは、表示するユーザがインストールしているブラウザとブラウザの機能に左右されます。次のリソースを埋め込むことができます(すべてではありません)。

  • 音声
    • WAV 
    • MP3
  • 動画
    • FLV(Flashが必要)
    • MPG(MPEG1、MPEG2)
    • AVI(コーデック、h.264に依存)
    • MP4(コーデック、h.264に依存) 
  • 画像
    • GIF 
    • JPG 
    • JPEG 
    • PNG 
    • BMP
  • テキスト
    • TXT 
    • PDF 
    • HTML
  • ブラウザ
    • Internet Explorer
    • Google Chrome
    • Mozilla Firefox
    • Macintosh Safari

インストラクタと学生の表示については、「配信」を参照してください。

リンク

Blackboard LearnでレンダリングするWebサイトへのHTMLリンクを作成できます。リンクリソースは、Blackboard LearnのURLリンクコンテンツタイプに似ています。

インストラクタと学生の表示については、「配信」を参照してください。

コレクション

コレクションが表示されない場合は、学校が表示を無効にしています。

コレクションとは、コースまたはチャンネルに全体として追加できる、特定の構造を中心に整理されたリソースのグループです。コレクションは、コース全体または1つのレッスンまたはモジュールで構成されます。さらに、コース、レッスン、モジュールには、コンテンツ、課題、ショートテスト、および関連するアクティビティなどがあります。たとえば、コレクションは、5年生の科学のコース全体でも、光合成の1ユニットだけでも構成できます。

コレクションを作成する主な使用例としては、Blackboard Learnコースに入力できるコースの構造をxpLor内で開発することが挙げられます。コレクションをコースに追加すると、コースにコレクションのすべてのフォルダとリソースが割り当てられます。コレクション内の各フォルダは、Blacboard Learnのコンテンツフォルダに対応します。

コレクションの操作には、表示と編集の2つのモードがあります。

コレクション表示モード

コレクション表示モードは、コレクションを表示できるすべてのユーザに表示されます。これは、コレクションの共有設定に基づいています。コレクションのタイトル、説明、アイコン、コンテンツ(フォルダとリソース)が表示されます。

コレクション編集モード

設定の編集]をクリックして、コレクションのコンテンツを編集します。

次のことができます。

  • ドラッグアンドドロップ機能を使用して、コレクション内のフォルダとリソースを並べ替えます。
  • 個別の項目の横にあるコンテキストメニューを使用して、コレクション内の項目の削除または項目名の変更を行います。

    コレクション内のリソース名を変更する場合、コレクション内のリソースへの参照にのみ変更が適用されます。xpLor内の検索範囲を広げる場合、リソースの名前は変更されません。リソースの名前を変更したコレクションを使用して入力されたコースでは、変更後のリソース名が認識されます。

  • コレクションを削除します。[コレクションの削除]を選択します。

    削除したコレクションはリストアできません。

コレクションのインポート

Common Cartridgeをインポートしてコレクションを作成できます。インポートが完了したら、著作権とコレクションのリソースを表示できるユーザを選択します。詳細については、「Common Cartridgeコンテンツのインポート方法」を参照してください。

ショートテスト

すべてのショートテスト機能が表示されない場合は、学校がショートテスト機能を無効にしています。

Blackboard Learnのアセスメントと同様に、論文式問題、穴埋め問題、多肢選択問題、正誤選択問題でショートテストを作成します。ショートテストに問題を追加する場合、問題がショートテスト全体のインターフェイス内に一覧表示されます。ショートテストの問題は、挿入済みの問題の上下にある[問題の追加]リンクを使用して、他の問題の間にインラインで追加できます。

カスタム設定の使用]をクリックして、ショートテストのスコープ、試行オプション、および時間制限などの追加のショートテストのオプションを表示します。

ショートテストの詳細については、「xpLorを使用した学生のアセスメント」を参照してください。

課題

すべての課題機能が表示されない場合は、学校が課題機能を無効にしています。

xpLorの課題リソースは、Blackboard Learn内の課題と似ています。学生は、xpLorの課題送信インターフェイスに提出物をアップロードするか、コンテンツを直接貼り付けることができます。xpLorの課題を作成する場合、学生への指示を指定するだけで、残りのドロップボックスの機能は自動的に処理されます。

課題の詳細については、「xpLorを使用した学生のアセスメント」を参照してください。

ディスカッション

すべてのディスカッション機能が表示されない場合、学校がディスカッション機能を無効にしています。

xpLorのディスカッションリソースは、Blackboard Learnの掲示板フォーラムリソースに対応するものです。このリソースを使用して、インストラクタは、フォーラムの最初のトピックを指定することができます。

ディスカッションの詳細については、「xpLorを使用した学生のアセスメント」を参照してください。

Common Cartridge

すべてのリソースタイプは、IMS Common Cartridge形式で広くサポートされています。

Common Cartridgeは、IMS Global Learning Consortiumによって開発された一連の基準で、学習ソフトウェアシステム間でコンテンツを容易に転送できるようにします。Common Cartridgeは、コンテンツ、問題、およびテストの相互運用性に関連するメタデータの基準、外部アプリケーションでのデータの起動と交換、オンラインの掲示板フォーラムとURLリンク用のスキーマ、およびCommon Cartridge内のコンポーネント用の認証基準などで構成されます。詳細については、http://www.imsglobal.org/cc/index.htmlを参照してください。

Common Cartridgeのエクスポートを作成してファイルをアップロードすることで、Blackboard LearnからxpLorにコースコンテンツをインポートできます。

アセスメントと課題をxpLorに直接インポートすることはできません。Common Cartridgeのエクスポートの一部としてインポートする必要があります。

Common Cartridgeコンテンツのインポート方法

  1. Common Cartridge形式でのBlackboard Learnコースをエクスポートします。詳細については、お使いのバージョンのヘルプのインストラクタ向けセクションにある コースのエクスポートとアーカイブ のトピックを参照してください。
  2. xpLorの[作成]ページに移動します。xpLor内での移動の詳細については、「xpLorの概要」および「作成」を参照してください。
  3. Common Cartridge]をクリックします。
  4. Common Cartridgeファイルをアップロードします。
  5. リソース設定]セクションで、次の設定を行います。
    • コレクションの所有権:この設定では、インポートしたリソースの共有のアクセス権をデフォルトで指定します。詳細については、「共有」を参照してください。
    • 著作権。詳細については、「著作権」を参照してください。

    これらのリソース設定は、インポートしているCommon Cartridgeコレクション内の各リソースに適用されます。これらはコレクション全体に単一のエンティティとして適用されません。余分な内容を最小限に減らし、コレクション全体が公開されるリスクを最小限に抑えるために、インポートプロセスで作成されるコレクションはすべて共有のアクセス権が[なし]に設定されます。この設定はインポートの完了後に変更できます。

  6. [インポート]をクリックします。

    ファイルが正常にアップロードされると、インポートが可能になります。非常にサイズの大きなファイルをインポートする場合、時間がかかることがあります。プロセスの実行中は、[インポート]ページを開いておく必要はありません。インポートの完了時にEメールの通知を受信するようにするには、[インポートの完了時にEメールで通知する]を選択します。

インポートを開始すると、[インポートステータス]ページが表示されます。このページにはダッシュボードからもアクセスできます。ダッシュボードの詳細については、「xpLorの概要」を参照してください。

インポートが完了すると、インポートした内容がコレクションとして表示されます。