メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

インストラクタ

Qwickly+クラウドの基礎知識 (教師向け)

Qwicklyは、Blackboard Learn™のための、ユーザを主体とした生産性プラットフォームです。Qwicklyを使用すると、ユーザはモジュールまたはコースツールを介して、DropBox、Googleドライブ、OneDrive、Boxの文書をLearn™にアップロードできます。Qwicklyを使用すると、教職員は複数のコースに対して同時に、コースの利用可能の設定、Eメールの送信、連絡事項の投稿、コンテンツの投稿を行えるようになります。Qwicklyは学生を結び付け、グループ対話を促進します。

Qwicklyは小/中/高等学校ライセンスのLearnに含まれています。

次の動画もご覧いただけます — Qwicklyモジュールとコースツールの基礎教師の体験モジュール教員の体験コース

Qwickly+クラウドの使用

Qwickly+クラウドはLearnホームページのモジュールであり、また教師用には次のものが含まれます。

  • コースの利用可否の設定
  • 連絡事項の投稿
  • コンテンツの投稿
  • Eメールを送信する
  • 教師用の課題の作成
  • URLリンクの投稿

Qwicklyを使用してコース共通のタスクを実行したり、クラウドコンテンツをアップロードしたりできます。また、クラウドの課題を作成できます (学生側は同課題をGoogleドキュメントなどのクラウドサービスを使用してコンテンツエリアに送信できます)。学生はLearnホームページのモジュールやツールを使用して、さまざまな課題 (ネイティブLearnやクラウドの課題) を送信できます。

モジュールの使用

教師はモジュール内で提供されているツールすべてを使用できます (Qwicklyがツールとして配置された場合、Qwicklyへのリンクが表示され、その後モジュールが開きます)。

コースの利用可否の設定では、コースの利用可能性をオンとオフに切り替えます。コースのリストは、システム管理者が管理します。

連絡事項の送信では、教師は1つまたは複数のコースおよび組織・グループに連絡事項を送信できます。

Eメールの送信では、教師は1つまたは複数のコースおよび組織・グループにEメールを送信できます。

コンテンツの送信では、教師は1つまたは複数のコースおよび組織・グループに文書 (またはクラウドストレージオプションへのリンク - システム管理者のオプションや設定による) を送信できます。

リンクの送信では、教師は1つまたは複数のコースおよび組織・グループにURLを送信できます。

課題の作成では、教師は1つまたは複数のコースおよび組織・グループにクラウドの課題を作成できます。

採点が必要な項目は、採点が必要な項目の式を表示します (注 : 教師が許可する送信数によって、この数字はコースの要採点エリアに反映される場合とされない場合があります)。

モジュールからのクラウド項目の追加

教師は、[コンテンツの投稿]リンクをクリックするだけで、新しいウィンドウが表示されます。新しいウィンドウが表示されたら、名前と説明を入力し、クラウドプロバイダ (または自分のコンピュータ) を選択します。クラウドプロバイダは、ユーザ名とパスワードの入力を促します。これはブラウザにのみ保管され、Blackboardには保存されません。次にファイルを選択できます。システム管理者が設定を行った場合は、3つのオプションがあります。

コースからのクラウド項目の追加

クラウドコンテンツをコースレベルに追加する方法は、2つあります。1つは[コンテンツ] > [クラウドコンテンツのQwicklyアップロード]を使用する方法で、もう1つは任意のビジュアルテキストエディタでマッシュアップツールを使用する方法です。

コースツール

課題の作成と学生の提出

教師は、[課題] > [クラウドの課題の作成]の下で利用可能なモジュールまたはコースツールを使用して、コースにクラウドの課題を作成できます。

クラウドの課題とネイティブLearnの課題の違い

クラウドの課題では :

  • 学生は、モジュールまたはコース内のリンクを使用して、クラウドファイルを課題の提出エリアに送信できます。

ネイティブの課題では :

  • 学生はモジュール経由でのみクラウドファイルを送信できます。学生がコース内からネイティブLearnリンクをクリックした場合は、学生はマッシュアップツールを使用してクラウドファイルへのリンクを送信することしかできません。