メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

テスト

テストは、コースのコンテンツと目的の理解度を評価するために使用されます。インストラクタは、テストの問題に対して点数を割り当てます。解答は採点のために送信され、結果が成績センタに記録されます。インストラクタが成績を閲覧可能にしている場合、受講者は[成績表]で成績を確認できます。

テストは、コンテンツエリア、学習モジュール、授業計画、またはフォルダにあります。

テストの実施

インストラクタから、テストを実施できるタイミングと、コース内のテストが表示される場所が通知されます。開始する前に、強固なインターネット接続を準備してください。場合によっては、有線接続の方が無線接続よりも信頼性が高くなります。開始前に必要な教材を手元に用意します。リンクをクリックしてテストを起動します。指示をすべて読みます。何らかの問題により、テストを実施できない場合、またはテストの問題を理解できない場合は、直ちにインストラクタに連絡してください。

テストの実施中は、ページを更新したり、ウィンドウを閉じたり、ブラウザの戻るボタンをクリックしたりしないでください。テスト中に問題が発生した場合は、直ちにインストラクタに連絡してください。

テストの実施方法

テストの実施中に問題が発生した場合は、インストラクタに連絡してください。

  1. テストに移動し、それに関連するリンクをクリックします。
  2. 開始]をクリックして、テストを開始します。
  3. インストラクタの設定によっては、テストを受けるためにパスワードの入力が必要なことがあります。その場合は、有効なパスワードを入力し、[送信]をクリックしてテストを開始します。正しいパスワードを入力するまで、有効なパスワードを求めるプロンプトが表示され続けます。
  4. 実施中、解答は自動的に保存されます。または、実施中に、各問題の横にある[保存]をクリックするか、ページの上部または下部にある[すべての解答を保存]をクリックして保存することができます。
  5. テストが終了したら、[保存および送信]をクリックします。

    テスト中はブラウザの[戻る]ボタンを使用しないでください。こうするとデータが失われることがあります。テストを受けているときに問題が発生した場合は、インストラクタに連絡してください。

    インストラクタがテストで論文式問題、ファイル応答問題、短答式問題にルーブリックを関連付けている場合、[ルーブリックの表示]をクリックすると採点基準が表示されます。

制限時間のあるテスト

インストラクタが制限時間のあるテストを選択した場合は、受講者が開始する前に、指示に予定時間が示されます。

インストラクタによって選択された[タイマーの設定]が通知されます。この設定に応じて、制限時間になるとテストが自動的に保存されて送信されるのか、制限時間を超えても続行を選択できるのかが決まります。

ただし、制限時間を超えてもペナルティは自動的に課せられず、最終的な採点の決定はインストラクタが行います。この設定に関して不明な点がある場合は、インストラクタにお問い合わせください。

テストが送信されると、テストに要した合計時間が記録され、インストラクタが利用できるようになります。

テストを保存して終了しても、タイマーは動き続けます。火曜日にテストを開始し、それをいったん保存して終了し、木曜日にテストを完了した場合、タイマーはテストの完了に48時間かかったことを示します。

自動送信機能が選択された場合、制限時間になると、テストが保存されて送信され、[テスト送信済み]ページが表示されます。このオプションが選択されていない場合、ポップアップウィンドウが表示され、送信または続行を選択できます。

テストページには残り時間が表示されます。タイマーを折りたたんだり展開したりするには、タイマーの横の山括弧アイコンをクリックします。

制限時間を半分経過したとき、および残り時間が5分、1分、および30秒になったとき、タイマー警告が表示されます。残り時間が1分30秒になると、ステータスバーが黄色に変わります。1分になると、警告が赤色になり、30秒になるとステータスバーと警告の両方が赤色になります。タイマーが折りたたまれている場合、色の変化はわかりません。

フィードバックと成績

テスト問題の大部分は自動採点されます。テストの作成時、インストラクタは正解を定義し、それぞれの問題に特定の点数を割り当てます。システムでは、受講者の解答をキーに照らして検証し、得点を割り当てます。すべての問題が自動採点され、インストラクタが採点情報をリリースしている場合、テストが終了するとすぐに、各自の得点を確認することができます。

論文式問題、ファイル応答問題、および短答式問題は、自動採点ではありません。インストラクタは、手作業でこれらの質問を採点しなければなりません。テストにこれらのタイプの問題が含まれている場合、テストの成績はインストラクタが採点を終了した後に発表されます。

インストラクタが論文式問題、ファイル応答問題、または短答式問題にルーブリックを関連付け、それを利用可能にしている場合、[解答の保存]機能の横に[ルーブリックの表示]が表示されます。[ルーブリックの表示]をクリックすると、インストラクタが選択した基準を確認できます。

テストの終了後に受け取る成績結果は、インストラクタが選択したオプションによって異なります。たとえば、インストラクタがあるテストでは最終の得点のみを示し、別のテストでは最終の得点と正解を表示するなどです。フィードバックは、以下の1つまたは複数が含まれます。

  • テストの最終得点
  • 送信済みの解答
  • 正解
  • 質問のフィードバック

フィードバックと成績の情報にアクセスするには、コンテンツエリアでテストを選択するか、[成績表]を使用します。[結果の表示]ページで、[計算された成績]列の成績リンクをクリックすると、テスト、自分の解答、インストラクタからのフィードバックにアクセスできます。

インストラクタが論文式問題、ファイル応答問題、短答式問題の採点にルーブリックを使用しており、利用可能にしている場合、採点済みテストの表示中に[ルーブリックの表示]をクリックすると詳細情報が表示されます。

テストの再実施

テストを何回も受けることができる場合は、そのことがテストの上部に表示されます。インストラクタが回数を制限している場合は、そのことも上部に示されます。テストを開くと、テストを実施するためのリンクが再び表示されます。インストラクタは、1つ以上のテストの得点が成績センタに記録されていることを確認します。

プレゼンテーションオプション

テストの強制完了

強制完了が有効になっている場合は、テストを初めて実施したときに完了させる必要があります。強制完了が有効になっている場合は、そのことがテストの上部に表示されます。テストをいったん終了して別の日に続行することはできません。実施中に[保存]機能を使用してテストを保存できますが、いったん終了してからテストを再開することはできません。

トラックバック禁止

トラックバックが禁止されている場合、解答済みの問題に戻ることができません。トラックバックが禁止されている場合は、そのことがテストの上部に表示されます。トラックバックが許可されていないテストを受けているときに、テスト内の[戻る]機能を使用すると、エラーが表示されます。

テストプレゼンテーション

インストラクタは、テスト問題の提示方法として次の2つのオプションから選択できます。「一度にすべて」と「一度に1つ」の2つのオプションを使用できます。

「一度にすべて」形式のテストでは、すべての問題が同時に表示されます。このタイプのテストを受けている間は、以下のオプションを利用できます。

「一度にすべて」オプション
機能 操作
回答の保存 すべての解答を保存]を選択します。保存済みアイコンが質問ステータスインジケータに表示されます。解答は、保存した後でも変更できます。
テストの完了 保存および送信]を選択します。確認に続いて受信ページが表示され、テストが完了したことが示されます。

「一度に1つ」形式のテストでは、問題が個別に表示されます。画面には問題が一度に1つだけ表示されます。次の問題にいつ移動するかは、受講者が判断します。このタイプのテストを受けている間は、以下のオプションを利用できます。

「一度に1つ」オプション
機能 操作
質問を移動 ナビゲーション矢印(<<、<、>、または>>)を使用します。問題/セクションインジケータは、テストにおける現在の位置と、問題の総数を示します。トラックバックが禁止の場合、これらの矢印は表示されません。
回答の保存 すべての解答を保存]を選択します。この時点までの質問と回答が保存されます。
テストの完了 保存および送信]を選択します。確認に続いて受信ページが表示され、テストが完了したことが示されます。

質問完了ステータス

質問完了ステータスインジケータは、テストにおいて完了した問題や未完了の問題について最新情報を示します。

解答済み質問のステータスは、ページの上部で手順の直下に表示されます。質問完了ステータスを折りたたんだり展開したりするには、質問完了ステータスの横の山括弧アイコンをクリックします。

問題が個別に表示されるテストでは、1つに問題に解答して次の問題に移ると、次のページのステータスボックスが更新され、直前の問題が解答済みであることが示されます。問題が個別に表示されるテストで、解答せずに次の問題に移ると、次のページのステータスボックスに、直前の問題が未回答であることが示されます。質問を移動するには、ステータスインジケータで質問番号をクリックします。

「一度にすべて」形式のテスト(すべての質問が同じページに表示されるテスト)では、ページの下までスクロールしなくても、[解答の保存]をクリックすると特定の問題を保存できます。解答済み質問は、1つ保存しても、すべての解答済みの質問を保存(ページ下部の[すべての解答を保存]ボタンを使用)しても、ステータスインジケータが変化し、完了した質問が表示されます。