メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

Content Collection内での移動

Blackboard Learnにログインした後、アプリケーション上部の[Content Collection]タブを選択します。

教育機関がContent Collectionへのアクセスを制限したり、タブに別の名前を割り当てている場合があります。ログインした後でContent Collectionの検索に問題があった場合は、教育機関にお問い合わせください。

Content Collectionメニュー

このメニューは、左側のナビゲーションパネルにあり、[Content Collection]、[ジャンプ先]、および[コンテンツの検索]のメニューがあります。

コンテンツフレーム

コンテンツフレームは画面の大部分を占め、現在のビューを表示します。ユーザーはこのビューからコンテンツと対話します。コンテンツフレームのサイズを変更するには、境界をクリックし、ドラッグします。コンテンツフレームには、移動バー、操作バー、および現在のビューが含まれます。

コンテンツエリア

Content Collectionにはファイルとフォルダがあり、ユーザー、コース、および教育機関別の領域に編成されています。各領域には、左側のナビゲーションパネルにある[Content Collection]メニューからアクセスします。領域を選択すると、その領域でユーザーが使用できるフォルダおよびファイルの階層が表示されます。次の3つのデフォルト領域が表示されます。[コンテンツ]、[コースコンテンツ]、および[教育機関コンテンツ]の3つのコンテンツエリアがあります。

個人のホームページ

個人設定]ページを使用すると、Content Collectionへのエントリポイントを選択することができます。タブを開くたびにContent Collection内の同じコースにアクセスする場合は、ホームページをContent Collection内のそのコースフォルダに設定すると、すばやくアクセスできます。詳細については、「個人ホームページの設定」を参照してください。

指定先へ移動

指定先へ移動]ページでは、ユーザーはContent Collectionの特定のフォルダに直接移動することができます。これによって時間を節約することができ、パスを入力してフォルダを開くと同時に、場所をブックマークに設定することができます。詳細については、「[指定先へ移動]の使用方法」を参照してください。

Content Collectionメニュー

Content Collectionメニューは、次の2つの方法で表示できます。これらのビューにはパネル上部にアイコンが表示されます。デフォルトで、ショートカットビューが最初に表示されます。システムでビューの設定が保存され、Content Collectionにアクセスするたびにこのビューが表示されます。フレームの右側をクリックしドラッグして、Content Collectionメニューのサイズを調節できます。

ショートカットビューには、各コンテンツエリアのアイコンがあります。フォルダビューには、各コンテンツエリアと、フォルダのネスト構造が表示されます。各フォルダを展開してサブフォルダを表示したり、折りたたんでサブフォルダを非表示にしたりすることができます。

教育機関が、ユーザーによるナビゲーションビューの切り替えを無効にしていることがあります。

[ジャンプ先]メニュー

ジャンプ先]メニューを使用すると、ポートフォリオ、コラボレーションツール、ラーニングオブジェクト、およびContent Collectionにあるその他のツールにアクセスできます。各サブメニューは折りたたみ可能なので、その時点で必要な情報だけを表示できます。[ジャンプ先]メニュー項目の見出しをクリックすると、コンテンツフレームにツールが開きます。

[コンテンツの検索]メニュー

コンテンツの検索]メニューには、Content Collectionに関連付けられているすべての検索が含まれています。

検索のタイプ
検索のタイプ 説明
基本検索 [基本検索]では、メタデータ、およびファイル名やフォルダ名の用語を検索できます。
詳細検索 [詳細検索]には、ユーザー名、日付、ファイルサイズなどの、指定メタデータを検索するオプションがあります。
ポートフォリオ検索 Blackboard Learnで作成したポートフォリオのみを検索できます。検索結果として、検索したユーザーが利用可能なポートフォリオ、または検索したユーザーと共有されているポートフォリオが返されます。
保存されたファイルの検索 検索を実行した後、検索結果を保存できます。たとえば、インストラクタが利用可能に設定した生物学の論文を検索できます。この論文を後で再度見つけられるようにしたい場合があります。操作バーの[検索の保存]をクリックし、その論文を再度見つけやすいように検索に名前を付けることができます。

移動バー

移動バーはコンテンツフレームの最上部に表示されます。この階層化された記録を使用して、Content Collectionでの自分の位置とこれまでの経路を示します。バーの項目をクリックすると、そのフォルダに移動します。移動バーのドロップダウンリストは、階層のフォルダ区切りとして機能し、そのフォルダのオプションリストを表示します。

操作バー

操作バーは移動バーの下に表示され、そのページに対応する機能を含みます。一部の操作バーには、複数行の機能があります。システムの設定や権限、および教育機関による選択項目に基づいて、さまざまなオプションを利用できます。

コンテンツフレーム

コンテンツフレームには、作業中のContent Collectionの領域が表示されます。フォルダのコンテンツを表示するときに、列のタイトルをクリックしてフォルダおよび項目をソートできます。

コンテンツエリアの詳細について

コンテンツ]領域は、各ユーザーのフォルダおよびファイル(「項目」と呼ばれる)の保存に使用します。Content Collectionに追加した自分の個人ファイルにアクセスできます。

共有しているコンテンツ項目またはフォルダを検索して表示するには、検索機能を使用する必要があります。今後簡単にその場所を検索できるようにブックマークを追加できます。

コースコンテンツ]領域は、各コースのフォルダおよびファイルの保存に使用します。アクセス権を持つ各コースのフォルダが表示されます。インストラクタは、自分が指導しているコースのフォルダを表示できます。受講者にコースフォルダを利用可能にするには、インストラクタが受講者にアクセス権を付与する必要があります。

教育機関コンテンツ]領域は、コースに直接関連しない、教育サービスおよび管理サービスのフォルダおよびファイルを保存するために使用します。[教育機関コンテンツ]領域には、ライブラリ専用の個別の領域も含まれます。教育機関のライブラリは、この領域を使用してeReserves、電子原稿、およびその他のリソースを掲示できます。これは、Content Collection内でのフォルダおよびファイルの共有によって、ライブラリのデータを共有して配布する強力かつ直感的な方法です。

個人ホームページの設定

Content Collectionまたはブックマークした場所はすべて、エントリポイントとして設定できます。

  1. Content Collectionにアクセスします。
  2. ツール]セクションの[ジャンプ先]メニューで、[個人設定]をクリックします。
  3. ホームページ設定]の[カスタムロケーション]を選択します。
  4. 参照]をクリックし、場所を検索して挿入します。
  5. 送信]をクリックします。

[指定先へ移動]の使用方法

場所を設定し、同時にブックマークを作成します。

  1. ツール]セクションの[ジャンプ先]メニューで、[指定先へ移動]をクリックします。
  2. 参照]をクリックし、場所を検索して挿入します。
  3. 名前を入力して、ブックマークを作成します。
  4. 送信]をクリックします。