メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

項目の管理

コンテンツ管理のファイルを管理するためのオプションはすべて、コンテキストメニューからアクセスします。項目を一度編成し、適切なフォルダに移動したりコピーすると、コンテンツ管理に用意されているほかの機能を使うことができます。オプションを使用して、プロパティの編集や、トラッキングやバージョン管理の有効化、コメントの表示を行うことができます。また、ファイルを360度表示で表示して、ファイルに関するすべてが一目でわかるようにすることもできます。このようなオプションの多くは、クラスメイトとコンテンツを共有する場合や、ファイルの編集内容を追跡する必要がある場合に有効です。

項目プロパティの編集

After an item has been created, its settings can be changed from the Edit Item Properties page.たとえば、項目が最初に作成されたときにロックされていた場合、ロックはこのページから削除できます。The Edit Properties page is also the place to look for detailed information about the item, such as who created the item and when the item was created and last edited.

  1. 編集する項目のあるフォルダに移動します。
  2. Access the item's contextual menu and select Edit.
  3. 必要に応じて次のオプションを設定します。
  4. Click Submit.
項目プロパティ
オプション 説明
ファイル情報
File Name [r] ファイルの名前を表示または変更します。ファイルの名前を変更すると、パスを含め、ファイルへのリンクが壊れる可能性があります。
Web Folder/Shared Location URL このファイルのURLリンクで、このファイルの完全なロケーションパスを含みます。

On a Mac, a web folder is called a Shared Location.

Permanent URL このファイルのURLリンクで、このファイルの固有で不変の識別子を含みますが、そのロケーションパスは含みません。これらの永久的な識別子は、コンテンツ管理項目へのリンクは壊れることがないことを意味しています。
File Type ファイルのタイプを表示します。
File Size ファイルのサイズを表示します(KB単位)。
Owner 項目を管理する担当者のユーザ名を表示します。
Created By 項目を作成したユーザの名前を表示します。
Created On 項目が作成された日付および時間を表示します。
Last Edited By 項目に最終的に変更を行ったユーザの名前を表示します。
Last Edited 項目が最終的に変更された日付および時間を表示します。
オプション
Lock File ファイルのロックを有効または無効にします。
Share Comments コメントの共有を有効または無効にします。
Enable Versioning バージョンを有効または無効にします。
Enable Tracking トラッキングを有効または無効にします。

項目コメントの管理

コメントは、ユーザからのテキストを保存します。コメントは、項目のコンテンツに関する意見または指示を保存するのに便利です。The setting for controlling whether or not users can add comments to an item appears on the Set Private/Shared Comments page.

項目のコメントの使用方法

  1. 項目が含まれているフォルダに移動します。
  2. Select Comments from the contextual menu for the item.

The following options are available on the Comments page:

コメントオプション
目的 クリック対象
コメントを作成する Create Comment from the Action Bar.テキストボックスが表示されます。Type a comment and click Submit.
コメントを削除する the check box next to the comments to delete then select Delete.
コメントをソートする 列タイトルをクリックしてコメントをその列でソートします。

ファイルの上書き

項目が作成されたら、ユーザは別のファイルで上書きするように指定することができます。This may be done on the Overwrite File page.ファイルを上書きしてもファイルの名前は変更されません。上書きするファイルの読み取り、書き込み、削除権限が必要です。

異なるファイルタイプでファイルを上書きしないでください。たとえば、DOCファイルをJPGファイルで上書きできません。

ファイルの上書き方法

  1. 編集する項目のあるフォルダに移動します。
  2. Access an item's contextual menu and select Overwrite File.
  3. Click Browse to locate and select the file.
  4. Click Submit.

新しいファイルをアップロードした後、ページを更新してブラウザキャッシュをクリアし、新しいファイル名を表示します。

ファイルの上書きとバージョン管理

If versioning is enabled on a file, and Overwrite File is selected or the Overwrite check box on the Add Item page is selected, a new version is created and the old version is stored in version history.

If versioning is disabled, Overwrite File will overwrite the file and no history of past versions will be stored.

項目への変更のトラッキング

トラッキング機能では、ユーザが項目と対話するすべてのインスタンスを記録します。トラッキングは、必須課題を読んだユーザを確認したり、最後にファイルに変更を行ったユーザを表示したりするときに便利です。

始める前に

トラッキングログを表示するには、トラッキングを有効にしておく必要があります。To turn on Tracking, select Edit from the contextual menu for the item and under Options, select Enable Tracking.

トラッキングログについて

The Tracking page lists each interaction with the item as a row.各行には以下の情報があります。

  • ファイルにアクセスしたユーザの名前。
  • ファイルに対して行われたアクション。
  • アクセスしたファイルのバージョン。バージョンはバージョン管理が有効になっている場合にのみ表示されます。
  • ファイルにアクセスした日付。
  • ファイルにアクセスするために使用したコンピュータのIPアドレス。

複数の操作のトラッキング

1人のユーザが1つのファイルで同じ操作を複数回完了した場合、トラッキングログは最初の操作のみを記録します。たとえば、ユーザが同じ文書を複数回開いて読み取った場合、最初の操作のみが記録されます。ユーザがブラウザのクッキーをクリアしてファイルを再度読み取った場合、2番目の操作がトラッキングログに表示されます。

項目のトラッキングの表示方法

  1. 項目が含まれているフォルダに移動します。
  2. Access the item's contextual menu and select Tracking.

トラッキングログの削除

Selecting Delete Tracking Log from the action bar will remove all of the actions listed on the page.新しいアクションは追跡されます。

WebDAVクライアント

WebDAVクライアントによっては、Goliathのようにコンテンツ管理で使用すると複数の操作を実行する場合があります。たとえば、ファイルが読み取られた場合、ユーザがファイルを1回しか読み取っていなくても、読み取り操作はトラッキングログに2回表示されます。

項目のバージョン管理

バージョン管理では、ファイルとのやり取りを追跡します。When a file is locked from the Manage Versions page, another version is created.編集は最新バージョンに対して行えます。

The Manage Versions page lists the following information about each version:

  • バージョン番号がハイパーリンクで表示されます。
  • バージョンが作成された日付および時間を表示します。
  • バージョンの作成者。
  • ファイルのサイズ。

ファイルを開くと、ファイルは他のユーザに対して自動的にロックされます。ユーザはこのオプションを使用してファイルを変更して保存する必要があります。To learn more about mounting Content Collection folders to your operating system for editing, see Using Web Folders and Shared Locations.

始める前に

ファイルを追跡するにはバージョン管理をオンにする必要があります。To turn on versioning, access and item's contextual menu and select Edit.Under Options, select Enable Versioning.

項目のバージョンの管理方法

  1. 編集する項目のあるフォルダに移動します。
  2. Select Versions from the contextual menu for the item.

    -または-

    Click the number that appears in the Versions column next to the item in its home folder.

バージョンオプションの管理

  1. Set Up Web Folder:詳細情報が表示されます。ファイルがWebフォルダから開かれると、他のユーザに対しては自動的にロックされることに注意してください。

    On the Mac, a web folder is called a Shared Location.

  2. View the Version Number:Webブラウザに項目が表示されますが、ユーザはこのビューから変更を行ったり、新しいバージョンを保存することはできません。
  3. Lock the File:When a file is locked, a new version is created and the options Unlock and Rollback appear in the contextual menu.
  4. Rollback:このリンクはファイルがロックされている場合にのみ表示されます。これで、変更を保存することなく編集していたコピーが削除されます。
  5. Delete Versions:Select a version and click Delete from the action bar.

バージョンのロック

To create another version of your content, you must select Lock from the contextual menu next to the version number hyperlink on the Manage Versions page.最新バージョンのリンクをクリックしてファイルを開き、変更を加えて変更内容を保存します。項目に対して共同作業を行っている場合、ロック解除して他のユーザがこの項目にアクセスできるようにしてください。