メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

分析の基礎知識 (管理者向け)

教育機関は、学生が目標を達成し、学習のために行った投資から最大限の価値を引き出せるようにサポートする必要があります。調査によると、適切なレポートや分析を利用することで、前後関係のデータに基づいた意思決定ができるようになり、教育機関の指導者から学生まで、すべての関係者によい結果がもたらされることが示されています。

Analytics for Learn製品には、Blackboard Learnからデータを抽出する、抽出したデータ変換する、変換したデータを分析フレームワークに入力して教育機関のSISシステムからのデータを組み合わせる、といった複数のコンポーネントが統合されています。分析機能のためのテクノロジーフレームワークは、Learnシステムとは別のものです。

Analytics for Learnデータ統合のBuilding Blocksを使用すると、Analytics for LearnシステムとBlackboard Learnシステムの間でデータを安全に転送できます。これにより、Blackboard Learnコース内で直接、統合された分析レポートを表示可能になります。また、Learn for Analyticsのレポート生成フレームワークにBlackboard Learnのデータを組み込むことも可能になります。

Building Blockの特長

Analytics for Learnデータ統合のBuilding Blocksは、Blackboard Learnのリリース 9.1サービスパック4以降でサポートされています。

  • このBuilding Blockは、セルフホストクライアントおよび管理ホスティングクライアントで動作します。このBuilding Blockの以前のバージョンでは、セルフホストクライアントのみ利用可能でした。
  • Webサービスインターフェイスは、Analytics for LearnシステムとLearnシステムの間の安全なデータ転送を実現します。

  • インストラクタは担当コースで、既存の3種類のレポートに加えて、新しい統合されたコース送信サマリレポートを利用できます。このレポートには、各学生のすべての提出情報が表示されます。これには、課題、テスト、アンケート、採点済みディスカッション、ブログ、日誌、Wikiが含まれます。このレポートの学生のアクティビティサマリに関するセクションでは、各学生の送信数とそのコースの全学生の平均送信数が比較されています。送信数が平均値未満の学生は、そのコースに十分取り組んでいない可能性があるため、サポートが必要な場合があります。
    • コースの[コントロールパネル]のコース送信サマリレポートにアクセスします。[評価]セクションを展開し、[コース分析]をクリックします。
    • レポートの学生のアクティビティサマリについてのセクションには、学生の登録ステータス、その学生の学期全体にわたる送信トレンドのグラフ、学生の送信数とコースの平均送信数、学生の最後の送信からの経過日数、および最後の送信のタイプが表示されます。
    • 学生リストをレポート生成システムからエクスポートして、Microsoft® Excel®などのアプリケーションにインポートすることでさらに詳しく分析することができます。

Building Blockのインストールおよびアクティブ化の方法

このPhase 2よりも後のAnalytics for Learnデータ統合のリリースは、このBuilding Blocksをすでにインストールしているすべてのユーザに、ソフトウェア更新を通じてバージョン管理されて配布されます。Analytics for Learnデータ統合のBuilding Blockの更新版は、[システム管理者]パネルの[ソフトウェア更新]を使用して直接インストールできます。

新しいAnalytics for Learnおよび専用クライアントは現在導入段階にあり、Analytics for Learnの実装プロセスの一環として初期Building Blockの完成を目指しています。

ソフトウェア更新

新しいBuilding Blockが利用可能になるか更新されると、[管理パネル]の[ソフトウェア更新]セクションで通知されます。その場合は、アイコンの表示が変化します。[利用可能の主要なBuilding Blocks]アイコンをクリックし、Analytics for Learnデータ統合のBuilding Blocksを特定します。[インストール]をクリックします。インストール後に、Building Blocksを使用可能にする必要があります。

Building Blockを利用可能にする方法

インストールが完了したら、既存のコースでコース分析へのリンクを利用可能にする必要があります。

  1. [管理パネル]の[ツール/ユーティリティ]セクションで、[ツール]をクリックします。
  2. リストで[Analytics for Learnデータ統合]を特定して、[常にオン]を選択すると、このツールがすべてのコースでオンになります。[デフォルトでオン]を選択すると、インストラクタは[コントロールパネル] > [カスタマイズ] > [ツールの利用可否の設定]から、このツールを担当コースでオンまたはオフにすることができます。