メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

日誌

どのツールを使用できるようにするかは、インストラクタと教育機関が管理しています。

日誌ツールは、インストラクタと個人的にコミュニケーションするための個人用スペースです。ユーザは日誌を自己反省用ツールとして使用することもでき、コースについての意見、アイデア、疑問点を投稿したり、コースに関連する教材について議論および分析したりできます。たとえば、ユーザは、直面した問題と、その解決方法を説明できます。Your instructor can direct journal entries to be more formal in nature and narrower in focus by listing topics for discussion.

Your instructor can choose to make journal entries public, allowing all course members to view all entries.学生は他の学生の記述内容を読み、そのアイデアを発展させることができます。

When used in the group area, members of a group can view and comment on each other’s entries for a group journal.The group can communicate with their instructor as a whole and all members can benefit from the comments made.

インストラクタはグループ日誌を採点し、その評価をコースグループのすべてのメンバに適用することができます。また、日誌エントリは、コミュニケーション専用にも使用できます。In either instance, you can make multiple entries for one journal topic.

日誌へのアクセス

Access journals on the course menu or on the Tools page.日誌のリストページで、アクセスする日誌のトピックの名前をクリックします。日誌のトピックはアルファベット順に表示されます。

日誌トピックページ

日誌トピックページは、2つのメインセクションに分かれています。1つはコンテンツフレーム、もう1つはサイドバーです。

  1. Create Journal Entry:日誌エントリは、必要な数だけ作成できます。たとえば、インストラクタが成績割り当て前に説明を求めるコメントを追加したり、別のエントリのトピックを提案したりする場合があります。
  2. Journal Instructions:インストラクタが日誌に配置したセクションを展開して、日誌の手順やゴールを表示できます。
  3. 日誌エントリ : 日誌エントリはコンテンツフレームに表示されます。

  4. Comment:クリックして、自分の考えを追加します。
  5. View Drafts:ドラフトとして保存されたエントリにアクセスします。
  6. Journal Details:サイドバーでこのセクションを展開して、他のユーザがコメントを作成したかどうかなど、日誌に関する情報を表示します。
  7. Grade:このセクションは、インストラクタが日誌の採点を有効化した場合に表示されます。日誌エントリが採点されている場合に見ることができます。
  8. Index:1週間または1か月間に選択したエントリのタイトルを表示します。期間は、日誌作成時のインストラクタの設定によって決定します。最新のエントリタイトルが最初に表示されます。

日誌エントリの作成方法

日誌トピックを作成できるのはインストラクタのみですが、作成された後は、ユーザがエントリを作成できます。

日誌エントリを作成するには、次の手順を実行します。

  1. On the journal topic page, click Create Journal Entry on the action bar.
  2. On the Create Journal Entry page, type an Entry Title and Entry Message.
  3. Optionally, in the Journal Entry Files section, click Browse My Computer to upload a file from your computer.また、コースのストレージリポジトリからファイルをアップロードすることもできます。
  4. If Course Files is the course's storage repository, click Browse Course.

    -または-

  5. If your institution licenses content management, click Browse Content Collection.

    学生によって追加されたファイルがエントリとともに表示されます。ただし、これらのファイルはコースファイルまたはコンテンツ管理に保存されません。

  6. Click Post Entry

    -または-

    Click Save Entry as Draft to save for later posting.

    If your instructor associated a rubric with the journal and made it available to students, click View Rubric in the Grade section to display grading criteria.

日誌のドラフトの表示

If you saved a journal entry to edit later, click View Drafts on the journal topic page.編集および投稿を行うには、エントリのタイトルをクリックします。

日誌エントリへのコメント

インストラクタから許可されている場合、日誌エントリにコメントを追加できます。エントリに対するインストラクタのコメントに続けてコメントを追加して、会話を継続できます。

ユーザーは、日誌が公開されていても別のユーザーの日誌エントリにはコメントを作成できません。グループメンバである別のユーザーのエントリにのみコメントを作成できます。For group journals, all group members and their instructor are allowed to make comments on individual entries.

日誌エントリの編集または削除

自身の日誌エントリを編集または削除できるかどうかは、担当インストラクタが決定します。On the journal's topic page, access the entry's contextual menu and click Edit or Delete.日誌エントリの削除操作は元に戻せません。

日誌の成績の表示

インストラクタが日誌エントリを採点した後は、2つの場所で成績を確認できます。The grading information appears in the Grade section on the journal topic page and on your My Grades page.Any feedback and the date the grade was assigned also appear in these areas.To learn more, see My Grades.

ルーブリック

If your instructor associated a rubric with the journal and made it available, click View Rubric to display grading criteria.

トラブルシューティング

  • 投稿中にインストラクタが日誌を削除した場合、日誌およびすべてのコメントは削除されます。
  • If a journal is made unavailable while you are posting, the journal remains visible to your instructor in Edit view but is not displayed to you.
  • If the Allow Users to Edit and Delete Entries setting is changed, entries remain but you cannot edit them.
  • If the Allow Users to Delete Comments setting is changed, comments remain but you cannot edit them.