メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

SafeAssign

SafeAssignを使用することによって、盗作を防止し、言い換えをするのではなく、出典を適切に示す方法を確認する機会を受講者に提供します。SafeAssignは、抑止するだけでなく教育的であるため、効率的なツールです。

SafeAssignでは、送信された課題と一連の学術研究論文とを比較し、送信された課題と既存の研究作品の重複する領域を識別します。

SafeAssignは、ペーパーと教材の間で完全な一致と不完全な一致を検出できる固有のテキスト一致アルゴリズムに基づいています。SafeAssignmentsは以下に示す複数の異なるデータベースと比較されます。

  • インターネット:インターネット上で一般公開されている文書の総合索引。
  • ProQuest ABI/Informデータベース:1990年から現在までの1,100以上の出版物のタイトルと約260万の記事が含まれており、毎週更新されます(排他的アクセス)。
  • 教育機関の文書アーカイブ:それぞれの教育機関のユーザーによってSafeAssignに送信されたすべての資料が含まれています。
  • グローバル参照データベース:複数の教育機関にまたがる盗作を防止するために、Blackboardのクライアント教育機関の受講者によって自発的に提供されたペーパーが含まれています。

管理者の立場から見たSafeAssignの詳細については、「管理者向けのSafeAssignの説明」を参照してください。受講者の立場から見たSafeAssignの詳細については、「受講者向けのSafeAssignの説明」を参照してください。

グローバル参照データベース

Blackboardのグローバル参照データベースは、盗作を防止するために受講者から自発的に提供されたペーパーのコピーを格納する独立データベースです。このデータベースは、各教育機関がすべてのペーパーを保存している内部データベースとは別に存在します。受講者は、グローバル参照データベースに送信しないで、自分のペーパーをチェックするというオプションも自由に選択できます。受講者はペーパーをデータベースに自発的に送信し、将来的にペーパーを削除しないことに同意します。グローバル参照データベースへの送信は、盗作の防止を目的として自発的に提供される追加のコピーです。Blackboardは、送信されたペーパーの所有権を主張しません。

SafeAssignオリジナリティレポート

ペーパーが処理されると、送信されたペーパーのテキストが既存のソースと一致するパーセンテージの詳細を記載したレポートが生成されます。また、送信されたペーパーが一致を返す場合には、各セクションについて疑わしいソースを表示します。インストラクタは、レポートから一致するソースを削除して再度処理することができます。これは、ペーパーが同じ受講者によって以前に送信された作業の続きである場合に役立ちます。

レポートを慎重に確認し、テキストの各ブロックの出典が適切に示されているかどうかを調査してください。詳細については、「SafeAssignオリジナリティレポート」を参照してください。

成績センタの統合

SafeAssignmentを作成すると、成績センタ内に成績列が自動的に作成されます。SafeAssignmentの採点の準備が整うと、成績センタのセルに感嘆符が表示されます。成績センタからSafeAssignmentを採点するか、[要採点]ページからアクセスします。詳細については、「提出物の管理と採点」を参照してください。

SafeAssignmentと標準的な課題の比較

SafeAssignmentツールと課題ツールは完全に分かれています。どちらのツールも個々の受講者に作業を配分できますが、それぞれが使える機能には大きな違いがいくつかあります。

SafeAssignmentと標準的な課題の比較
  SafeAssignment 標準的な課題
成績センタの統合 チェックマーク チェックマーク
期日 チェックマーク チェックマーク
SafeAssignレポート チェックマーク
添付ファイル(インストラクタ)   チェックマーク
複数試行   チェックマーク
匿名採点   チェックマーク
インライン採点   チェックマーク
グループへの割り当て   チェックマーク
ルーブリック   チェックマーク