メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

xpLorのトラブルシューティング

基本アクセス設定

Learnのさまざまなアクセス権レイヤで、xpLorのBuilding Blocksおよびツールを使用できるようにするには、次の設定を確認します。

  • xpLorコネクタBuilding Blocksが有効かつ利用可能である。
  • xpLorコネクタBuilding BlocksおよびLTIツールが対象コースで利用可能である。
  • LTIツールプロバイダにxpLor接続のエントリがある。

アクセス設定の設定方法

  1. システム管理者]パネルに移動します。[ビルディングブロック]をクリックします。
  2. [インストールされているツール]をクリックします。
  3. xpLorコネクタ]を検索し、利用可能になっていない場合は、コンテキストメニューから[利用可能に設定]を選択します。
  4. アクティブになっていない場合は、xpLorコネクタのコンテキストメニューから[アクティブに設定]を選択します。
  5. 設定]をクリックします。適切なxpLor URLを必ず指定してください。
  6. ビルディングブロック]ページに移動します。基本LTIツールプロバイダをクリックします。xplor.cloud.bbプロバイダのドメインが作成および設定されていることを確認します。
  7. グローバルプロパティの管理]をクリックします。
    • 機能のアクセス設定
      コースでの有効化 = はい
      組織・グループでの有効化 = はい/いいえ
      ツールプロバイダリンクの作成 = 明示的に除外されていないすべてのツールプロバイダへのすべてのリンク
    • デフォルト設定(オプション)
      ユーザデータの送信 = すべての接続でユーザデータを送信
      送信するユーザフィールド = [すべて]
      ユーザ確認応答メッセージの表示 = いいえ
      メッセージテキスト = [なし]
  8. 送信]をクリックします。
  9. システム管理者]パネルに移動します。コースを設定するボタンをクリックします。
  10. コースツール]をクリックします。
  11. LTIを検索して、デフォルトのアクセス設定を常にオンに設定します。
  12. システム管理者]パネルに移動します。[ツール]をクリックします。
  13. LTIとxpLorプラグインツールの両方が利用可能であることを確認します。
  14. デフォルトのアクセス設定を常にオンに設定します。

xpLorのリリース選択

教育機関の階層があるクライアントはxpLorを選択的にリリースできます。

  1. システム管理者]パネルに移動します。教育機関の階層をクリックします。
  2. ツール]の下の[xpLorコネクタ]が利用可能(または制限付き)であることを確認します。

xpLorをコースのサブセットでのみ使用したい場合、xpLorが「無効」なノードを作成して、コース一覧に含まれないように選択できます。また、xpLorを有効にするノードを選択して、コースのサブセットにも同じアクセス設定を適用できます。

ポート

xpLorは、「ソフトウェア更新」で利用されているすべての機能においてポートに依存しません。すべてのトラフィックはポート80および443を経由して送信され、片方向入力です(xpLor => LMS)。CAS、Shibなどの認証を使用している場合、その認証によってトラフィックがブロックされることがあります。

コースに正常に追加されないリソースの調査

  • 正しいコース情報およびコースの階層情報がxpLorの[コースに追加]ダイアログボックスに表示されますか?
  • xpLor内に確認メッセージまたはエラーが表示されていませんか?
  • 該当するLearnリソースの[編集]ページにLTIリンクが正しく表示されていますか?それは正しいxpLorリソースをポイントしていますか?

    LTIリンクのリソースIDと xpLorリソースのresViewIdリンクは一致していますか?

成績管理に正常に渡されない成績の調査

  • 成績管理の列は正常に作成されていますか?
  • xpLorで、採点可能な項目を示すチェックボックスがオンになっていますか?
  • 新しいxpLorの成績を認識できないようにするルールが成績管理に設定されていませんか?たとえば、試行回数、最高/最低の成績、平均の成績などです。