メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

課題の採点

課題を作成すると、成績センタに1列が自動的に追加されます。送信済みの課題で未採点のものは、感嘆符(要採点アイコン)で示されます。

受講者が提出した採点が必要な課題は、以下からアクセスすることができます。

  • 要採点]ページ

    -または-

  • 成績センタ

採点方式に従って、1つの課題結果へのアクセスと採点、1つの課題のすべての提出物の表示、または採点が必要な提出物があるすべての課題の表示を行うことができます。

提出された課題に[要採点]ページからアクセスする方法

多数の受講者が登録し、多数の採点可能な項目があるコースでは、最初に採点が必要な課題の判別に[要採点]ページが役立ちます。たとえば、提出日でソートすることによって、最初の提出者に最初にフィードバックを提供することができます。

要採点]ページにアクセスするには

  1. コントロールパネル]で、[成績センタ]セクションを展開します。
  2. 要採点]を選択します。採点する項目の合計数が[要採点]ページに表示されます。

結果のフィルタリングおよびソートを行うには

  1. フィルタ]ドロップダウンリストを使用して、採点する項目のリストを[カテゴリ]、[項目]、[ユーザー]、[送信日]で絞り込みます。たとえば、[カテゴリ]と[ユーザー]ドロップダウンリストの両方で選択して、特定のユーザーが送信した課題を表示します。
  2. 移動]をクリックします。フィルタリングされた項目が[要採点]ページに表示されます。
  3. 列ヘッダーまたはキャレットをクリックして、課題をソートします。たとえば、[項目名]で課題をソートします。
  4. 操作バーの[すべて採点]をクリックすると、課題の結果の採点が開始されます。
  5. フィルタリングされた課題の結果は、[要採点]ページでソートおよびフィルタリングされた順序に従って[課題の採点]ページに表示されます。

詳細については、「[要採点]ページについて」を参照してください。

提出された課題に成績センタからアクセスする方法

成績センタには、採点可能なすべての項目が表示されます。項目数によって、採点作業のための時間の計画方法に影響が生じることがあります。また、採点する際に受講者の以前の成績を表示すると便利な場合もあります。

成績センタにアクセスするには

  1. コントロールパネル]で、[成績センタ]セクションを展開します。
  2. 成績センタ全体]または[課題]のスマートビューを選択して、課題列にアクセスします。

単一の課題結果を採点するには

  1. 受講者の課題で感嘆符が付けられたセルを特定します。
  2. セルのコンテキストメニューにアクセスし、[結果]を選択します。
  3. 課題の採点]ページが表示されます。

特定の課題に関するすべての提出物を採点するには

  1. 課題列のコンテキストメニューにアクセスします。
  2. 結果の採点]をクリックします。
  3. 課題の採点]ページが表示されます。

[課題の採点]ページについて

課題の採点]ページは、[要採点]ページまたは成績センタからアクセスします。インストラクタは、ユーザーと結果の間の移動、ルーブリックの表示、匿名での採点、および課題に関する情報の表示を行えます。

課題の採点]ページから移動することなく、受講者が送信した課題ファイルの表示、コメント、採点を行うことができます。課題で送信されてきた文書を表示するときに、文書はWebブラウザ内で閲覧可能な形式に変換されます。サポートされている変換可能な文書タイプは、Word(DOC、DOCX)、PowerPoint(PPT、PPTX)、Excel(XLS、XLSX)、およびPDF(PDF)です。変換済み文書は、[課題の採点]ページのビューアに表示されます。元の文書の書式設定および埋め込み画像は、変換の際に維持されます。

コンテンツエディタで作成した課題の提出物は、インライン採点とは互換性がありません。このタイプの提出物もウィンドウに表示されますが、注釈は利用できません。

  1. レビューやコメントは、文書内で直接行ってください。
  2. インラインビューアのツールバーからは、文書の内容の拡大と縮小、注釈ツールメニューを開いて文書へのコメント、文書のダウンロード、およびページ間の移動を行うことができます。
  3. 課題の手順を展開します。担当インストラクタが課題の目標を設定している場合、課題の指示で確認できます。
  4. インライン採点サイドバーから提出物を採点します。ここから、課題の詳細、採点ルーブリック、各結果を表示することができます。ページから移動することなく、全体的な成績や各結果の成績を入力したり、受講者へのフィードバックを行うことができます。
  5. 操作バーで、次のことができます。
  • 結果を匿名で採点するには、[ユーザー名を非表示]をクリックします。ユーザー情報を表示するには、[ユーザー名を表示]をクリックします。
  • 別の結果の表示または採点を行うには、[ジャンプ先]をクリックし、別の結果を選択します。
  • 複数の結果間を移動します。
  • ページを[更新]します。

[課題の採点]ページのインライン注釈ツールの使用方法

インラインビューアに表示するためにアップロードおよび変換されたファイルは、ブラウザ内で直接注釈を付けることができます。

注釈セッションは1時間後に期限が切れます。ドキュメントに注釈をつけるのに1時間以上かかった場合、そのセッションの期限切れ後に追加された注釈は保存されません。

インラインビューアのツールバーで[コメント]をクリックして注釈ツールを展開します。注釈ツールを選択し、文書内でコメント、編集、強調表示、描画を行います。注釈を右クリックして削除します。

インラインビューアのツールバーボタン
ボタン 説明
縮小 縮小ファイルのコンテンツを縮小表示します。このボタンは、受講者が提出物を確認する際にも使用できます。
拡大 拡大。ファイルのコンテンツを拡大表示します。このボタンは、受講者が提出物を確認する際にも使用できます。
コメント 注釈ツールのリストを展開します。
ダウンロード ファイルのコピーをダウンロードします。注釈が付けられている場合は、オリジナルフォーマットでのダウンロードか、または注釈が含まれるPDF版のダウンロードを選択できます。このボタンは、受講者が提出物を確認する際にも使用できます。
戻る 前のページに戻ります。このボタンは、受講者が提出物を確認する際にも使用できます。
進む 次のページに移動します。このボタンは、受講者が提出物を確認する際にも使用できます。
二重矢印 注釈をすべて表示します。
ポイントコメント 文書内の特定のポイントに対してコメントを追加します。 
エリアコメント 文書内の選択したエリアに対してコメントを追加します。 
テキストコメント 文書内の選択したテキストに対してコメントを追加します。
描画 鉛筆ツールを使用して文書内に描画します。
強調表示 文書内の選択したテキストを強調表示します。
テキストの追加 文書内にテキストを追加します。
テキストの取り消し線 文書内のテキストに取り消し線を追加します。
 

インライン採点

インライン採点サイドバーには、課題をインラインで採点するのに必要なすべてのツールが揃っています。

  1. 課題の詳細を展開し、課題のコンテンツ項目から情報を表示します。
  2. 画面を有効に活用するために、採点サイドバーは展開または折りたたみできます。
  3. ドロップダウンリストから他の結果を選択します。結果をクリックし、インラインビューアに提出物をロードしてから、結果に関連する適切なデータでサイドバーを更新します。
  4. 結果の成績を入力します。
  5. 最初に送信されたファイルをダウンロードします。1回の試行で複数のファイルが送信された場合、すべてのファイルをここで入手できます。
  6. ルーブリックおよびコメントのフィールドを展開します。
    • 課題に関連付けられた採点ルーブリックを使用します。
    • 受講者にフィードバックとして表示されない非公開のメモを追加できます。
    • 受講者に表示されるフィードバックを入力し、ファイルを添付します。フィードバックフィールドを展開すると、コンテンツエディタの全機能を利用することができます。

サポートされている形式

サポートされている変換可能な文書タイプは、Word(DOC、DOCX)、PowerPoint(PPT、PPTX)、Excel(XLS、XLSX)、およびPDF(PDF)です。

インライン課題採点は、提出済みファイルでのみ使用可能です。コンテンツエディタを使用して作成したコンテンツには使用できません。

変換済み文書は[課題の採点]ページのビューアに表示されます。元の文書の書式設定および埋め込み画像は、変換の際に維持されます。

このビューアは、Firefox、Chrome、Safari、およびInternet Explorerの現行バージョンでサポートされています。プラグインや他のアプリケーションは必要ありません。

インラインビューアがサポートしていない形式のファイルを受講者がアップロードした場合、ファイルのダウンロードを求めるメッセージが表示されます。インラインビューアは表示されません。

インライン課題採点とCrocodoc

インラインビューアは、Crocodocというサードパーティ製のクラウドベース技術を使用しています。

受講者のファイル提出物は、通常どおり、インストラクタのLearnインスタンスに保存されます。提出物のコピーは、Crocodocクラウドサービスに送信され、変換されます。文書の変換バージョンは、Crocodocが管理するサーバー上のクラウドに保存されます。

受講者に関する個人識別データは、Crocodocに送信されません。Learnは、Crocodocから文書IDを取得し、それを文書に割り当てます。ユーザー、コース、課題、および結果に対して割り当てられた文書IDは、Learn内でローカルに追跡されます。Crocodocは、これらのデータを一切使用できません。Crocodocに送信されるのは、変換するファイルのみです。変換後のファイルと、変換後のファイルに加えられた注釈は、Crocodocサービス内で保存されます。

課題を匿名で採点する方法

受講者の作業の公平な評価を保証するために、課題を匿名で採点することができます。たとえば、意見に基づく課題を匿名で採点することにより、受講者が自身の意見を述べる際の安心感が高まることがあります。

匿名の採点では、すべての識別情報が非表示になり、結果はランダムな順序で表示されます。それぞれの受講者には番号(受講者8など)が割り当てられます。

要採点]ページから匿名で採点するには

  1. 課題の結果のコンテキストメニューにアクセスします。
  2. 匿名での採点]を選択します。[課題の採点]ページが表示されます。

成績センタから匿名で採点するには

  1. 課題列のコンテキストメニューにアクセスします。
  2. 匿名での採点]を選択します。[課題の採点]ページが表示されます。

課題の採点]ページから匿名で採点するには

  1. 操作バーの[ユーザー名を非表示]をクリックします。
  2. ポップアップウィンドウで[OK]をクリックして、操作を確定します。採点が実行中の場合、現在処理中の結果に対する未保存の変更内容は失われます。[課題の採点]ページが更新され、すべての識別情報が非表示になります。

さらに受けられるようにする方法

受講者が課題結果の最大数を送信した後、もう一度機会を与える場合、再送信するように招待できます。

さらに受けられるようにするには

  1. 受講者の課題で感嘆符が付けられたセルを特定します。
  2. セルのコンテキストメニューにアクセスします。
  3. 成績の詳細の表示]を選択します。[成績の詳細]ページが表示されます。
  4. さらに受けられるようにする]をクリックして確認します。

    さらに受けられるようにする]機能は、受講者が課題に許容された結果の最大数をすでに送信済みの場合のみ表示されます。受講者が最大数に達するたびに、結果を再送信する機会を与え続けることができます。受講者の再送信を許可するために、以前の結果を採点する必要はありません。

    あるいは、[結果を無視]をクリックすると、その結果の得点が成績の計算から除外され、その送信は最大試行回数のカウントに含まれません。

複数の受講の採点

1つの課題に対して複数の結果を許可した場合、すべての結果が採点されるまで、受講者の成績は公開されません。

すべての結果が成績のセルのコンテキストメニューに表示されます。

課題の採点]ページで、ユーザーがいくつの結果を送信したかが操作バーの名前の横に表示されます。

結果]をクリックして他の結果にアクセスします。ルーブリックを課題に関連付けると、採点中に開いて参照することができます。

結果を選択した後、成績およびフィードバックを入力し、送信します。

複数の結果の1つが未評価の場合、感嘆符がセル内に残り、最後の採点結果とともに表示されます。

結果の採点を完了した後、セルには最後の結果の成績がデフォルトで表示されます。最後の結果の成績は[課題の採点]ページにも表示されます。

表示されている成績を、最初の結果、最も高い成績、最も低い成績、または各結果の平均に変更するには、成績センタの列のコンテキストメニューにアクセスし、[列情報の編集]を選択して、[使用する得点]ドロップダウンリストから採点する結果を選択します。[課題の編集]ページでも、使用する成績を変更できます。

成績表]には、直近に採点された課題結果の成績、またはインストラクタが[使用する得点]ドロップダウンリストで選択した内容が表示されます。後者の場合は、その項目の採点後すぐに表示されます。