メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

Webフォルダと共有場所

WebDAVを使用すると、インターネット上でファイルを共有できます。WebDAVはほとんどのオペレーティングシステムと互換性があります。WebDAVをBlackboard Learnとともに使用すると、まるでネットワークドライブやコンピュータ上のフォルダであるかのように、Content Collectionにコンテンツを追加したり、Content Collection内のコンテンツにアクセスできます。

WebDAV(またはWebフォルダ)が設定されている場合、必要に応じて複数のドライブおよびフォルダからコンテンツをドラッグし、整理することにより、コースのすべてのファイルをコンピュータから管理できます。

Macを使用する場合は、Webフォルダではなく、共有場所を設定します。

フォルダ構造を目で確認してナビゲーションができるため、Webフォルダや共有場所内にあるファイルおよびフォルダに対してその他の操作も実行できます。さらに、Webフォルダや共有場所内にあるファイルを直接編集することもできます。ファイルをダウンロードして編集し、再びアップロードする必要はありません。

多くのユーザーはWebDAVの使用に慣れており、ファイル管理にこの方法を引き続き使用することを希望します。

この機能を使用できない場合には、教育機関がこの機能を無効化している可能性があります。

Webフォルダ/共有場所の操作

WebDAVをContent Collectionで使用して、ファイルとフォルダに対して以下の操作を実行できます。

  • ファイルおよびフォルダのアップロード
  • Content Collection内のフォルダのコンテンツの参照
  • Microsoft® Wordファイルなどのファイルのオープン、表示、編集
  • フォルダの作成
  • ファイルおよびフォルダの移動、コピー、名前の変更、削除

ファイル名について

ファイル名に使用可能な文字は次のとおりです。

  • a~z
  • 0-9
  • ピリオド"."
  • アンダースコア"_"

すべての標準ISO 8859文字(外国の文字または記号以外)もサポートされています。

アップロードされたファイル名のすべてのスペースは、アンダースコア"_"に変換されます。ファイル名では特殊文字はサポートされていません。

Microsoft Windows©用のWebフォルダを設定する方法

Webフォルダに接続するには、Content CollectionフォルダのWebアドレス、有効なユーザー名、およびパスワードを使用します。

  1. Content Collectionで、最上位フォルダの操作バーの[Webフォルダの設定]をクリックします。この場所から開始することにより、WebDAVはContent Collectionに含まれるすべてのフォルダに確実にアクセスできます。Content Collection内の任意のフォルダを選択できます。ただし、Webフォルダのパスは240文字未満でなければなりません。選択した各フォルダはアドレスが異なっています。
  2. Webフォルダの使用]ページで右クリックし、[現在のWebアドレス]に表示されるURLをコピーします。アドレスは、後の手順で貼り付けます。
  3. Windowsの[スタート]メニューで、[ドキュメント]>[マイドキュメント]を選択します。左のフレームで[マイネットワーク]を選択します。
  4. ネットワークタスク]メニューから[ネットワークプレースを追加する]を選択します。
  5. ネットワークプレースの追加ウィザードで、[別のネットワークの場所を選択]を選択してショートカットを作成します。
  6. 前の手順でコピーしたWebフォルダのURLを貼り付けて、[次へ]をクリックします。
  7. プロンプトが表示された場合は、Blackboard Learnユーザー名とパスワードを入力します。ネットワークプレースの名前を入力して、[次へ]をクリックします。[完了]をクリックしてウィザードを終了します。ユーザー名およびパスワードを指定するプロンプトが表示されます。
  8. Webフォルダが開き、Content Collectionフォルダ内のファイルおよびフォルダが表示されます。ファイルまたはフォルダの追加先フォルダを特定します。転送するファイルおよびフォルダが含まれるローカルコンピュータ上のフォルダを特定します。
  9. ローカルフォルダおよびWebフォルダを開き、ドラッグアンドドロップ機能を使用して、これらのフォルダ間で1つ以上のファイルおよびフォルダを移動します。ファイルをクリックして押したまま、移動先のフォルダにドラッグします。マウスボタンを放すと、フォルダにドロップされます。Webフォルダにドラッグされたファイルおよびフォルダは、Content Collectionにコピーされます。また、Webフォルダのファイルおよびフォルダをローカルコンピュータにコピーすることもできます。または、ドラッグアンドドロップ機能ではなくコピーアンドペーストを使用します。
  10. Content Collectionで、操作バーの[最新の情報に更新]をクリックして、アップロードしたファイルを表示します。

すべてのファイルおよびフォルダをコピーしたら、Webフォルダの接続を切断します。切断しない場合は、コンピュータをシャットダウンするまでサーバーの接続が維持されます。他のユーザーも使用するコンピュータの場合、他のユーザーがContent Collection内のすべてにアクセス可能になります。

このWebフォルダを後で使用する場合は、[マイネットワーク]にアクセスし、作成したWebフォルダのショートカットを選択します。

Mac OS©用の共有場所を設定する方法

Mac用の共有場所と呼ばれるWebフォルダに接続するには、Content CollectionフォルダのWebアドレス、有効なユーザー名、およびパスワードを使用します。

貼り付けたアドレスの横にあるプラス記号をクリックして、このアドレスを[お気に入りのサーバー]に追加します。このアドレスを選択することができ、毎回コピーする必要がありません。この共有場所に後で接続する場合は、手順3から開始します。

  1. Content Collectionで、最上位フォルダの操作バーの[共有場所の設定]をクリックします。この場所から開始することにより、WebDAVはContent Collectionに含まれるすべてのフォルダに確実にアクセスできます。Content Collection内の任意のフォルダを選択できます。ただし、共有場所のパスは240文字未満でなければなりません。選択した各フォルダはアドレスが異なっています。
  2. 共有場所の使用]ページで、[現在のWebアドレス]に表示されるURLをコピーします。アドレスは、後の手順で貼り付けます。
  3. Finderバーで[移動]>[サーバーに接続]を選択します。
  4. サーバーに接続]ウィンドウで、コピーしたURLを[サーバーアドレス]ボックスに貼り付けます。接続をクリックします。
  5. WebDAVファイルシステムの認証]ウィンドウが表示される場合は、Blackboard Learnログインユーザー名とパスワードを入力します。[OK]をクリックします。
  6. 共有場所に接続すると、Macネットワークアイコンがデスクトップに表示されます。アイコンをダブルクリックすると、共有場所が開きます。共有場所に、Content Collection内のファイルとフォルダが表示されます。ファイルまたはフォルダの追加先フォルダを特定します。
  7. 転送するファイルおよびフォルダが含まれるローカルコンピュータ上のフォルダを特定します。
  8. ローカルフォルダおよび共有場所を開き、ドラッグアンドドロップ機能を使用して、これらのフォルダ間でファイルおよびフォルダを1つ以上移動します。ファイルをクリックして押したまま、移動先のフォルダにドラッグします。マウスボタンを放すと、フォルダにドロップされます。共有場所にドラッグされたファイルおよびフォルダは、Content Collectionにコピーされます。また、共有場所のファイルおよびフォルダをローカルコンピュータにコピーすることもできます。または、ドラッグアンドドロップ機能ではなくコピーアンドペーストを使用します。
  9. Content Collectionで、操作バーの[最新の情報に更新]をクリックして、アップロードしたファイルを表示します。

共有場所を使用した後、一部のファイルが"._"または".DS Store"で始まる重複したファイル名で表示されることがあります。それらのファイルは、Content Collectionから安全に削除できます。

ファイルおよびフォルダのコピーがすべて完了したら、ウィンドウを閉じ、Macネットワークアイコンをごみ箱にドラッグして、共有場所の接続を切断します。切断しない場合は、コンピュータをシャットダウンするまでアイコンおよびサーバー接続が維持されます。他のユーザーも使用するコンピュータの場合、他のユーザーがContent Collection内のすべてにアクセス可能になります。