メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

SafeAssignの登録、設定、有効化

SafeAssignの設定および登録方法

  1. [管理パネル]の[Building Blocks]セクションで、[Building Blocks]をクリックします。
  2. [インストールされているツール]をクリックします。
  3. SafeAssignを探します。
  4. SafeAssignの[設定]をクリックします。
  5. 以下の情報を入力します。
    • 教育機関名

      ローカルサーバーのURL
      ローカルサーバーのURLは、登録システムを検証して、なりすましや、中央サービスデータベースへのハッキングを防止することを目的としています。

    • SafeAssign管理者の連絡先の氏名(名)
    • SafeAssign管理者の連絡先の氏名(姓)
    • SafeAssign管理者の連絡先のEメールアドレス
    • SafeAssign管理者の連絡先の役職
  6. [タイムゾーン]を選択します。これにより、SafeAssignで表示される時間とBlackboard Learnサーバーで表示される時間が一致します。
  7. 提出されたペーパーが一覧表示された表で教員が学籍番号を閲覧できるようにするには、[学籍番号を表示]を選択します。選択しない場合、インストラクタは学生の名前のみ閲覧できます。
  8. [教育機関の公開方針]のテキストを入力します。このテキストは、システム上のSafeAssignにより、すべての課題に表示され、提出物に盗作がないかどうかがチェックされることが学生に警告されます。警告を通知しない場合は、このテキストボックスを空白のままにします。
  9. [グローバル参照データベースアクティビティ]を選択して、SafeAssignを使用した課題をグローバル参照データベースに送信し、他の教育機関から送信されたペーパーを分析できるようにします。選択しない場合、このアクセスは制限されます。
  10. [同意する]を選択して、SafeAssignライセンス契約に同意します。
  11. [送信]をクリックします。
  12. SafeAssignの[設定]をクリックして、[設定]ページを再度開きます。正常に接続すると、[接続ステータス:確立]というメッセージがページ上部に表示されます。

SafeAssignへの接続が正常に行われると、受信側に参加コードが提供されます。この参加コードは、あなたの教育機関および関連する提出データを識別するために使用されます。また、トラブルシューティング時やサーバーの移行時にも役立ちます。

Blackboard LearnでSafeAssignを有効にする方法

  1. [管理パネル]の[Building Blocks]セクションで、[Building Blocks]をクリックします。
  2. [インストールされているツール]をクリックします。
  3. SafeAssignを探します。
  4. [利用可否の設定]列および[コース/コミュニティ]デフォルト列で、[利用可能]を選択します。

コースでSafeAssignを有効にする方法

  1. [管理パネル]の[コース]セクションで、[コース設定]をクリックします。
  2. コースツール]をクリックします。
  3. リストからSafeAssignを見つけて、[オン]を選択します。ゲストまたはオブザーバーはSafeAssignを使用できないことに注意してください。
  4. [送信]をクリックします。

SafeAssignは、Yahoo!BOSS検索サービスを、基本のインターネットインデックスプロバイダとして使用します。

Yahoo Bossで作成