メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

チャット

どのツールを使用できるようにするかは、インストラクタと教育機関が管理しています。このツールを使用できない場合は、インストラクタまたは教育機関がこのツールを無効化している可能性があります。

チャットツールでは、テキストベースのチャットを使用して、他のユーザーとやり取りできます。チャットは、バーチャルクラスルームの一部ですが、個別にアクセスすることもできます。チャットの一部の機能は、アクティブ担当を割り当てられたユーザーのみが利用できます。

チャットへの参加とメッセージの送信方法

  1. コースメニューで[ツール]をクリックします。
  2. ツール]ページで[コラボレーション]を選択します。
  3. コラボレーションセッション]ページの[セッション名]列にあるチャットタイトルをクリックします。
  4. 作成]ボックスにメッセージを入力します。
  5. 送信]をクリックします。

プライベートメッセージの送信方法

ユーザーの担当がアクティブである場合、ユーザーとインストラクタは1人以上の参加者に対してプライベートメッセージを送信できます。インストラクタがこの機能を有効化します。プライベートメッセージは記録されません。

  1. 参加者]リストから、プライベートメッセージの受信者を選択します。
  2. プライベートメッセージ]をクリックします。
  3. プライベートメッセージの作成]ポップアップウィンドウに、メッセージを入力します。
  4. 送信]をクリックします。

    プライベートメッセージを1人の参加者に送信するには、その参加者の名前をダブルクリックします。

    プライベートメッセージが、他のすべてのメッセージとともに、チャットの表示パネルに表示されます。それらのメッセージを別のパネルに表示することもできます。

    プライベートメッセージの冒頭には常に、「プライベートメッセージの発信者」が付けられます。

    操作バーの[表示]をクリックして、プライベートメッセージの表示位置を選択します。

ユーザー情報を表示する方法

ユーザー情報]ポップアップウィンドウには、名前、電子メールアドレス、ユーザーがプロフィールに追加したその他の情報など、ユーザーの個人情報が表示されます。

  1. 参加者]列で、名前をクリックします。
  2. ユーザー情報]をクリックすると、[ユーザー情報]ポップアップウィンドウが表示されます。

チャットの機能について

次の表は、チャットで利用可能な機能の詳細を示しています。

チャットの機能
機能 操作
クラスで閲覧するメッセージの入力 メッセージを[作成]ボックスに入力します。[送信]をクリックします。メッセージは、チャット領域に表示されます。メッセージは1,000文字まで入力できます。
アクティブユーザーになる 手の記号をクリックします。手がユーザー名の横に表示されます。モデレータが手をクリックすると、そのユーザーの担当がアクティブになります。
ユーザー情報の表示 参加者を選択して[ユーザー情報]をクリックします。
プライベートメッセージの送信 参加者を選択して[プライベートメッセージ]をクリックします。