メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

項目またはフォルダへのアクセス権の追加

アクセス権は、項目またはフォルダの[アクセス権の管理]ページで追加および削除します。アクセス権は、次の方法で追加できます。

  • 特定のユーザーを追加する
  • 特定のユーザーの担当を追加する
  • 特定のユーザーリストを追加する(コース、コースグループ、組織・グループ、組織グループ、結果)

特定のユーザーの追加

  1. 項目が配置されているContent Collectionフォルダ(/usersなど)を開きます。
  2. 該当する項目のコンテキストメニューで[アクセス権]を選択します。[アクセス権の管理]ページが表示されます。
  3. 特定のユーザーの選択]をクリックします。[ユーザーの追加]ページが表示されます。
  4. ユーザー名]および[アクセス権]を選択します。

    注: ユーザーまたはユーザーリストにアクセス権が追加されていて、特定のアクセス権(読み取り、書き込み、管理、および削除)のチェックボックスがオンになっていない場合は、ユーザーまたはユーザーリストは[アクセス権の管理]ページに追加されています。これは、パブリックおよびすべてのシステムアカウント以外の、すべてのユーザーおよびユーザーリストについても同様です。このような場合、アクセス権が選択されていないと、ユーザーリストは[アクセス権の管理]ページに追加されません。

  5. 送信]をクリックします。

すべてのユーザーにアクセス権を付与する

すべてのユーザーにアクセス権を付与するには、次の2つの方法があります。

  • 操作バーで[全員に許可する]をクリックします。
  • 担当の選択]ドロップダウンリストから[すべての担当]を選択します。

フォルダへのアクセス権の付与と項目へのアクセス権の付与

フォルダに付与するアクセス権は、フォルダ内の項目およびサブフォルダに影響する場合としない場合があります。フォルダの[アクセス権]ページに表示される追加オプションの[上書き]を使用すると、ユーザーはアクセス権を編集した場合にフォルダのコンテンツへの影響を選択できます。

上書き]オプションが選択された場合は、フォルダ内のすべての項目およびサブフォルダへの現在のアクセス権が削除されます。[アクセス権]フィールドで選択されたアクセス権は、これらの項目およびサブフォルダに付与されます。フォルダのアクセス権を編集したら、ユーザーはフォルダ内の項目のアクセス権を変更できます。これらのアクセス権は、親フォルダで再び[上書き]が選択された場合は、上書きされます。

このオプションが選択されていない場合、[アクセス権]フィールドで選択したすべてのアクセス権は、すべての項目およびサブフォルダに付与されますが、既存のアクセス権は削除されません。たとえば、項目がすでに読み取り権を持っていて[ユーザーの追加]ページで書き込み権のみが選択された場合は、その項目には読み取り権および書き込み権が付与されます。