メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

テストおよびアンケートのオプション

テストおよびアンケートのオプションを使用すると、インストラクタはテストまたはアンケートの名前および説明を編集できます。オプションでは、アクセス設定、プレゼンテーション、およびフィードバックを制御します。これらのオプションは、コンテンツエリアにテストやアンケートが追加されると利用可能になります。インストラクタがコンテンツエリアにテストやアンケートを追加すると、それは「導入された」ことになります。

導入済みのテストまたはアンケートのオプションを編集するには、テストまたはアンケートのコンテキストメニューにアクセスし、[テストオプションの編集]または[アンケートオプションの編集]を選択します。

テストまたはアンケートのオプションの編集

テストおよびアンケートのアクセス設定は、テストやアンケートがコンテンツエリアに追加された後に設定されます。アクセス設定は、[オプション]ページで管理されます。テストまたはアンケートが利用不可の場合、コンテンツエリアに導入されますが、受講者にリンクは表示されません。[編集モード]を[オン]にすると、インストラクタとコース作成者は利用不可のテストを確認できます。詳細については、「編集モード」を参照してください。

以下の表は、テストおよびアンケートのアクセス設定とフィードバックのオプションについて説明しています。

テストおよびアンケートのアクセス設定とフィードバックのオプション
オプション 説明
リンクを利用可能にする テストまたはアンケートへのリンクを受講者に表示するには[はい]を選択します。このオプションを[いいえ]に設定すると、リンクは受講者には表示されません。インストラクタはこれを利用可能にできます。次に[以降に表示]と[まで表示]フィールドを指定してアセスメントが表示される時間を制限できます。
このテスト/アンケートの新しい連絡事項を追加 テストまたはアンケートに関する連絡事項を作成するには、[はい]を選択します。連絡事項には日付が含まれており、アセスメントは、アセスメントへのリンクが含まれているコース領域で利用可能であることが記されています。この連絡事項は、コースの連絡事項と[マイコース]モジュールおよび[マイ連絡事項]モジュールに表示されます。

この機能を使用して連絡事項がすでに投稿されている場合、最新の連絡事項の日付と時刻が表示されます。

複数試行 このオプションで、受講者はアセスメントを繰り返して受けられるようになります。複数回受講のステータスは、アセスメントの一番上の受講者欄に表示されます。受講者がアセスメントを何度でも受けられるようにするには、[受講を無制限に許可]を選択します。許可する受講回数を指定するには、[試行回数]を選択して回数を入力します。

複数の結果がテストに許可されている場合、成績センタの得点として使用する結果を[使用する得点]ドロップダウンリストから変更できます。

強制完了 強制完了]を選択した場合、受講者は初めて開いたアセスメントを完了しなければなりません。受講者は、アセスメントを終了して、後日続行させることはできません。[保存]機能を使用すると、受講者はアセスメントを操作した状態のまま保存できます。ただし、アセスメントを終了して受け直すことはできません。アセスメントの一番上に、[強制完了]であることが受講者に提示され、説明されています。[強制完了]オプションを有効に設定しない場合は、受講者が進行状況を保存しておいて、後でアセスメントを完了させることができます。
タイマーを設定 アセスメントを終了する時間制限を設定するには、このチェックボックスをオンにします。このオプションを選択する場合は、時間および分ボックスにテストまたはアンケートで許可される時間を入力します。アセスメントの間、受講者には経過時間が表示されます。時間制限に近づくと、受講者には1分前の警告が表示されます。

このオプションを選択すると完了時間も記録されます。これは、完了したら[テスト情報]で確認できます。

受講者がアセスメントを保存して終了しても、タイマーは続行されます。たとえば、火曜日にテストを開始し、テストを保存して終了した後、木曜日にテストを完了すると、受講者の完了時間は48時間になります。

タイマーが設定されている場合、[自動送信]をオンにすると、時間切れになった時点でアセスメントが自動的に保存され、送信されます。オフのままにしておくと、時間切れになった後でも受講者はアセスメントを続行できます。

表示開始日 テストまたはアンケートを受講者に利用可能にする日付と時刻を選択します。このフィールドはオプションです。特定の日付を設定しないで[リンクを利用可能にする]オプションを使用してアクセス設定をコントロールすることができます。
表示終了日 受講者にテストを利用不可にする日付と時間を選択します。このフィールドは、空白のままでも構いません。
パスワード このアセスメントにアクセスする場合に受講者にパスワードを要求するには、このチェックボックスをオンにします。このチェックボックスをオンにした場合は、テキストボックスにパスワードを入力する必要があります。パスワードの最大文字数は15文字で、大文字と小文字が区別されます。
場所の制限 特定の場所でテストを受ける機能を制限するオプションを選択します。この場所以外の受講者はテストを受けることができません。

これは教育機関によって作成されたIPアドレスの範囲に基づきます。所属教育機関がこの範囲を作成していない場合、このオプションは表示されません。

詳細については、「場所によるテストの制限」を参照してください。

テストアクセス設定の例外 1つ以上の受講者グループを選択し、すでに決められているアクセス設定に対して例外をいくつか作成します。例外を使用して、身体に障害を持つ受講者向けに調整したり、技術と言語の違いに応じて調整したりすることができます。次に対して例外を作成できます。
  • 試行回数。
  • タイマー。
  • アクセス設定。
  • 強制完了。
  • 場所の制限。

詳細については、「テストアクセス設定の例外」を参照してください。

期日 成績センタで採点期間を使用する場合、テストの期日を選択すればそのテストを採点期間内に容易に含めることができます。

テストに期日を追加すると、そのテストはMy Blackboardメニューでカレンダーに表示されます。

期日および期日後の送信

インストラクタは新しい設定を使用して、期日を過ぎた後に受講者がテストを受けることができるかどうかを決定できます。チェックボックスをオンにした場合、期日が過ぎると受講者に対して、期日が過ぎたためにテストを完了できないことを伝えるメッセージが表示されます。

期日後の送信を許可している場合、[要採点]ページ、[全結果の表示]ページ、[テストの送信の確認]ページ、および[成績の詳細]ページで明確にマークされます。

テスト結果とフィードバックを受講者に表示 受講者はテストの完了後に、結果およびフィードバックを入手できます。結果およびフィードバックの表示ルールを最大2つ設定します。ルール内で競合が生じた場合は、そのユーザーまたはユーザーグループに対する最も許容度の高い設定が適用されます。たとえば、受講者には最大の試行回数、最長の時間などが適用されます。
  • いつ:適切なテスト結果とフィードバックを受講者に表示するタイミングを設定します。送信後、1度だけ表示、特定の日付、期日後、アクセス設定の終了日後、試行の採点後。
  • 得点:受講者が満点のうち獲得した点数が表示されます。
  • すべての解答:すべての解答オプションが表示されます。
  • 正解:正解が表示されます。
  • 送信済み:受講者の送信済みの解答がすべて表示されます。
  • フィードバック:インストラクタが各質問に対して作成したフィードバックメッセージが表示されます。
  • 不正解の質問を表示:不正解だった質問または部分的に不正解だった質問が表示されます。

 

インストラクタが、[送信後]、[得点]、[すべての解答]、[正解]、[送信済み]、[フィードバック]、および[不正解の質問を表示]を選択します。受講者には、自分の得点とすべての解答オプションが表示されます。また、正解または不正解がマークされた送信済みの解答と、インストラクタが提供したフィードバックも表示されます。

 

受講者が別のときにテストを受ける場合、すべての受講者がテストを完了するまで、利用可能なフィードバックの量を制限することを選択できます。

最初にテストを導入するときに、[得点]のみの表示を選択できます。すべての受講者がテストを受けた後で、テストオプションを編集して詳細を表示します。連絡事項を作成して、追加のフィードバックが利用可能になったことを受講者に通知することができます。受講者は、テストに戻って追加のフィードバックを参照できます。

利用不可テストとアンケートについて

利用不可アセスメントと削除されたアセスメントの違い:

  • 削除されたアセスメントはコースから削除されています。アセスメントを削除してしまうと、元に戻せません。
  • 利用不可アセスメントの場合、コンテンツエリアに導入されますが、受講者にリンクは表示されません。[コントロールパネル]の[コースツール]>[テスト、アンケート、およびプール]からアセスメントにアクセスできます。

アセスメントのアクセス設定は、[テストオプション]ページまたは[アンケートオプション]ページで管理します。[以降に表示]と[まで表示]の日付と時刻を指定して、アセスメントの利用を特定の期間に制限します。アセスメントへのリンクが利用可能で、日付が設定されていなければ、アセスメントは直ちに、そして常時利用可能となります。

自己査定オプションの使用

デフォルトでは、導入されたテストは成績センタの計算には含められます。しかし、成績センタの計算に影響を与えずに、復習または練習目的で受講者にテストを受けることを許可することができます。

成績センタで受講者の得点を非表示にすることで、テストを自己査定に変えることができます。これにより、受講者は総得点に影響を与える得点に関してプレッシャーを感じずに、テストを受けて学習を強化できます。[テスト結果とフィードバックを受講生に表示]セクションで適切なオプションを選択することで、受講者はテストの結果を確認できるようになります。すべてのオプションが選択されている場合は、自分が選択した解答とどの解答が正しいかが受講者に表示されます。

自己査定オプション
オプション 説明
成績センタの得点計算にこのテストを含める 成績センタの計算にこのテストを含めるには、このオプションを選択します。テストが含まれていないと、得点はどの成績センタの計算にも反映されません。
このテストの結果をインストラクタおよび成績センタに対して完全に非表示にする インストラクタに対してこのテストの得点を非表示にし、成績センタの計算から除外するには、このオプションを選択します。成績センタには[完了/未完了]と表示され、[成績の詳細]ページにN/Aまたはゼロが表示されます。質問に対する受講者の解答を参照することはできません。受講者は自分の得点を表示できます。

このオプションを選択すると、成績センタで列情報を編集するときに[成績センタの計算にこの列を含める]と[受講者の成績表のこの列に統計(平均および中央値)を表示]が利用不可になります。

アンケートフィードバックの編集

アンケートを導入すると、[アンケートオプション]ページには2つのフィードバックオプションが表示されます。[アンケートフィードバック]オプションでは、アンケートを送信した後で受講者が受け取る結果のタイプを決定します。1つまたは両方のオプションを選択できます。

フィードバックモード
フィードバックモード 説明
ステータス アンケートが完了しているかどうかが受講者に表示されます。
送信済みの回答 受講者が自分で送信した回答を確認できます。

テストプレゼンテーションの編集

次の表では、テストおよびアンケートの質問を提示するオプションについて説明します。

質問のオプション
オプション 説明
一度にすべて アセスメント全体を1画面に表示します。受講者はすべての質問をスクロールして、質問間を上下に移動できます。これを選択した場合は、[トラックバック禁止]を選択できません。
一度に1つ 一度に1つの質問を表示します。画面には、質問を移動するためのナビゲーションツールがあります。[送信]機能は、アセスメントの最後のページにだけあります。[トラックバック禁止]および[ランダムな質問]を選択することもできます。
トラックバック禁止 受講者がすでに回答済みの問題に戻ることを禁止します。トラックバックが許可されていない場合、質問は一度に1つずつ提示されます。テストまたはアンケート中、<<、<、>>の機能はユーザーに表示されません。
質問のランダム化 アセスメントを取得するたびに、質問がランダムな順序で表示されます。テストキャンバスに表示される質問番号を含める場合、このオプションを使用しないでください。順序がランダムになり、質問の番号が変更されます。