メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

Easy Editによるファイルの編集

教育機関にContent Management機能がライセンス付与されている場合は、ファイルをデスクトップに保存することなく、Blackboard Learn内から直接ファイルを編集して保存できます。Easy EditとBlackboard Driveを統合することにより、クリック、編集、保存という簡単な3つのステップで、ユーザーインターフェイスから編集するファイルを直接開いて編集できます。

Blackboard Learnから直接ファイルを編集して保存するには、Blackboard Driveをデスクトップにインストールする必要があります。Blackboard Driveをダウンロードしてインストールするには、教育機関の管理者の指示に従ってください。

Blackboard Driveでフォルダを開いて、コンテンツをWindows ExplorerやMac OS XのFinderで表示することもできます。フォルダのコンテキストメニューにアクセスして[BbDriveで開く]を選択します。

Easy Editを用いてファイルの編集と保存を行う方法

Blackboard Driveがインストールされている場合は、Blackboard Learnで自動的に検出されます。Blackboard Driveがインストールされている場合、ユーザーが書き込み権を持つファイルについて、標準の[開く]オプションであるリンクのクリックまたはコンテキストメニューの[開く]の動作が、Blackboard Driveで開くという動作に変わります。ユーザーが読み取り専用のアクセス権を持っている場合、ファイルは引き続きブラウザで開かれます。書き込み権を持つファイルも、[ブラウザで開く]を使用して開くことができます。このオプションを使用すると、ファイルがBlackboard Driveではなくブラウザで開きます。イメージまたはhtmlファイルをエディタで開くのではなくブラウザで表示する場合や、ワープロ文書を編集するのではなくダウンロードする場合は、この方が適していることがあります。

  1. [Content Collection]または[コースファイル]で、編集するファイルをクリックします。ファイルがネイティブアプリケーションで直接開きます。
  2. ファイルを編集します。
  3. ファイルを保存します。
  4. [Content Collection]または[コースファイル]で、[最新の情報に更新]をクリックして新規に保存したバージョンのファイルを表示します。