メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

Video Everywhereの基礎知識 (学生向け)

コンテンツエディタを使用して、あらゆる場所で動画を撮影することができます。インストールしてアクティブ化されると、Webcamを制御するコンテンツエディタに[Webcamからの録画]という新しいアイコンが追加されます。コンテンツエディタから動画を撮影して、直接YouTube™にアップロードすることができます。YouTubeで登録されているGoogle®アカウントが必要です。ご使用のWebカメラで撮影した動画の処理と保存にはYouTubeチャンネルが必要です。

Eメールの送信時やグループの作成時など、コンテンツエディタで限られたテキスト書式設定のみが許可されている場合は、[Webcamからの録画] (Video Everywhere) を使用できません。

コンテンツエディタを使用した動画の撮影および共有方法

  1. [Webcamからの録画]をクリックします。インストラクタと教育機関はこのツールを無効にできます。
  2. プロンプトが表示されたら、[YouTubeにサインイン]をクリックします。

    [YouTubeにサインイン]をクリックすると新しいウィドウが開きます。このウィンドウが表示されない場合は、ブラウザのポップアップ設定を確認してください。

  3. Googleアカウントを使用してYouTubeにサインインします。[承認]ボタンをクリックして、Blackboardサーバで動画がアップロードできるようにします。

    自身のGoogleアカウントでYouTubeへアクセスがまだ有効化されていない場合は、新しいブラウザタブを開いてYouTubeにログインするためのプロンプトが表示されます。YouTubeにログインしたら、動画をアップロードして保存するためのYouTubeチャンネルを作成します。[Webcamレコーダ]ウィンドウに戻って、[YouTubeにサインイン]をクリックします。アクセス許可ボタンをクリックします。

  4. [Webcamのレコード]をクリックします。
  5. 記録の開始ボタンをクリックします。
  6. [許可する]を選択して、カメラとマイクへのアクセスを許可します。
  7. 同意すると、レコーダからYouTubeに動画をアップロードできるようになります。
  8. 終了したら、記録の停止ボタンをクリックします。
  9. [続行]をクリックします。
  10. [挿入]をクリックしてコンテンツエディタに動画を追加します。次のいずれかを選択できます。
    • インプレース再生:現在の位置で動画を再生します。コンテンツに合うように動画のサイズを変更できます。コンテンツエディタ内の動画が表示される場所にプレースホルダが表示されます。
  11. 動画がコンテンツ項目内に表示されます。動画のエンコードには数分かかるため、すぐに再生されない場合があります。「This video is unavailable」というメッセージが表示されることもあります。数分待ってから、もう一度試してください。

動画をアクセス可能にする方法

YouTubeに動画をアップロードしたら、クローズドキャプションと説明用キャプションを追加することができます。キャプションとトランスクリプトは、聴覚に障害のある人が動画の音声を理解するうえで役立てることができます。また、キャプションは異なる言語を話す人や学習障害のある人が動画の内容を理解するうえで役立てることができます。

YouTubeのトランスクリプションツールで動画の音声からキャプションを自動的に保存する場合、動画をアップロードしてから1~24時間かかります。キャプションが使用できる場合、YouTubeツールバーにキャプションリンクが表示されます。トランスクリプションが完成したら、内容が正確になるようにキャプションを編集する必要があります。

  1. YouTubeツールバーでキャプションリンクをクリックします。
  2. 英語版では、右側のパネルの[automatic captions]をクリックします。
  3. インラインテキストエディタが開きます。各フレームのテキストボックスで直接編集できます。テキストファイルをダウンロードして、ご使用のコンピュータでテキストエディタを使用して編集し、YouTubeに再度アップロードすることもできます。
  4. [完了]をクリックします。

    YouTubeに投稿した動画へのトランスクリプト、翻訳、およびキャプションの追加に関する最新の詳細な説明は、YouTubeのヘルプリンクをクリックしてキャプションを検索すると得られます。

プライバシー

デフォルトでは、すべての動画は[記載なし]のプライバシー設定を使用して記録されます。記載なしの動画は、YouTubeの検索では表示されません。リンクを知っているユーザのみがアクセスできます。この機能では、完全なプライバシーは保証されません。[記載なし]の設定を使用すると、作成者は、動画を視聴可能なユーザを明示的に指定することなく、その動画を簡単に公開して共有できます。その動画が公開されている場所にアクセスできるユーザであれば、その動画を視聴できます。ユーザは、動画上のYouTubeロゴをクリックして、「記載なし」の動画をYouTube.comサイト上で視聴することもできます。

プライバシー設定を[非公開]に変更できます。動画ライブラリから、動画を編集して、YouTubeのクリップ編集設定でその動画をプライベートに変更します。動画をプライベートに変更すると、作成者が明示的に指定したユーザのうち、Googleアカウントを持つユーザのみがその動画を視聴できます。プライベートの動画は、ライブラリ内で鍵マーク付きで表示されます。プライベートの動画は、作成者と指定されたユーザ以外は視聴できません。