メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

ユーザーフォルダの編成

ユーザーフォルダは、最初にユーザーがContent Collectionを使用するときに作成されます。このフォルダの名前はユーザー名と同じです。この領域はユーザーのニーズに応じて編成することができます。

教育機関は、ユーザー名フォルダに対するアクセス権をすべてのユーザーに付与するか、特定の担当を持つユーザーのみに付与するかを決定します。

コンテンツの保存

ユーザーは、パーソナルファイルおよび共有ファイルに簡単にアクセスして管理できるように、ユーザーフォルダを編成する必要があります。ユーザーフォルダは、開発中の文書やプライベートファイルを保存するのに最適な領域です。この領域は、グループの共同作業に作業スペースとして使用することもできます。次に、作成する場合に役立つフォルダの例をいくつか示します。

  • プライベートフォルダ:進行中のプロジェクトが保存されている作業領域。このフォルダは他のユーザーと共有されません。
  • グループフォルダ:他のグループメンバと共有するグループコラボレーションフォルダで、一緒にプロジェクトを進行します。
  • プライベートコース教材フォルダ:ユーザーがインストラクタの場合、この領域のフォルダは、受講者の成績表などの個人のコース情報を保存するのに使用できます。

アクセス権の付与

ユーザーは最上位のユーザー名フォルダに対して付与するアクセス権を読み取り権のみにする必要があります。このフォルダに対する追加のアクセス権を付与すると、コンテンツの管理および編成が非常に困難になります。他のユーザーに最上位フォルダに対する読み取り権を付与した場合、プライベートのままにするサブフォルダまたは項目へのアクセス権を忘れずに削除してください。