メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

コンテンツの共有と検索

コンテンツの共有や、共有されているコンテンツの検索に、多数のツールを利用することができます。これらのオプションは、共有されているフォルダのレベル、たとえば付与されている権限が最上位フォルダに対するものか、サブフォルダに対するものかによって異なります。フォルダが共有されている場合、権限はフォルダ内のすべてのコンテンツに許可されていることに留意してください。

Finding Folders

The Find Folder option allows users to search for top-level folders they have permissions to, for example, if another user has granted him or her read permission on a username folder.When a user is granted permissions to a top-level folder, the Find Folder option allows the user to locate the folder and add it to his or her Content Collection menu, making it easy to access the folder on a regular basis.

ユーザは最上位フォルダを他のユーザと共有した後で、フォルダ内のコンテンツのアクセス許可を調整し、このユーザがアクセス可能なコンテンツを制限することができます。たとえば、ユーザ名フォルダの読み取り権をユーザに付与します。次に、フォルダを開いて、このユーザには表示しないコンテンツの読み取り権を削除します。The user may still use the Find Folder option, but they will only view specific content in the folder.

Searching for Files and Folders

検索では、ユーザは共有化されているすべてのファイルとフォルダを検索できます。検索を実行すると、そのユーザが許可されている項目だけが返されます。If permissions are granted on a nested folder (and not the top-level folder), the user may search for the folder and bookmark it; the Find Folder option may not be used on nested folders.

Going To a Location

Go to Location allows users to go directly to a specific folder that has been shared with them in the Content Collection.これによってユーザは時間を節約することができ、パスを入力してフォルダを開くと同時に、場所をブックマークに設定することができます。

Bookmarking Folders

ブックマークを使用すると、複数のフォルダを経由することなく、頻繁に使用するコンテンツに迅速にアクセスすることができます。ブックマークは、ユーザの必要に応じて複数のフォルダおよびサブフォルダに分類されます。This tool is helpful when permissions are granted on a nested folder, since the Find Folder tool may not be used.

Sending Workflow Activities

ある項目に対してユーザがアクションを行う、またはそれに応答することが想定されている場合、項目と一緒にワークフローアクティビティを送信すると便利です。ワークフローアクティビティが作成されると、項目を共有するユーザが選択され、権限が付与されます。これらのユーザに対してこの項目が共有されていること、またワークフローアクティビティが一緒に添付されていることを記載した、Eメールを送信するオプションを選択することもできます。

Creating Passes

パスは、特定の回数だけユーザとファイルを共有できるようにする場合に使用します。これは、システムアカウントを持たないユーザとファイルを共有する場合に特に便利です。パスが作成されたら、ユーザは、パスによってファイルの読み取りを許可するか、読み取りおよび書き込みを許可するかを決めます。パスに割り当てられた回数を超えると、ユーザはそのファイルにアクセスできなくなります。

Creating Portfolios

ポートフォリオを使用すると、ユーザはファイルを収集し、これをカスタムWebページ内で編成できます。次にこれらのポートフォリオを、個人またはユーザのグループに提示することができます。ユーザは、ポートフォリオにリンクされたファイルに対して許可する権限について考慮することが重要です。他のユーザが、ポートフォリオにリンクされているファイルに対して読み取り以外の権限を持っている場合、そのファイルは編集または削除されてしまう可能性があり、ポートフォリオのユーザにとっては問題が発生する可能性があります。