メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

検索

The Search Content tool provides users with ways to access, group, and save the vast amount of content available to them in the Content Collection.また、ユーザーのフォルダツリーやショートカットビューに表示される情報だけでなく、ユーザーと共有している情報でContent Collectionメニューからアクセスできない情報にアクセスするための代替方法を提供します。

検索は、次の2つの状況で使用するのに非常に便利なツールです。

  • Accessing files or folders not displayed in the folder tree.If read permission has been granted to a user on a file or folder that is not displayed in a user’s folder tree or shortcut view, search criteria, such as the name of the file or folder or the username of a person who created the file, may be used to find the item.
  • Discovery of information.検索を使用して、コンテンツ管理に保存されている特定のトピックに関連付けられた情報、特定のユーザによって作成された情報、または特定のメタデータが含まれている情報を検索します。

Search quickly from the Search panel on the Content Collection menu.少なくとも項目の名前の一部がわかっている場合に非常に便利です。Users also have the option of conducting either a Basic Search or an Advanced Search.Searches can be saved and used over and over again from the Saved Searches page.ユーザは、ポートフォリオおよびポートフォリオ項目も検索できます。

ポートフォリオに添付されているコンテンツ管理項目は、基本検索または詳細検索中に検索されます。ポートフォリオおよびポートフォリオ項目全体(ようこそページや項目ページなど)は、基本検索または詳細検索を使用して検索することはできません。これらの項目を検索する場合は、ポートフォリオ検索を使用してください。

「スマート」検索

すべての検索はユーザが保持するファイルまたはフォルダのアクセス権に基づきます。項目に対する読み取り権がない場合は、検索条件に一致する場合でも、検索結果に表示されません。ファイルまたはフォルダに追加のアクセス権がある場合、検索結果から開くとその追加のアクセス権はファイルまたはフォルダに適用されます。

「AND」検索

Entering criteria in multiple search fields on the Search page creates what is known as an ‘AND’ search.検索結果に返される項目は、ページに入力したすべての条件と一致する必要があります。入力された各条件で、検索を絞り込みます。

検索を実行するには、ページの1つのフィールドのみに条件を入力する必要があります。条件を何も入力しないとシステムのすべてのファイルやフォルダが返されるというわけではありません。

大文字と小文字を区別しない

すべての検索は大文字と小文字を区別しません。小文字か大文字のいずれかを入力しても、検索は小文字と大文字の違いを無視して同じ結果を返します。

検索基準

次の情報は、コンテンツ管理で検索を実行する場合に役立ちます。

  • ユーザは検索ページに少なくとも1つの用語を入力する必要があります。何も入力しないとシステムのファイルがすべて返されるというわけではありません。
  • 複数の単語が検索に入力されると、クエリは指定した単語をすべて含んだファイルのみを返します。
  • ワイルドカード検索はファイルコンテンツを検索するときに使用します。たとえば、「search*」と入力すると、コンテンツに「search」および「searches」を含む項目が返されます。部分的な単語検索はこの場合は使用されません。
  • 部分的な単語検索は、ファイル名を検索するときに使用できます。たとえば、「searches」と入力すると、ファイル名に「search」を含む項目が返されます。ワイルドカード検索はこの場合は使用されません。
  • Users may enter a file extension in the File or Folder Name box to return all files for one type of extension.たとえば、「.xls」と入力すると、すべてのExcelファイルが返されます。
  • Use the buttons on the Search page and Search Results page, such as Submit and Back, rather than using the options in the browser action bar or ENTER on the keyboard.コンテンツ管理のページで提供されるオプション以外のオプションを使用すると、エラーメッセージが表示される場合があります。

ワイルドカード検索、近接検索、およびファジー検索

次の情報は、コンテンツ管理でワイルドカード検索、近接検索、およびファジー検索を実行する場合に役立ちます。These types of searches may be used only when searching file contents, not file names.

  • 検索用語の中央または最後にアスタリスク(星印「*」)を使用すると、ワイルドカード検索を実行することができます。This is used to find a term where one character is debatable (for example, “te*t”, when looking for text or test) or where multiple characters are debatable (for example, “test*” when looking for variants of test, such as testing, tested, and so on).
  • アスタリスク (星印「*」) は、検索で最初の文字として使用できません。これを行うと、コンテンツ管理内のすべての項目が返されます。
  • ファジー検索は、波型記号「~」を使用して実行できます。For example, to search for a term similar in spelling to “roam,” enter the following search: roam~
  • 波型記号「~」を使用すると、互いに近接した単語を検索できます。For example to search for "test" and "history" within 10 words of each other in a document, enter the following search:「"test history"~10」という検索条件を指定します。

ブール検索

次のブール演算子は、コンテンツ管理内で検索するときに使用できます。AND、OR、NOT、"-"、"+"。ブール演算子はすべて大文字で入力する必要があります。括弧は検索で節をグループ化したり、サブクエリを形成するのに使用できます。

  • OR operator:この演算子は2つの用語をつないで、いずれかの用語が一致する文書を検索します。記号「ll」をORの代わりに使用することもできます。たとえば、「test history」または単に「test」のいずれかを含む文書を検索するには、"test history" ll test, "test history" OR test
  • AND operator:AND演算子は、1つの文書のテキストに両方の用語がある文書を検索します。記号「&&」をANDの代わりに使用することもできます。For example, to search for documents that contain "test history" and "history test" use one of the following queries:"test history" && "history test""test history" AND "history test"
  • NOT operator:NOT演算子は特定の用語を含む文書を除外します。記号「!」をNOTの代わりに使用することもできます。For example to search for documents that contain “history test” but not “calculus test”, use one of the following queries:“history test” ! “calculus test”“history test” NOT “calculus test”
  • + operator:この演算子は、「+」記号の後の用語が1つの文書のテキストに含まれていることが必要です。たとえば、「test」が含まれていて「history」も含まれている可能性のある文書を検索するには、次のクエリを使用します。+test history
  • - operator:この演算子は、指定した用語を含む文書を除外します。たとえば、「history test」が含まれて「history assignment」が含まれない文書を検索するには、次のクエリを使用します。history test – assignment
  • Grouping:括弧を使用して節をグループ化して検索内にサブクエリを形成します。たとえば、「history」または「revolution」のいずれか、および「test」を検索するには、次のクエリを使用します。(history OR revolution) AND test

基本検索

Basic Search allows users to quickly search for Content Collection items using a limited number of search criteria.ファイル名およびファイルに関連付けられているすべてのメタデータは、自動的に検索に含められます。

基本検索には2つのオプションがあります。

基本検索のオプション
オプション 説明
検索基準
Metadata, File Name, or Folder Name
  • From the drop-down menu, select Contains to search for all items that contain the criteria entered or select Equals to search for all items that exactly match what you have entered.
  • テキストを入力してコンテンツ管理内を検索します。このフィールドでは、コンテンツ管理にロードされたメタデータ、ファイル、およびフォルダの名前が検索されます。
  • 検索されるファイルのタイプは、DOC、XLS、PPT、PDF(暗号化されたpdfファイルを除く)、HTML、HTM、RTF、TXTです。
  • The asterisk (*) symbol may be used to return all files and folders that a user has permission to read (up to a number set by your institution's administrator).これは、ワイルドカード検索と呼びます。
  • 単語の部分検索ができます(たとえば、「environment」の代わりに「enviro」など、単語全体ではなく単語の一部を入力)。
  • 検索用語の中央または最後に「*」記号を使用すると、単一文字のワイルドカード検索を実行することができます。これは、「te*t」のように、1文字が不確定な用語を検索するときに使用します。
  • 検索用語の中央または最後に「*」記号を使用すると、複数文字のワイルドカード検索を実行することができます。これは、「test*」のように、複数の文字が不確定な用語を検索するときに使用します。
  • ファジー検索は、波型「~」記号を使用して実行できます。たとえば、「roam」と同じつづりの用語を検索するには、検索フィールドに「roam~」と入力しす。
  • 波型記号「~」を使用すると、互いに近接した単語を検索できます。たとえば、文書内で互いの間の語数が10以内の「test」と「history」を検索するには、「"test history"~10」という検索条件を指定します。
Search File Contents このチェックボックスをオンにして、ファイル自体のコンテンツ内を検索します。

詳細検索

Advanced Search contains the same options as a basic search, plus:

  • Search File Comments
  • Additional Search Options and Metadata searches for more granular results
  • Save Search function that allows a user to save search criteria and re-run the search with one click from the Saved Searches page
  • Search File Contents:ファイルコンテンツの検索は、基本検索の場合と同じ検索オプションです。ファイルに検索フィールドに入力された条件が含まれる場合、ファイルが結果に作成されます。
  • Search File Comments:ファイルに検索フィールドに入力された検索条件と一致するコメントが含まれている場合は、そのファイルが結果に作成されます。ファイルのコメントを表示するには、コメントが共有されているか(プライベートではなく)、またはユーザがファイルの管理権を持っている必要があります。

追加検索オプション

追加検索オプションでは、さらに特定の条件で検索結果を絞り込むことができます。他のすべての検索と同じく、入力する各検索条件によって検索が絞り込まれます。

教育機関ではコンテンツの検索を簡単にするためにメタデータを組み合わせて使用することができます。たとえば、ライブラリ管理者が一貫して件名またはユーザ名情報を入力するのにメタデータを使用すれば、学生は使用してトピックの情報、特定の作成者によるすべての文書、または入力されたその他の条件を検索できます。

配置

目標配置ごとにコンテンツを検索します。Select Any or All selected goals or Browse Goals.

メタデータ

既知のメタデータを用意されたフィールドに入力します。

検索の保存

Save search criteria by typing a Search Name in the Save Search as box, then click Submit.The search is automatically saved and accessible from the Saved Searches page.

保存されたファイルの検索

The Saved Searches page stores searches so they can be used again.Searches may be saved when creating the search on the Advanced Search page or the Portfolio Search page, or they may be saved from the Search Results page.

保存された検索は、他のContent Managementのユーザと共有することができます。The Saved Search page lists all searches initiated on any search page for which a search name was entered in the Save this Search as box and the search was submitted.ファイル名およびファイルに関連付けられているすべてのメタデータは、自動的に検索に含められます。

定期的に実行する検索を保存すると便利です。

検索の再実行方法

保存した検索の名前をクリックして検索結果を表示します。この検索は、名前が選択されるたびに新たに実行します。検索結果は、検索条件に一致する新しいファイルまたはフォルダが追加されたり、ファイルまたはフォルダが削除されたり、ファイルのアクセス権が変更された場合に変わります。

検索結果に表示される特定のファイルまたはフォルダに継続してアクセスする必要がある場合には、検索結果ページから直接ファイルまたはフォルダにブックマークを付けることをお勧めします。It can then be accessed from Bookmarks.

検索の編集方法

Access the search's contextual menu and click Edit to change the search criteria.検索が実行されたページが開き、既存の検索条件が入力されます。If the saved search was a basic search, the criteria will display on the Advanced Search page and can be edited from there.Edit any criteria and click Submit.

保存された検索の共有方法

保存された検索は、他のContent Managementのユーザと共有することができます。次の手順で、保存された検索を共有します。

  1. From the Search Content panel, click Saved Searches.
  2. On the Saved Searches page, click the entry in the Search URL column of the appropriate search.
  3. そのエントリをコピーします。
  4. 新しいブラウザウィンドウを開きます。
  5. コピーしたエントリをアドレスフィールドに貼り付け、[Enter]キーを押します。The Search Content page appears.

検索の削除方法

Access a saved search's contextual menu and select Delete.