メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

管理者向けのMacmillan Higher Educationの基礎知識

Macmillan Higher Educationは、米国およびカナダで、17を超える科目について、印刷物およびデジタル両方のコース教材を発行しています。高品質のコンテンツ、革新的な教授法、受賞歴のある設計を特徴としています。Macmillan Higher Educationによる学術出版ブランドには、Bedford/St. Martin’s、W.H. Freeman、Worth Publishers、Hayden-McNeilなどがあります。

Macmillan Higher Educationに関するデータシートを表示および保存できます。

これらの文書は英語版のみが提供されています。

Blackboard LearnとMacmillan Higher Education

BlackboardとMacmillan Higher Educationは、緊密なパートナーシップを結び、Blackboard Learnプラットフォーム内で、Macmillanのポータルおよびクラスのコンテンツに直接シームレスにアクセスすることを可能にしています。Macmillan Higher Education統合によって、インストラクタは、各自の教育目標を反映するように担当コースをカスタマイズして、学生の出席率を向上させることができます。インストラクタは、必要な高品質のコンテンツを簡単に選択し、各コースのニーズに応じてカスタマイズし、Blackboard Learnコース内の章と資産レベルに割り当てることができます。

機能および利点

  • シームレスなアクセス:シングルサインオンによって、インストラクタと学生は1回のログインですべてのコースリソースを利用できます。
  • 1つの成績表が自動的に更新:Macmillanのすべての課題とアセスメントの成績はBlackboard Learn成績管理に自動的に投稿されるため、インストラクタと学生は1か所でクラスのパフォーマンスを監視できます。
  • 深いリンク:章および資産レベルのリンク機能によって、インストラクタはコースのニーズに一致するMacmillanのコンテンツとリンク付けを行い、学生が適切なタイミングで適切な学習リソースにアクセスできるようにすることが可能です。
  • 使い慣れたワークフロー:コースのコンテンツエリアでMacmillanのコンテンツにアクセスできるため、インストラクタはコンテンツを簡単に見つけて、使い慣れたBlackboard Learnワークフローに導入することができます。
  • 学生データのプライバシー:学生情報は安全に保護されます。
  • 革新的なクラウドベースの配信:Macmillanとの深い統合は、Blackboard パートナークラウドBuilding Blocksを通じて提供される最初のパートナー統合です。このBuilding BlocksはBlackboard パートナークラウドに接続することで、コンテンツBuilding Blocksのインベントリが単一の登録/アクティベーションプロセスとして簡素化され、Macmillanの新機能や製品更新の配信が迅速化されます。

詳細については、www.blackboard.com/macmillanを参照してください。

この統合ではMacmillanのどのデジタル製品を利用できますか?

  • Macmillanポータル : W.H. FreemanおよびWorthポータルは、最高度の革新性、利便性、低コストを提供します。各ポータルは、科学と社会科学の分野を対象とした、完全にカスタマイズ可能なeTextbook、豊富なメディアリソース、広範なアセスメント機能とコース管理機能を備えています。
  • Macmillanクラス : 人文科学を中心に置いたBedford/St. Martinのクラスは、各学科のニーズに対応して、革新的なデジタルコンテンツがあらかじめ提供されています。完全にカスタマイズ可能なeTextbook、文書、画像、音声、完全なアセスメントスイートが揃っており、教授は学生の進捗状況を監視できます。

統合はどのように提供されますか?

BlackboardとMacmillanによって構築されたMacmillanとの緊密な統合は、パートナークラウドBuilding Blocksを通じて提供される最初のパートナー統合です。このBuilding BlocksはBlackboard パートナークラウドに接続されます。パートナークラウドにより、各種のコンテンツBuilding Blocksが1つの登録およびアクティベーションプロセスに統合されます。パートナークラウドによって、新旧のBuilding Blocksバージョンの管理が簡易化されるとともに、Macmillanの新機能と製品更新の配信が迅速化されます。

始め方

Behind the Blackboardにアクセスして、Blackboard Learnサービスパック10から12用のパートナークラウドBuilding Blocksをダウンロードします。このBuilding Blocksは、Blackboard Learn 9.1サービスパック13にバンドルされています。インストール後に、Macmillan統合を教職員に対して利用可能にする必要があります。

パートナークラウドBuilding BlocksをインストールしてMacmillan統合を設定する方法については、『管理者ガイド』 (PDF形式) を表示またはダウンロードしてください。

これらの文書は英語版のみが提供されています。

Macmillan統合を使用するには、Blackboardクラウドを有効にする必要がありますか?

はい。Macmillan統合が配信されるBlackboard パートナークラウドを含む、Blackboardクラウドサービスのすべての機能を利用するには、Blackboardクラウドを有効にする必要があります。特に、クラウドが指定されたURLと通信できるように、クラウドコネクタを有効にする必要があります。Blackboardクラウドを有効にしても、クラウドプロフィールとソーシャルラーニングツールは自動的に有効になりません。クラウドプロフィールとソーシャルラーニングは、Macmillan統合を使用するために必要ではありません。

クラウドサービスとの双方向通信が必要です。Blackboardをテストサーバとしてまたはセキュリティ上の理由からファイアウォールの内側で実行している場合は、これらの機能を使用するにはファイアウォールを開放する必要があります。

Blackboard-Macmillan統合は、FERPAに準拠していますか?Blackboard LearnとMacmillanの間では、パートナークラウドを通じてどのような情報がやり取りされますか?

BlackboardとMacmillanは、MacmillanクラスおよびポータルとBlackboard Learnを共同して統合するにあたって、学生情報に関連するFERPA法とプライバシーの問題を非常に意識しました。その結果、共有および保存できるデータは、教育機関に関する情報と暗号化された識別子に限定されています。学生の機密情報は、BlackboardとMacmillanに共有されたり、クラウドに保存されることはありません。

Blackboard LearnとMacmillan Higher Educationの統合は、学習ツールのオープンな相互運用性を実現するためのBasic LTI (Learning Tool Interoperability) 標準に準拠しています。パートナークラウドBuilding Blocksは、このBuilding Blocksのインストール時にシステム管理者によって入力される教育機関名共有秘密鍵利用者キーをMacmillanに渡します。デフォルトでは、Blackboard Learnが学生の機密情報 (Blackboard IDなど) をMacmillanと共有することは決してありませんMacmillanコースへのシングルサインオンを確立するために、Blackboard Learnは業界標準の暗号化方式を使用して、一意の識別子のみをMacmillanに送信します。この暗号化された識別子は、Macmillanにとっては完全に不明な情報となります。この識別子はBlackboard Learnによって暗号化されるため、この識別子からBlackboardユーザを直接特定することはできません。

地域のキャンパスのBlackboard管理者は、Blackboard LearnとMacmillanの間で共有する追加情報の量を自由に制御できます。たとえばBlackboard管理者は、コースやユーザの名前を共有するかどうかを選択できます。共有することを選択した場合は、これらの基本情報はユーザに表示されて、ユーザエクスペリエンス全体が向上します。ただし、地域のBlackboard管理者が明示的に許可しない限り、これらの情報のいずれも共有されません。

Blackboard LearnとMacmillan間で送信されるすべてのデータは、署名され、SSLを介して安全に送信されます。このようなセキュリティによって、情報が常に100%安全に保護されることになります。Blackboard Learnに導入されたMacmillanの課題が完了すると、Macmillanは得点を暗号化し、暗号化された識別子を使用して、SSLを介してBlackboard Learnに送信します。Blackboard LearnはMacmillanから得点を受け取り、Blackboard Learnの成績管理に記録します。

Macmillanシステムにはどのようなデータが保存され、学生データはどのようなセキュリティで保護されますか?

Macmillanデジタル製品で要求されて保存される学生情報は、学生識別子 (通常はEメールアドレス)、一意の学生パスワード、およびコース識別子に限定されています。学生の機密情報 (社会保障番号など) がMHEデジタル製品に保存されることはありません。学生データはデジタル製品アプリケーション内に保持され、サードパーティによって利用されることはありません。Macmillanデジタル製品では、学生が他の学生の情報や成績を共有または表示することは許可されていません。セキュリティの詳細については、必要に応じてMacmillanに問い合わせることができます。

BlackboardではこのBuilding Blocksのパフォーマンスをテストしていますか?

Blackboardは、パートナークラウドBuilding Blocksのパフォーマンステストを実施済みです。

パートナークラウドBuilding Blocksを無効にすると、それまで統合を使用していたインストラクタと学生には、どのような影響がありますか?

パートナークラウドBuilding Blocksを無効化またはアンインストールすると、Blackboard Learnコース内のMacmillanコンテンツのリンクが利用できなくなります。インストラクタは、これらのリンクを削除するか、学生に対して非表示にする必要があります。[コースツール]領域内のMacmillanリンクは、自動的に消去されます。

インストラクタと学生は、Blackboard Learnを通じて最初にMacmillanコンテンツにアクセスしたときに使用したMacmillanアカウントを使用して、Macmillan Webサイトを通じて直接Macmillanクラス/ポータルにアクセスできます。学生の参加データやパフォーマンスデータが失われることはありません。

この統合によって、キャンパスのインフラに負担がかかることはありますか?

Blackboard LearnとMacmillanの間のやり取りの量は、コース内の学生数と成績が評価される課題の数に基づきます。ただし、これまでのパートナー統合の経験から見て、システムにかかる負担は軽微なものです。自動バックグラウンドプロセスはスケジュールに従って段階的に実行されるため、システムのパフォーマンスにはほとんど影響を与えません。

インストラクタはどのように統合を開始できますか?

パートナークラウドBuilding Blocksをインストールして、Macmillan統合を設定したら、インストラクタは、担当しているBlackboard Learnコースの任意のコンテンツエリアにある[パートナーコンテンツ]タブから、Macmillanコンテンツを担当コースに追加できます。Macmillanコンテンツを最初に追加するときには、担当しているMacmillanコースとBlackboard Learnコースを関連付けるために、Macmillanアカウントへの登録が要求されます。この関連付けを行った後は、コース内のインストラクタと学生のシングルサインオン、Macmillanコンテンツへの直接アクセス、およびBlackboard成績管理との成績同期が可能になります。

どのインストラクタがMacmillan統合を見ることができるかを、どのように制御できますか?

パートナークラウドBuilding Blocksの複数教育機関設定機能を使用して、システム管理者は、ドメイン、教育機関の階層、またはデータソースキーに基づいてグループ化された特定のコースを、パートナーが利用できるように設定できます。このグループ化はBlackboard Learnの中心的な製品で行われます。このグループ化の完了後に、管理者は、パートナークラウドBuilding Blocksの設定で使用するグループ化のタイプ (ドメイン、教育機関の階層、またはデータソースキー) を選択できます。これにより、Macmillanの設定時に、管理者はMacmillan統合が表示されるグループを指定できるようになります。Blackboard Learnインスタンス内にあるその他すべてのコース/グループでは、パートナーに対するリンクが非表示になります。

 

たとえば、ある教育機関が一連の15コースだけでMacmillan統合を利用できるようにすることを希望しているとします。この場合、システム管理者は次の手順を実行する必要があります。

  • これらの15コースがグループ化されていない場合は、ドメイン、教育機関の階層、またはデータソースキーに基づいてグループ化します。この例では、ドメイン (ドメイン名 : Macmillanコース、ドメインID:mac_courses) に基づいてグループ化することを前提にします。
  • パートナークラウドBuilding Blocksの設定ページで、[複数教育機関設定]について[はい]を選択し、[識別子]について[ドメイン]を選択します。
  • Macmillan統合の設定ページで、Macmillan統合をドメイン"mac_courses"でのみ利用できるようにします。
  • これで、Blackboard Learn環境内のMacmillan統合エントリポイントが、"mac_courses"ドメインにリストされているコースでのみ表示されるようになります。

統合をテストするためのサンプルインストラクタアカウントは、どのようにして入手できますか?

パートナークラウドBuilding Blocksをインストールして、Macmillan統合を設定したら、システム管理者はBlackboard環境で統合をテストするためのサンプルインストラクタアカウントを請求できます。テスト用のインストラクタアカウントは、elearning@bfwpub.comまでEメールで請求してください。

Macmillan統合の更新はどのようにリリースされますか?

パートナークラウドBuilding Blocksをインストールすると、パートナークラウドサービスを通じて、Macmillan統合の更新がシームレスに行われます。

詳細については、リリースノート (PDF形式) を表示またはダウンロードしてください。

これらの文書は英語版のみが提供されています。

パートナークラウドBuilding Blocksの更新はどのような形でリリースされますか?

パートナークラウドBuilding Blocksをインストールした後は、Blackboardの[管理パネル]の[ソフトウェア更新]を通じて、このBuilding Blocksの更新が通知されます。

この統合は、従来MacmillanとBlackboard Learnとの間で利用可能だった基本的な統合とどのような違いがありますか?

Blackboard LearnとMacmillanの技術を統合して、シングルサインオンアクセスとスケジュールに従った成績同期を実現するスタンドアロンのBuilding Blocksが存在しますが、この統合ははるかに緊密なものです。この統合は、成績表の自動更新と、章レベルや資産レベルでのMacmillanコンテンツとの緊密な結び付きを実現します。その結果として、インストラクタによる高度な制御が可能になり、インストラクタと学生の両方の時間が節約されます。この統合はBlackboardの新しいパートナークラウドサービスを通じて提供されます。このパートナークラウドサービスは、Blackboardによって構築およびテストされており、パートナー統合の管理の効率化とシームレスな技術更新を実現します。