メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

受講者のパフォーマンス

コース内の受講者のアクティビティ(出席など)を追跡できます。Blackboard Learnには、受講者のログイン、受講者がコースに費やした時間、受講者がアクセスしたコース内のページなどを追跡するさまざまなツールがあります。

  • Retention Center:Retention Centerを利用すると、コース内で落第の恐れがある受講者を簡単に検出できます。詳細については、「Retention Center」を参照してください。
  • コースレポート:コースレポートでは、コース内の受講者のアクティビティの詳細を確認できます。これには、コースにアクセスした受講者と時間に関する詳細が含まれます。詳細については、「コースレポート」を参照してください。
  • パフォーマンスダッシュボード:パフォーマンスダッシュボードは、コースのすべてのタイプのユーザー活動を1つのウィンドウにして提供します。詳細については、「パフォーマンスダッシュボード」を参照してください。
  • 目標:目標に合わせてコースコンテンツとアクティビティをBlackboard Learnに配置することにより、教育機関はプログラムとカリキュラムの有効性を示すことができます。詳細については、「目標」を参照してください。
  • 成果:インストラクタは成果ツールを使用して、バッジや証明書の形式で受講者に報賞を授与する基準を設定できます。詳細については、「成果」を参照してください。
  • タスク:タスクツールを使用して、タスクの優先度を定義し、タスクのステータスを追跡することにより、プロジェクトやアクティビティ(タスク)を整理することができます。詳細については、「タスク」を参照してください。
  • 成績センタの[最終アクセス]ユーザー列:デフォルトのユーザー列の1つである[最終アクセス]列は、ユーザーが最後にコースにアクセスした時間を特定します。詳細については、「成績センタ列」を参照してください。