メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

項目へのメタデータの追加

メタデータをコンテンツ管理項目に追加する方法

  1. 編集する項目のあるフォルダに移動します。
  2. Select a type of metadata from the contextual menu for the item.
Types of Metadata
フィールド 説明
一般的なメタデータ
Name 項目の名前を入力します。この名前は項目のファイル名を変更しません。
Description 項目の説明を入力します。
Keywords 項目に関連付けられたキーワードをカンマで区切って入力します。
Learning Objectives 項目に関連付けられた学習目的をカンマで区切って入力します。

カスタムメタデータ

The Custom Metadata page allows users to enter attributes for an item.属性は教育機関によって定義されます。

IMSメタデータ

The Manage IMS Metadata page allows users to enter attributes that correspond to the IMS Metadata standard.Additional information about the standard can be found at http://www.imsglobal.org.

IMS Metadata Descriptions
フィールド 説明
IMSメタデータ
Identifier 項目の一意のラベル。
Catalog Type この項目がカタログされているライブラリカタログタイプ。
Catalog Entry 特定の項目のカタログ番号。
Language 項目の言語。
Resource Type リソースのタイプ。たとえば、演習、シミュレーション、アンケート、図形、図式、グラフ、索引、スライド、表、説明文、試験、実験、問題文、自己アセスメントなど。
Educational Context ラーニングオブジェクトの使用を目的とする一般的な学習環境。たとえば、初等教育、中等教育、高等教育、短期大学、大学、大学院、専門学校、高等専門学校、専門学習、生涯学習、職業訓練など。
Age Range 対象ユーザの年齢範囲。
Difficulty この項目の難易度を示します。
Free Resource この項目が空いている場合は、チェックボックスをクリックします。そうでない場合は空白のままにします。
Restricted Use この項目が制限されている場合は、チェックボックスをクリックします。そうでない場合は空白のままにします。

完全なIMSメタデータ

The Manage Full IMS Metadata page allows users to take advantage of all the fields available on the IMS Learning Resource Meta-Data Information Model.Additional information about the standard can be found at http://www.imsglobal.org.

Full IMS Metadata Descriptions
フィールド 説明
一般的なメタデータ
General Identifier 項目の一意のラベル。
General Title 項目のタイトル。
General Catalog この項目がカタログされているライブラリカタログタイプ。
General Entry 特定の項目のカタログ番号。
General Language 項目の言語。
General Description 項目の一般的な説明。
General Keyword 項目の記述目的に関連した説明。
General Coverage 項目の履歴コンテキスト。
General Structure 項目の構造。
General Aggregation Level リソースの機能サイズ。ドロップダウンリストから、1~4を選択します。
ライフサイクル
Lifecycle Version 項目のエディション。
Lifecycle Status 項目の編集状態。
Lifecycle Role コントリビューションの種類。
Lifecycle Entity 個別のエンティティ、または項目に関連しているエンティティ。作成者、発行者、または大学の学部など。
Lifecycle Date ライフサイクル内のコントリビューションの日付。
メタデータ
Metadata Identifier メタデータの一意のラベル。
Metadata Catalog 続く文字列値のソース。
Metadata Entry リソースではなく説明の機能。
Metadata Role コントリビューションの種類。
Metadata Entity 含まれるエンティティで、最も関連性の高いものを最初に指定します。
Metadata Date コントリビューションの日付。
Metadata Scheme メタデータの構造(バージョンを含む)。
Metadata Language 項目の言語。
技術
Technical Format 項目の技術的なデータ。PDF、データベースファイル、Word文書など。
Technical Size 項目のサイズ(バイト単位)。0~9の数字のみ使用する必要があります。単位は、MB、GBなどではなく、バイトである点に注意してください。
Technical Location コンテンツ管理内のこの項目がある場所。
Technical Type 要件のタイプ。
Technical Name 必須項目の名前。
Technical Minimum Version 必須項目の最低バージョン。
Technical Maximum Version 必須項目の最高バージョン。
Technical Installation Remarks 項目のインストール方法の説明。
Technical Other Platform Requirements 項目にアクセスするための特別な要件。たとえば、PDFファイルへのアクセスに必要なAdobe Reader。
Technical Duration 継続的な項目を目的の速度で再生した際にかかる時間(秒単位)。
教育
Educational Interactivity Type 項目でサポートされているインタラクティブ性のタイプ。
Educational Learning Resource Type 特定の種類のリソースで、最も主要な種類を最初に指定します。
Educational Interactivity Level エンドユーザとラーニングオブジェクト間のインタラクティブ性のレベル。
Educational Semantic Density サイズや期間と比較した場合のラーニングオブジェクトの有用度の主観的な尺度。
Educational Intended User Role 項目のユーザのタイプ。インストラクタ、学生、ライブラリ管理者など。
Educational Context ラーニングオブジェクトの使用を目的とする一般的な学習環境。たとえば、初等教育、中等教育、高等教育、短期大学、大学、大学院、専門学校、高等専門学校、専門学習、生涯学習、職業訓練など。
Educational Typical Age Range 対象ユーザの年齢範囲。
Educational Difficulty この項目の難易度を示します。
Educational Typical Learning Time リソースでの学習にかかる概算または標準の時間。
Educational Description ラーニングオブジェクトの使用方法に関するコメント。
Educational Language ユーザが使用する言語。
権利
Rights Cost 項目を使用するのに支払いが必要かどうか。
Rights Copyright and Other Restrictions 著作権または他の制約が適用されるかどうか。
Rights Description リソースの使用条件に関するコメント。
関係
Relation Kind 記述されている項目とリソース(7.2)で識別される項目との関係の性質。
Relation Identifier 他の項目の一意の識別子。
Relation Description コンテンツ管理内の他の項目との関係における項目の機能。
Relation Catalog 続く文字列値のソース。
Relation Entry 実際の値。
注釈
Annotation Person 項目にコメントをしたユーザ。
Annotation Date 項目にコメントが付けられた日付。
Annotation Description 項目の教育的用途に関するコメント。
分類
Classification Purpose 分類エントリ別の項目の特性の説明。
Classification Source 特定の分類。
Classification Taxon 項目の分類エントリ。類名の順序付きリストによって類名パスが作成されます。
Classification ID 類名体系における類名の識別子。
Classification Entry 類名の名前またはラベル(識別子を除く)。
Classification Description 記述目的に関する、ラーニングオブジェクトのテキストによる説明。
Classification Keyword 記述目的に関する、学習目的のキーワードによる説明。
Resource Type リソースのタイプ。たとえば、演習、シミュレーション、アンケート、図形、図式、グラフ、索引、スライド、表、説明文、試験、実験、問題文、自己アセスメントなど。

Dublin Coreメタデータ

ユーザは、Dublin Coreメタデータ標準に対応する属性を入力できます。Additional information about the standard can be found at http://www.dublincore.org.

Dublin Core Metadata Descriptions
フィールド 説明
Dublin Coreメタデータ
Title 項目の名前を入力します。この名前は項目のファイル名を変更しません。
Creator 項目を作成したユーザまたは組織・グループを入力します。
Subject 項目の件名を入力します。
Description 項目の説明を入力します。
Publisher 項目を発行したユーザまたは組織・グループの名前を入力します。
Contributor 項目のコンテンツに寄稿したユーザーの名前を入力します。
Date 項目が作成された日付を入力します。
Type この項目のカテゴリまたはジャンルを入力します。
Format メディアのタイプまたはサイズおよび項目の期間を入力します。これはリソースを使用するのに必要なソフトウェアまたはハードウェアを識別するのに使用できます。
Identifier この項目の一意の参照(たとえば、識別システムに関係のある数字)を入力します。
Source この項目の発信元のリソースの名前を入力します。
Language 項目の言語を入力します。
Relation この項目に関連付けられているソースの参照を入力します。
Coverage この項目の場所および日付範囲を入力します。
Rights 知的所有権および著作権情報を入力します。

動的メタデータ

インストラクタはコースに項目を追加すると同時に、コンテンツ管理項目にメタデータを追加することができます。インストラクタはメタデータを上書きしたり、コンテンツ管理への接続を維持したりすることができるため、コンテンツ管理でメタデータが更新されるとコースでも更新されるようになります。

Dynamic Metadata Descriptions
メタデータ 説明
Check box 該当するチェックボックスをクリックすると、そのメタデータタイプで利用可能な属性をすべて選択できます。
Metadata Picker プラス記号をクリックして展開すると、該当するメタデータの属性を選択することができます。マイナス記号のアイコンをクリックすると、リストを折りたたむことができます。

以下のオプションから選択します。

メタデータの属性
オプション 説明
Values Click the Keep these values synchronized check box to maintain a dynamic link between the Content Collection and the course for the item.

このオプションをオンにしなかった場合、メタデータは単にコースにコピーされるだけです。項目のメタデータを変更しても、変更内容はコースに反映されず、その逆も同様です。

Format メタデータの書式を表形式または圧縮形式から選択します。The Sample Format field displays how each option appears.