メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

音声プレゼンテーションツールの追加

音声プレゼンテーションツールを使用すると、音声による解説をWebコンテンツに追加できます。音声によるスライドショー、Webツアー、またはすべての学科のどのカリキュラムのレビューも作成できます。これには、Webページ、画像、およびインターネットベースのメディアなども含まれます。

  1. 基本情報の提供 :
    • 音声プレゼンテーション にわかりやすいタイトルを付けます。
    • []はタイトルの色です。
    • [説明]フィールドを使用して、音声プレゼンテーションツールの目的について詳細を提供します。
  2. 設定の定義 :
    • 音質 : 音声プレゼンテーションを使用する環境を基準に、記録用の音声の品質を調整します。高音質の設定には帯域幅が必要になることにご注意ください。デフォルト設定の基準品質 - 12.8キロビット/秒は、ほとんどの状況に適しています。

    • 最大メッセージ長 : 音声プレゼンテーションで記録の長さを制限する場合は、利用可能な最大長を指定します。オプションの範囲は15秒から20分です。
    • スライドへのコメントを学生に許可する : 音声プレゼンテーション内の各スライドに学生が音声やテキストによるコメントを追加することができるようにする場合、このオプションを選択します。
    • スライドのコメントを非公開にする : 音声プレゼンテーション内でお互いのコメントを学生が表示できないようにする場合はこのオプションを選択します。このオプションを選択しても、インストラクタはすべてのコメントを表示できます。
  3. オプションを設定します。詳細については、「音声オプション」を参照してください。
  4. [送信]をクリックします。

音声プレゼンテーションツールがコンテンツエリアに表示されます。

ユーザがツール内のリンクをクリックすると、音声プレゼンテーションがブラウザの新しいタブか新しいウィンドウに開きます。Webページコンテンツはフレームのプレゼンテーションアプレットの右側に表示されます。

ただし、すべてのWebページについてではなく、YouTube動画などはHTMLフレームで起動することができます。Webページのコンテンツがアプレットの右側に表示されない場合は、利用可能なコンテンツではないか、ブラウザがコンテンツを無効にした可能性が考えられます。後者の場合、コンテンツはブラウザで有効にできます。

学生は新しいコンテンツをプレゼンテーションに追加できます。また、デフォルトでは既存のコンテンツにコメントを追加できます。

インストラクタは、音声プレゼンテーションを管理するためにツールの完全なスイートを使用できます。コンテンツの追加、編集、削除のほか、コンテンツにコメントすることもできます。