メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

SafeAssign

SafeAssignについて

SafeAssignを使用することによって、盗作を防止し、ソースの言い換えではなく、どれくらい適切にソースを利用できているかを確認できるようになります。

SafeAssignでは、送信された課題と一連の学術研究論文とを比較し、送信された課題と既存の研究作品の重複する領域を識別します。

SafeAssignmentのプロセス

SafeAssignは、ペーパーと教材の間で完全な一致と不完全な一致を検出できる固有のテキスト一致アルゴリズムに基づいています。SafeAssignmentは、1990年代から現在にかけての数百万の文書を含むいくつかの異なるデータベースと照らし合わせて比較されます。特定のデータベースの詳細については、「SafeAssign」を参照してください。比較後に、送信したペーパーと既存のソースの間に見つかった一致点に関する詳細が記載されているレポートが生成されます。

作業の保護

グローバル参照データベースにペーパーのコピーを送信することで、自身の作業を保護できます。他の教育機関から送信されたペーパーがユーザーのペーパーと比較して確認されます。これにより、教育機関全体にわたってユーザーの作業のオリジナリティを保護することができます。グローバル参照データベースは、教育機関のデータベースとは別のデータベースです。ユーザーがペーパーをデータベースに自発的に送信するときに、将来的にペーパーを削除しないことに同意します。ユーザーは、グローバル参照データベースにペーパーを送信せずに、チェックすることもできます。Blackboardは、送信されたペーパーの所有権を主張しません。

SafeAssignオリジナリティレポート

ペーパーが処理されると、送信されたペーパーのテキストが既存のソースと一致するパーセンテージの詳細を記載したレポートが生成されます。また、送信されたペーパーが一致を返す場合には、各セクションについて疑わしいソースを表示します。ペーパーが以前に送信された作業の続きである場合、インストラクタは、レポートから一致するソースを削除して再度処理することができます。

オリジナリティレポートには、ソースと一致する語句の出典が適切に表示されているかどうかは記載されていません。インストラクタがレポートを読み、適切な引用が行われているかどうかを判断します。

SafeAssignmentの送信方法

SafeAssignmentは一度だけ送信できます。SafeAssignmentを編集、削除、または再送信する場合は、インストラクタに最初の送信のクリアを依頼してください。

  1. コースメニューで、課題など、SafeAssignmentがあるリンクを選択します。
  2. 課題]ページで、SafeAssignmentを見つけて[表示/完了]をクリックします。
  3. SafeAssignmentのアップロードページで、必要に応じて[コメント]ボックスにコメントを入力します。
  4. 参照して、送信として添付するファイルを選択します。
  5. オプションの[グローバル参照データベース]チェックボックスをオンにすると、ペーパーがグローバル参照データベースにアップロードされます。
  6. 送信]をクリックします。

    SafeAssignmentの送信後、アップロードからSafeAssignレポートを入手できるようになるまでに多少のタイムラグがあります。結果は通常、10~15分以内に入手できます。

SafeAssignment送信の表示方法

送信および送信に関連するSafeAssignレポートは、ペーパーを送信した後でSafeAssignmentにアクセスすることにより表示できます。このオプションは、インストラクタが許可した場合にのみ利用できます。

  1. 課題]コンテンツエリアなど、SafeAssignmentを保持しているコンテンツエリア内にある課題リンクに戻ります。
  2. 課題]ページで、SafeAssignmentを見つけて[表示/完了]をクリックします。次が表示されます。
    • 課題情報:このセクションには、SafeAssignmentの名前とその説明が表示されます。
    • 送信済み作業:このセクションには以下へのリンクが表示されます。
      • テキスト:このオプションを選択すると、受講者のペーパーとコメントが表示されます。
      • ファイル:このオプションを選択すると、受講者の提出物をダウンロードすることができます。
      • マッチング:他のソースに一致するペーパーの割合がパーセンテージで表示されます。適切なマッチングが行われているかどうか、レポート全体を読んで確認してください。
      • SAレポート:このオプションを選択すると、SafeAssignレポート全体を表示することができます。
    • 成績の表示:このセクションには、担当のインストラクタが評価した成績が一覧表示されます。
    • インストラクタのフィードバック:このセクションにはフィードバックが一覧表示され、インストラクタによって添付されたファイルがあればそれを開いたりダウンロードするためのリンクが提供されます。

SafeAssignレポートの解釈方法

SafeAssignレポートには、送信したペーパーと既存のソースの間に見つかった一致点に関する詳細が記載されています。SafeAssignレポートは、テキストのすべての一致ブロックを識別します。一致しているテキストが正しく参照されているかどうかについては、受講者とインストラクタが責任を持って調べる必要があります。すべての一致点の詳細を確認することで、基準を引用する際の差異による誤りが検出されることがなくなります。

  1. SafeAssignmentの表示]ページに戻ります。
  2. SafeAssignmentの表示]ページで、[SAレポート]の下にある緑のチェックマークのリンクをクリックします。[SAレポート]は、受講者が作業を適切に引用しているかを判断するのに役立つ広範囲な情報を提供します。このページに次のセクションが含まれます。
    • ペーパー情報:このセクションには、作成者、一致率、送信日時などのペーパーに関するデータが表示されます。またここには、レポートのダウンロード、レポートの電子メール送信、印刷可能なバージョンの表示に関するオプションも含まれます。Blackboard Learnにアクセスするための支援技術を利用しているユーザーが最も効果的にレポートを表示する方法は、印刷可能なバージョンを利用することです。
    • 疑わしいソース:このセクションには、提出したペーパーに一致するセクションが含まれた元のソースが表示されます。
      • 元の作業を表示するには、ソースのタイトルをクリックします。
      • ペーパー内の関連語句を表示するには、虫メガネアイコンをクリックします。
    • ペーパーのテキスト:このセクションには、提出したペーパーが表示されます。テキストの一致したブロックがすべて特定され、番号が付けられています。語句をクリックすると、ソースとの比較ウィンドウが開きます。このウィンドウで、ペーパーの語句と、一致するソース文書が直接比較されています。

SafeAssign総合スコアの解釈

SafeAssign総合スコアは、送信されたペーパーが既存のソースと一致する確率を示します。

  • 15パーセント未満のスコア:これらのペーパーには、一般的にいくつかの引用およびよく使われる語句または他の文書と一致するテキストのブロックが含まれます。
  • 15パーセントから40パーセントまでのスコア:これらのペーパーには広範に引用または意訳された資料が含まれているか、または盗作が含まれている可能性があります。
  • 40パーセント以上のスコア:このペーパーのテキストが他のソースからコピーされたものである可能性が非常に高いです。これらのペーパーには、広範に引用または言い回しを変えた資料が含まれている可能性があります。