メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

ベストプラクティス:盗作

盗作は、今日のデジタル時代において蔓延が拡大している重大な不正行為です。学生は、インターネット上でほぼあらゆる情報を検索して、簡単にコピーアンドペーストできます。ほとんどの人が、ウェブ上の情報の再利用を深刻な不正行為として認識していません。

インストラクタは盗作の防止と監視を支援できます。また、学生による盗作防止のための準備を行い、学生による盗作の可能性がないかを効果的に調査できるSafeAssignなどのツールを使用できます。

  盗作の防止

学生に盗作について説明します。盗作を回避する方法とコースで盗作と見なされる行為を学生に指導します。多くの学生は、ソースの出典を示す必要があることを理解していますが、他者のアイデアについて論じる際にその人物の言葉をそのまま使用することなく論じる方法を知りません。 各種の事例とリソースを提示することで、学生が効果的にペーパーを記述すること、および盗作の意味と盗作がもたらす結果を完全に理解できるよう支援します。

ソースの引用方法を学生に示します。 インストラクタが期待するソースの種類を共有し、指針を提供します。 インストラクタが希望するスタイルを示します。

課題のチェックポイントを設けます。成績のために概要、ガイダンス、およびドラフトを提出するように学生に要請します。プロセスの早期段階で提出されたドラフトは、オリジナルである可能性が高いです。適切で妥当なソースを見つけるには時間がかかるからです。また、学生がインストラクタからのフィードバックをどのように修正に取り入れたかを確認するためにドラフトを使用できます。

すべてのクラスで同じ課題を使用することを避けます。各クラスでクラス独自の課題を提供することで、学生が以前のクラスの課題を使用できる可能性が制限されます。

学生に参考文献のコピーを提出することを義務付けます。インストラクタがソースを直接参照できることがわかっている場合は、学生が盗作を行う可能性が低くなります。

  盗作の可能性を確認するための提出物のレビュー

虫めがね盗作を確実に特定する方法はありません。SafeAssignでは、送信された課題と一連のソースとを比較し、送信された課題と既存の研究作品の重複する領域を識別します。これらの重複する領域に対する正当な理由が存在するかどうかはわかりません。SafeAssignは正当な理由の有無を特定しません。

SafeAssignは、盗作の可能性を特定して、情報をレビューして学生が盗作を行ったかどうかを判別するためのツールを提供するだけです。

 


出典

"Cheating in School:How the Digital Age Affects Cheating and Plagiarism."INFOGRAPHIC:Cheating in School:How the Digital Age Affects Cheating and Plagiarism.N.p., n.d. Web. 2014年4月17日。

"Actions Instructors Can Take to Help Prevent Plagiarism." Columbia College.N.p., n.d. Web. 2014年4月17日。

"Guidelines for Plagiarism Prevention" [PDF].Turnitin.comおよびResearch Resources。N.p., n.d. Web. 2014年4月17日。

https://www.aub.edu.lb/it/acps/Documents/PDF/guidelines_plagiarism_prevention.pdf