メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

用語集

A

操作バー:ページ最上部にある行で、コンテンツの構築検索削除アップロードなど、ページレベルの操作が含まれています。

管理者:Blackboard Learnへの管理者アクセスを持つユーザー。Blackboard Learn内部のタスクや、Blackboard Learn外部でのタスク(Blackboard Learnインスタンスに関係するバックエンドサーバーの管理など)を実行します。このオーディエンス向けの情報とタスクを使用するには、コマンドラインとバックエンドサーバーへのアクセスが必要なことがあります。

代替テキスト:代替テキストはAltテキスト(Alternative Textの略)ともいい、通常、Webページ上の目に見えるものを説明するための短い語句です。代替テキストはスクリーンリーダーによって解釈され、一部のユーザーが視覚的に確認できないものを説明するのに役立ちます。

アーカイブ:アーカイブの作成時に利用可能なすべてのコンテンツとユーザー対話を含む、コースまたは組織の永久的な記録を作成します。この情報は、ZIPパッケージに保存されます。

非同期:非同期の対話は長い時間をかけて行われ、より柔軟性の高い、内省的なコミュニケーションが可能になります。通常、最初のメッセージまたはエントリと、回答またはフィードバックとの間には時間差があります。Blackboard Learnの非同期ツールには、掲示板、電子メール、連絡事項、メッセージ、日誌、ブログ、Wikiなどがあります。

アバター:アバターは、Blackboard Learn全体でユーザーを表現するのに使用できる個人画像です。アバター画像は、My Blackboardメニュー、ブログ、日誌、My Blackboardのメニュー、コースホームページなどのインタラクティブツールに表示されます。アバターは、プロフィールに追加される画像とは異なります。プロフィール画像は、アバター画像よりも優先されます。アバターの追加方法の詳細については、「設定のパーソナライズ方法」を参照してください。

B

ブランド:ブランドは、Blackboard Learnの外観を構成する色、イメージ、タブスタイル、アイコン、および他の要素を定義します。ユーザーごとに、表示するブランドを変えることができます。ブランドを使用すると、教育機関はロゴ、アイコン、他の要素によって、さまざまな担当内のユーザーに関連性の高いユーザー環境を作成できます。

ブレッドクラムパス:移動バーと呼ばれるようになりました。コースに提供されている項目やリンクを表示するときに、移動バーを使用すると前のページに移動できます。移動バーは、コンテンツフレームの上に表示されます。省略記号(...)をクリックするとリストが展開されます。

C

CSS(カスケーディングスタイルシート):Webページ上で要素を表示する方法を指定する手順。スタイルシートは、テキスト、境界線、表などの要素または一連の要素の表示方法を制御します。


Community Engagement:教育機関にCommunity Engagementがライセンス付与されている場合、その教育機関は活発なオンラインコミュニティを構築できます。この機能によってオンラインコミュニティが育成され、インストラクタと受講者が授業の前後で強い関係を作り出せます。管理者の場合、システムで利用できる機能が[管理者パネル]の右上隅に、[製品]の後に一覧表示されます。教育機関にCommunity Engagementがライセンス付与されている場合は、「Community Engagement」が表示されます。インストラクタまたは受講者の場合は、[コミュニティ]タブが表示されます。

コンテンツエリア:最上位のコンテナ。インストラクタがコースに追加した講義ノート、課題、テストなどのコンテンツへのリンクが含まれています。コンテンツエリアはコンテンツメニューにリンクとして表示されます。

Content Collection:教育機関にContent Managementのライセンスが付与されている場合、統合されたコンテンツ管理技術を組織全体で使用できます。この技術によって、ユーザーはContent Collectionを使用してデジタルコンテンツのタグ付け、管理、再利用、共有を安全に行えます。管理者の場合、システムで利用できる機能が[管理者パネル]の右上隅に、[製品]の後に一覧表示されます。教育機関にContent Managementがライセンス付与されている場合は、「Content Management」がリストされます。インストラクタまたは受講者の場合、[Content Collection]タブが表示されます。

コンテンツエディタ:テキストの追加および書式設定、数式およびハイパーリンクの挿入、コンテンツへの異なるタイプのファイルの添付に使用します。デフォルトのエディタとして、システムの各所で表示されます。

コンテンツフレーム:コースメニューに隣接し、画面の大部分を占め、選択したコンテンツエリア、ツール、教材を表示します。

Content Management:教育機関にContent Managementのライセンスが付与されている場合、統合されたコンテンツ管理技術を組織全体で使用できます。この技術によって、ユーザーはContent Collectionを使用してデジタルコンテンツのタグ付け、管理、再利用、共有を安全に行えます。管理者の場合、システムで利用できる機能が[管理者パネル]の右上隅に、[製品]の後に一覧表示されます。教育機関にContent Managementがライセンス付与されている場合は、「Content Management」がリストされます。インストラクタまたは受講者の場合、[Content Collection]タブが表示されます。

コントロールパネル:すべてのコース管理機能には、コントロールパネルのリンクからアクセスします。コントロールパネルはコースメニューの下にあり、インストラクタ、ティーチングアシスタント、採点者、コース作成者、または管理者のいずれかの担当が定義されたユーザーのみが利用できます。

コースファイル:コースファイルは、1つのコースに対するBlackboardサーバー上のファイルの保管場所です。各コース内のコースファイルにはその特定のコースのコンテンツが表示されますが、インストラクタが教えている他のコースのコンテンツは表示されません。インストラクタはコースファイルにフォルダおよびサブフォルダを作成して、自分にとって意味のある方法でコンテンツを編成できます。受講者はコースファイルにファイルをアップロードできません。

コースID:コースIDはコースの一意の識別子です。コースの作成後に、コースIDを変更することはできません。コースIDには、数字、文字、ハイフン(-)、アンダースコア(_)、ピリオド(.)を使用できます。

コースリンク:コースリンクは、自分のコース内の既存の領域、ツール、または項目へのショートカットです。コースリンクは、コンテンツエリア、学習モジュール、授業計画、フォルダ、コースメニュー、および一部のツール内に追加できます。

コースメニュー:コースウィンドウの左側にコースメニューが表示されます。ユーザーはボタンまたはテキストリンクをクリックして、コンテンツエリア、個々のツール、Webリンク、コースリンク、モジュールページなど、すべてのコースコンテンツにアクセスします。

現在の投稿:コンテンツフレームの一部。選択したディスカッションへの投稿とその投稿についての情報のテキストが含まれます。

D

開発者Blackboard Learnへの管理者アクセスを持つユーザー。Blackboard Learnインスタンスに関係するバックエンドサーバーへのアクセスなど、Blackboard Learnの機能を拡張します。このオーディエンス向けの情報とタスクには、コマンドラインとバックエンドサーバーへのアクセスが必要です。

E

Easy Edit:Blackboard Driveが、Easy EditとともにBlackboard Learnのユーザーインターフェイスに統合されています。[Content Collection]タブから簡単に編集を始めることができ、また効率よく作業することができるようになっています。Easy EditとBlackboard Driveを統合することにより、クリック、編集、保存という簡単な3つのステップで、ユーザーインターフェイスから編集するファイルを直接開いて編集できます。Blackboard Driveは、Learnのコンテンツ管理との通信にWebDAVプロトコルを使用しますが、OSのネイティブWebDAVクライアントに対して多くの利点を備えています。Blackboard Driveは、より高い信頼性およびより一貫した操作性を備えており、ユーザーが効率よく作業できるようになっています。Blackboard Driveは、エンドユーザーのコンピュータにインストールする必要があります。詳細については、「Easy Editを用いたファイルの編集」を参照してください。

編集モード:[編集モード]が[オン]の場合、コンテンツエリアの操作バーの[コンテンツの構築]やコンテキストメニューオプションなど、すべてのインストラクタ機能が表示されます。編集モードオフの場合は、受講者ビューでページが表示されます。[編集モード]機能は、担当がインストラクタ、ティーチングアシスタント、コース作成者、管理者であるユーザーに表示されます。

顔文字:書き手の気分や顔の表情を表す文字列。:)、:(、:Dなどがあります。プレーンテキストをわかりやすくし、感情を伝えるために使用します。

エクスポート:選択したコースコンテンツを、ZIPで圧縮されたパッケージに保存します。このファイルは、同じコース、または別のコースにインポートできます。

F

Flashビデオ:Flashビデオのチュートリアルが新しいブラウザウィンドウに開きます。Flashムービーのチュートリアルを表示するには、Adobe® Flash® Player 7以降が必要です。Adobe Flashプラグインのインストールを求めるメッセージがブラウザに表示されない場合は、http://www.adobe.com/products/flashplayer/からAdobe Flash Playerをダウンロードできます。

フォーラム:メインの[掲示板]ページには、フォーラムの一覧が表示されます。個々のフォーラムは、複数のスレッドを持つことができます。フォーラムを作成して、コースに関連するユニットまたはトピックにディスカッションを整理します。

G

成績情報バー:成績センタ列のタイトルを選択すると、グリッドの前、操作バーの後ろに詳細が表示されます。列のタイプおよび満点を表示できます。同じ列に、前回のデータ保存日時が表示されます。

H

HTMLオブジェクト:HTMLオブジェクトは、コンテンツエディタを使用して作成され、HTMLファイルとして保存されます。HTMLオブジェクトは、コースファイルまたはContent Collectionに保存されているHTMLファイルへリンクしておくことで、コンテンツを作成するときに再利用できます。

I

インポート:エクスポートパッケージからコンテンツをコースに移動します。

インストラクタ:クラスの作成、指導、手助けをするユーザー。このオーディエンス向けの情報およびタスクには、Blackboard Learnのコースのコントロールパネルへのアクセスが必要です。

J

Javaアプレット:Webページに埋め込むことができる、Javaプログラミング言語で作成されたプログラム。

Javaプラグイン:Webブラウザの機能を拡張する手法で、動的なWebコンテンツのあるWebサイトにアクセスしたときにJavaアプレットを処理します。http://www.java.com/en/download/help/testvm.jspにアクセスし、Javaプラグインが正しく機能していることを確認してください。

L

学習モジュール:ラーニングモジュールはコースコンテンツをパッケージして提示するためのコンテナです。インストラクタは関連コース教材を整理して、目次を作成することができます。項目、課題、テストなど、すべてのタイプのコンテンツをラーニングモジュールに含めることができます。

授業計画:ラーニングモジュールやフォルダと同様のコンテンツ用コンテナで、コンテンツ項目を保持して整理できます。インストラクタは各自のコース内に授業計画を作成して、授業プロフィール、指導目的、受講者が授業を修了するために必要なコンテンツ項目を格納できます。

マッシュアップ:マッシュアップは、複数のソースからの要素を組み合わせたものです。YouTube™ビデオをBlackboard Learnコースでコースコンテンツの一部として表示するときに、マッシュアップが使用されます。マッシュアップには、Flickr® フォトおよびSlideShareプレゼンテーションも使用できます。

メッセージリスト:コンテンツフレームの一部。ディスカッションスレッド内のすべての投稿の一覧が投稿順に含まれます。選択した投稿は強調表示されます。

モジュール:モジュールは、[教育機関]タブまたはカスタマイズされたモジュールのタブに表示されるコンテンツのパケットです。Blackboard Learnには、カレンダー、タスク、警告など、いくつかのタイプのモジュールが用意されています。管理者は、ユーザーのタイプごとに異なるモジュールを作成します。

モジュールページ:モジュールページには、リストから選択したコースモジュールが含まれます。コースモジュールは、計算機などのツールでも、成績、警告、連絡事項などの動的な情報でもかまいません。

マルチメディア:コースで使用可能なデジタルグラフィックス、アニメーション、サウンド、およびビデオ。コンテンツエディタを使用すると、マルチメディアをコースに統合できるだけでなく、オーディオ、画像、ビデオ、URL、マッシュアップなどのコンテンツ項目を作成することもできます。

O

移動バー:コースに提供されている項目やリンクを表示するときに、移動バーを使用すると前のページに移動できます。移動バーは、コンテンツフレームの上に表示されます。省略記号(...)をクリックするとリストが展開されます。

Outcomes Assessment:教育機関にOutcomes Assessmentがライセンス付与されている場合、この教育機関はインストラクタと受講者が毎日使用するシステムと同じシステムで、教育および学習方法を評価できます。この技術は組織構造とプロセスを調整して、各ユーザーにパーソナライズされた評価を与えます。管理者の場合、システムで利用できる機能が[管理者パネル]の右上隅に、[製品]の後に一覧表示されます。教育機関にCommunity Engagementがライセンス付与されている場合は、「Community Engagement」が表示されます。インストラクタまたは受講者の場合は、[結果]タブが表示されます。

上書き:手動で、または自動的に記録された成績は、成績センタで上書きできます。成績の上書きは、受講者がまだ送信していない結果を含めて、すべての結果よりも優先されます。成績を上書きすると、成績センタで、それ以降の結果は感嘆符付き([要採点]アイコン)で表示されなくなります。

P

パッケージ:ZIPパッケージ、ZIPファイル、ZIPアーカイブとも呼ばれます。ZIPファイル形式は、データを圧縮してファイルサイズを小さくします。パッケージには1つ以上のファイルを含めることができます。

アクセス権:コースのファイルリポジトリ、つまりコースファイルやContent Collection内のファイルやフォルダへのユーザーアクセスを制御する設定。ユーザーグループには、読み取り、書き込み、削除、管理のアクセス権を割り当てることができます。管理権を割り当てると、ユーザーグループに対してアクセス権の編集および追加が許可されます。デフォルトでは、コース作成者、インストラクタ、およびティーチングアシスタントには、コースのファイルリポジトリに直接アップロードしたファイルへの4つのアクセス権すべてが割り当てられます。アクセス権は、変更および削除が可能です。

R

コースのファイルリポジトリ、つまりコースファイルやContent Collection内のファイルやフォルダへの担当:担当により、ユーザーがBlackboard Learn内でできる操作とできない操作が決まります。担当は、管理者がユーザーアカウントに関連付ける一連の権限です。たとえば、受講者の担当を持つユーザーは、他の受講者の成績情報にアクセスできません。インストラクタの担当を持つユーザーは、コースに登録されているすべての受講者の成績を表示できます。

スクリーンリーダー:コンピュータの画面に表示されているものを解釈するソフトウェアアプリケーション。解釈した結果は、音声の読み上げや出力デバイス用のブライユ点字としてユーザーに伝達されます。スクリーンリーダーは、目の不自由な方、母語に不慣れな方、または学習障害をお持ちの方が使用する支援技術の一種です。

連続表示:インストラクタが[学習モジュールの連続表示を強制設定する]を選択した場合、ユーザーは目次に表示される順序で学習を進める必要があります。ユーザーは、リンクを順番に表示した後で、任意の順番で見直すことができます。ユーザーがこの学習モジュールの外に移動してから戻ってきた場合、もう一度順番に表示する必要があります。

受講者:クラスに参加しているユーザー。このオーディエンス向けの情報とタスクには、Blackboard Learnのコントロールパネルへのアクセスは必要ありません。

タブ:タブには、コース、組織・グループ、コンテンツのモジュール、ユーザーツールへのリンク、および追加サービスおよびコンテンツへの外部リンクが含まれます。管理者は、ユーザーのタイプごとに異なるタブを作成します。

スレッド:掲示板のフォーラムには、スレッドがあります。スレッドには、最初の投稿とそのすべての返信が含まれます。

Tomcat:JSP環境を持つサーブレットコンテナ。Webサーバーソフトウェア(IIS、Apache)がWebページをホストし、Tomcatが動的Webコンテンツ(サーブレット)をユーザーが読める形式に処理します。

WebDAV:WebDAVはインターネット上でのファイル共有に使用され、大半のオペレーティングシステムと互換性があります。Blackboard Learnで使用する場合、ユーザーは、自分のコンピュータ上の他のネットワークドライブやネットワークフォルダと同じように、コースファイルまたはContent Collectionからコンテンツを追加およびアクセスできるようになります。

Windows Media Playerムービー:Windows Media Playerムービーチュートリアルは、Windows Media Playerで開きます。ほとんどのWindowsパソコンには、このプログラムがすでにインストールされています。コンピュータにプレーヤーがない場合は、次の場所からダウンロードできます。http://windows.microsoft.com/en-US/w...s-media-player

Y

コンピュータ:「コンピュータ」には、ローカルドライブおよびデスクトップ上のファイル、コンピュータに接続されているリムーバブルドライブ上のファイル、コンピュータからアクセスできるネットワークドライブ上のファイルが含まれます。

Z

ZIPファイル:ZIPパッケージ、パッケージ、ZIPアーカイブとも呼ばれます。ZIPファイル形式は、データを圧縮してファイルサイズを小さくします。パッケージには1つ以上のファイルを含めることができます。