メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

ブレンデッドスクールについて

ブレンデッドスクールネットワーク (BSN) は高く評価されているコンテンツを提供します。コンテンツはBlackboardの学習管理システムにスムーズに統合され、教師は教材を強化するために使用できます。あるいは学生の学習と成長に適したコース全体を採用することもできます。

ブレンデッドスクールネットワークの統合について

Blackboardパートナークラウドをブレンデッドスクールネットワークと統合することにより、Blackboard (Bb) Learnの教師は、ブレンデッドスクールネットワークのコースコンテンツとレッスンへのリンクを配置し、それらにアクセスできるようになります。教師がBNSコンテンツのリンクをBbコースに配置すると、学生はBb Learnコースからコースレベルまたは授業レベル (教師が選択した配置方法により異なる) のリンクへアクセスできるようになります。

機能および利点

  • Bbの教師は、SoftChalkクラウドで構築および管理されるBNSコンテンツをBlackboard (Bb) Learnのコースに追加することができます。
  • 自動プロビジョニング : Learnインスタンスへ統合設定を行うための認証資格情報が学区に与えられると、教師や学生に追加のアカウントは必要ありません。
  • 教師は、科目および成績レベルでコンテンツを検索できます。また学生の科目領域や成績レベル固有の検索結果をフィルタリングするためにプロフィールを保存できます。
  • 教師はBNSコンテンツのリンクを適切に配置し、BSNコンテンツと評価を学生に配布する方法を制御します。
  • 自動成績更新により、選択した授業のすべてのBNS成績がBlackboard Learn成績管理と同期されるので、教員の時間を節約できます。
  • 学生データについては、Family Educational Rights and Privacy Act(FERPA)などの個人情報保護法に準拠して、学生の機密情報が安全に保護されます。
  • 教員ツールを利用すると教職員はBbコース内の1か所で、コースのユーザ一覧の表示、自動成績更新の実施、診断ツールの実行、BSNサポートページの起動、BSNに関する詳細の確認を実行できます。

アクティベーションと設定

教育機関のBlackboard LearnインスタンスがBlackboardクラウドに接続され、パートナークラウドBuilding Blockが利用可能であることを確認したら、[パートナークラウド設定]ページからBSNパートナークラウド統合を簡単に設定できます。

Blackboard Learnがパートナーと共有する非公開情報については、管理者およびユーザがコントロールできます。デフォルトでは、Building BlockはクラウドプロフィールユーザIDとコースの関連付けのみを使用します。ユーザの名、姓、Eメールアドレスを、ユーザがBlackboard内のリンクからパートナーシステムにアクセスするたびに各パートナーと常に自動的に共有するか、まったく共有しないかを選択できます。[ユーザの選択]オプションを選択した場合、個々のユーザは、Blackboard Learn内のリンクからパートナーを初めて起動すると、個人情報を共有するよう促されます。この制御により、Family Educational Rights and Privacy Act (FERPA) に従って学生の情報が保護されます。