メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

コースファイルへのファイルの追加

コースコンテンツを作成するときなど、複数の方法でコースファイルにファイルとフォルダを追加できます。

受講者はコースファイルにファイルをアップロードできません。コースに参加しているときにコンピュータからファイルを参照したり、ファイルを添付したりできるだけです。これらのファイルは、コースファイルに保存されません

ファイルを追加する方法

コンテンツは4つの方法で追加できます。

  • ドラッグアンドドロップ機能または参照機能を使用して、ファイルとフォルダを1つずつ、または一括して、コースファイルにアップロードします。
  • コンテンツをコースに作成したときに、ファイルをアップロードします。コンピュータから[マイコンピュータの参照]機能を使用してアップロードしたファイルはコースファイルの最上位フォルダに自動的に保存されます。
  • コースファイルでコンテンツを作成し、HTMLオブジェクトとして保存します。HTMLオブジェクトを作成するときに、ファイルをアップロードできます。
  • WebDAVを使用して、コンピュータのデスクトップから、またはWebDAV対応アプリケーションを通じて、コースファイル内のファイルを直接アップロード、編集、管理します。

ドラッグアンドドロップ機能の使用方法

ドラッグアンドドロップ機能を使用して、1つのファイル、複数のファイル、または1つ以上のフォルダをコースフォルダにアップロードできます。アップロードした後、ファイルとフォルダは必要に応じて他のフォルダに移動できます。

複数のファイルとフォルダを1回の操作でアップロードし、ドラッグアンドドロップ機能を使用するには、Javaプラグインが必要です。プラグインがないか、またはアクセス設定オプションが必要な場合は、ページ上部の[単一ファイル]を選択してファイルを参照し、1つずつアップロードします。

  1. ファイルのアップロード先の[コースファイル]フォルダをクリックするか、ファイルを最上位フォルダにアップロードします。
  2. 操作バーで[アップロード]を選択してドロップダウンリストにアクセスします。
  3. ファイルのアップロード]を選択します。
  4. 必要に応じて、ページ上部の[複数のファイル]を選択します。[複数のファイルおよびフォルダのアップロード]ページが表示されます。
  5. コンピュータで、アップロードするファイルとフォルダが格納されているフォルダを開きます。[複数のファイルおよびフォルダのアップロード]ページの横にフォルダを置きます。
  6. Windowsでは、リスト内の複数のファイルやフォルダを選択するには[SHIFT]キーを押し、最初の項目と最後の項目をクリックします。連続していないファイルやフォルダを選択するには、[Ctrl]キーを押したまま各項目をクリックします。Macの場合は[CTRL]キーの代わりに[COMMAND]キーを押します。
  7. ファイルを選択して[複数のファイルおよびフォルダのアップロード]ページのアップロードボックスにドラッグします。既存のファイルと同じ名前のファイルをアップロードしようとすると、現在のファイルを上書きするという通知が表示されます。
  8. ファイルとフォルダがアップロードボックスに表示されます。必要に応じて、コンピュータからのファイルとフォルダの追加を続行します。[サイズ]列の下部にある、アップロードの準備ができたファイルの合計サイズを表示します。リスト内のファイルを削除するには、[削除]列の[X]をクリックします。

    フォルダのコンテンツはアップロードリストに個別に表示されますが、アップロード後は、親フォルダ内に格納されます。

  9. 送信]をクリックします。ステータスバーにアップロードの進行状況が表示されます。
  10. アップロードが正常に完了しました。]というメッセージが表示され、各ファイルの[ステータス]列にチェックマークが表示されます。しばらくすると、ファイルとフォルダがコースファイル内の選択したフォルダに表示されます。

参照機能の使用方法

参照機能を使用して、1つのファイル、複数のファイル、または1つ以上のフォルダをコースファイルにアップロードできます。アップロードした後、ファイルとフォルダは必要に応じて他のフォルダに移動できます。

複数のファイルとフォルダを1回の操作でアップロードし、参照機能を使用するには、Javaプラグインが必要です。プラグインがないか、またはアクセス設定オプションが必要な場合は、ページ上部の[単一ファイル]を選択してファイルを参照し、1つずつアップロードします。

フォルダのコンテンツはアップロードリストに個別に表示されますが、アップロード後は、親フォルダ内に格納されます。

  1. ファイルのアップロード先の[コースファイル]フォルダをクリックするか、ファイルを最上位フォルダにアップロードします。
  2. 操作バーで[アップロード]を選択してドロップダウンリストにアクセスします。
  3. ファイルのアップロード]を選択します。
  4. 必要に応じて、ページ上部の[複数のファイル]を選択します。[複数のファイルおよびフォルダのアップロード]ページが表示されます。
  5. 複数のファイルおよびフォルダのアップロード]ページで、[参照]をクリックし、アップロードするファイルおよびフォルダが格納されているコンピュータ上のフォルダを開きます。
  6. Windowsでは、リスト内の複数のファイルやフォルダを選択するには[SHIFT]キーを押し、最初の項目と最後の項目をクリックします。連続していないファイルやフォルダを選択するには、[Ctrl]キーを押したまま各項目をクリックします。Macの場合は[CTRL]キーの代わりに[COMMAND]キーを押します。[開く]をクリックします。既存のファイルと同じ名前のファイルをアップロードしようとすると、現在のファイルを上書きするという通知が表示されます。
  7. ファイルとフォルダがアップロードボックスに表示されます。必要に応じて、コンピュータからのファイルとフォルダの追加を続行します。[サイズ]列の下部にある、アップロードの準備ができたファイルの合計サイズを表示します。リスト内のファイルを削除するには、[削除]列の[X]をクリックします。
  8. 送信]をクリックします。ステータスバーにアップロードの進行状況が表示されます。
  9. アップロードが正常に完了しました。]というメッセージが表示され、各ファイルの[ステータス]列にチェックマークが表示されます。しばらくすると、ファイルとフォルダがコースファイル内の選択したフォルダに表示されます。

マイコンピュータの参照機能の使用方法

コースにコンテンツを作成すると、コンピュータ上のファイルを参照したり、リンクしたりできます。[マイコンピュータの参照]機能を使用してアップロードしたファイルは、[コースファイル]の最上位フォルダに保存されます。ファイルをアップロードするときに別のフォルダを選択するオプションはありません。デフォルトでは、この方法でコースにアップロードしたファイルには読み取り権が割り当てられ、登録しているすべてのユーザーに表示されます。受講者がコンピュータからファイルをアップロードした場合、ファイルはコースファイルに保存されません

アップロードしたファイルの名前が最上位フォルダにあるファイルと同じ場合、新しいファイルの名前の後に数字が追加されて保存されます。たとえば、course_assignment.doccourse_assignment(1).docになります。

Wikiページを作成するときなど、コースにアップロードされた一部のファイルはコースファイルに保存されません。すべてのリストは、「コースファイルに自動的に追加されたファイルについて」を参照してください。

以下の手順で、ファイルがコンテンツエリアのコンテンツ項目にアップロードされます。[マイコンピュータの参照]の手順は、他のコース領域、または掲示板や連絡事項などのツールで使用する場合と同じです。

  1. 項目の作成]ページの[添付ファイル]セクションで、マイコンピュータの参照]をクリックし、コンピュータ上のファイルを検索します。ファイル名が[名前]列に表示されます。
  2. ファイル名がコースに表示されないように、[リンクタイトル]を入力します。

    添付しない]をクリックし、選択したファイルを削除します。

コンテンツエディタ機能を使用したファイルの添付

または、コンテンツエディタ機能を利用してファイルへのリンクを作成することもできます。コンテンツエディタを使用してアップロードしたファイルは、コースファイルの最上位フォルダに保存されます。コンテンツエディタを使用してファイルへのリンクを作成すると、ファイルのリンクがその他のテキストと関連してどこに表示されるかをより詳しく制御できます。同様に、[新しいウィンドウで開く]オプションを選択し、代替テキストを指定することもできます。たとえば、画像を添付する場合、新しいウィンドウで画像を開くことができます。その場合、ユーザーは他のコースコンテンツと一緒に画像を表示できます。代替テキストは、ユーザーがリンクの上にマウスを移動させると表示され、スクリーンリーダーで読み取られます。この選択内容は[項目の作成]ページの[添付ファイル]では使用できません。

コンテンツ項目にアップロードされたファイルはコンテンツエリア内にリンクとして表示され、最上位フォルダのコースファイルに保存されています。ファイルをコースフォルダ内の別のフォルダにファイルを移動できます。これによって、コース内のリンクは破損しません。

コースファイル内のzipで圧縮したファイルのアップロード方法

ファイルやフォルダをzipパッケージに圧縮して、コースファイルにアップロードできます。zipで圧縮したファイルをアップロードして、フォルダ構造とリンクを保持したままコンテンツを解凍するか、ファイルを圧縮したままにすることができます。

始める前に

カスケーディングスタイルシート(CSS)を含めた、ファイルのコレクションまたは授業全体を作成して、コンピュータからコースファイルにアップロードできます。

ファイルの解凍

ナビゲーション、画像、Webリンク、および文書を使用して相互に関連付けられた複数のページを持つ授業を作成できます。コンテンツをzipでパッケージに圧縮し、[パッケージのアップロード]オプションを使用してzipで圧縮したパッケージをコースファイルにアップロードできます。zipで圧縮したパッケージをこのようにしてアップロードすると、システムによってコンテンツが自動的に解凍されます。コースにコンテンツを作成するときに、スタートページを選択して、解凍されていないパッケージへのリンクを作成できます。コース内で、受講者がスタートページのリンクをクリックし、授業を表示します。zipで圧縮した新しいファイルを削除してアップロードしなくても、授業のコンテンツのどの部分も編集でき、編集したファイルは上書きできます。コース内のすべてのリンクは変更されません。

ファイルは変更されない

受講者がプレゼンテーションで使用できるように複数の画像を追加する場合、[ファイルのアップロード]オプションを使用してzipで圧縮したパッケージをコースファイルにアップロードします。ファイルはzipで圧縮されたままになります。コースにコンテンツを作成するときに、zipで圧縮したファイルへのリンクを作成できます。コースで受講者はzipで圧縮したファイルへのリンクをクリックしてコンピュータにダウンロードし、パッケージを解凍して、コンテンツを利用できるようにします。

  1. 必要に応じて、[コースファイル]に、解凍したパッケージのコンテンツ用のフォルダを作成します。多くのファイルやフォルダが格納されたパッケージを解凍する際、フォルダにコンテンツを含めると役に立つ場合があります。詳細については、「コースファイル内のフォルダの作成と編集」を参照してください。
  2. 新しいフォルダの名前をクリックします。
  3. 操作バーで[アップロード]を選択してドロップダウンリストにアクセスします。
  4. パッケージのアップロード]を選択します。[ファイルのアップロード]を選択して、ファイルをzipされたままにします。
  5. コンピュータからファイルを検索するには、[参照]をクリックします。
  6. 送信]をクリックします。zipで圧縮されたパッケージは選択されたフォルダで解凍されます。

コンテンツエリアの[コンテンツの構築]ドロップダウンリストから、[ファイル]を選択し、[コースの参照]機能を使用して解凍したコンテンツのスタートページを検索します。受講者は、授業のスタートページのリンクをクリックすると授業のコンテンツを順番に、すべてのリンクを保持したまま表示できます。スタートページのリンク名を変更し、パッケージを解除されたzipのファイルやフォルダのアクセス権を管理できます。

この例では、最初のページは「開始ページ」という名前が付けられています。

説明または手順が必要であるのに、タイトルではその意味を伝達できない場合、ファイルではなく項目コンテンツタイプを作成できます。項目の作成時に、コンテンツエディタでファイルの添付機能を使用してスタートページを選択すると、[新しいウィンドウで開く]オプションを選択できます。

必要に応じて、1つ以上のファイルを編集できますが、zipで圧縮した新しいファイルをアップロードする必要も、スタートページを選択する必要もありません。更新が必要な個々のファイルを編集して、コースファイル内で上書きします。変更内容がコース領域に表示され、リンクは破損しません。詳細については、「コースファイル内のファイルの上書き方法」を参照してください。

HTMLオブジェクトを作成する方法

コンテンツエディタを使用してコースファイル内に新しい項目を作成することができます。これらの項目はHTMLオブジェクトと呼ばれます。HTMLオブジェクトは再利用可能なコンテンツの一種です。教育機関にContent Managementのライセンスが付与されている場合は、別のタイプの再利用可能なコンテンツを作成することもできます。

操作バーの[HTMLオブジェクトの作成]機能を使用してコースファイル内にHTMLオブジェクトを作成します。コンテンツエディタの機能を使用して、テキストの書式設定、およびファイル、画像、Webリンク、マルチメディア、マッシュアップのHTMLオブジェクトへの追加ができます。HTMLオブジェクトをファイル添付としてコースの1つまたは複数の場所にリンクできます。必要に応じて、コースファイル保存されているHTMLオブジェクトを変更でき、コース内でHTMLオブジェクトがリンクされているすべてのインスタンスに変更が反映されます。

この機能を使用できない場合には、教育機関がこの機能を無効化している可能性があります。

  1. HTMLオブジェクトの作成先の[コースファイル]フォルダをクリックするか、HTMLオブジェクトを最上位フォルダに作成します。
  2. 操作バーで[HTMLオブジェクトの作成]をクリックします。
  3. 再利用可能なオブジェクトの作成]ページで、[名前]を入力します。これがコースファイルでのファイル名になります。
  4. コンテンツ]ボックスに情報を入力します。オプションで、コンテンツエディタの機能を使用してテキストの書式を設定し、ファイル、画像、Webリンク、マルチメディア、およびマッシュアップを追加します。コンピュータからアップロードしたファイルはすべて、[コースファイル]の最上位フォルダに保存されます。
  5. 送信]をクリックします。HTMLオブジェクトはコースファイル内の選択したフォルダに表示されます。システムは.html拡張子をコースファイルのHTMLオブジェクトファイル名に追加します。

HTMLオブジェクトは、リンクされているコースから削除しても、コースファイルからは削除されません。コース内のHTMLオブジェクトへのリンクは削除されます。HTMLオブジェクトをコースから完全に削除するには、コースファイルから削除する必要があります。ファイルがコース内でリンクされている場合、削除によってリンクが破損するという警告メッセージが表示されます。削除をキャンセルし、[360度表示レポート]を表示することで、ファイルのリンク箇所を確認してから削除を続行できます。詳細については、「コースファイル内のファイルのコースリンクの表示方法」を参照してください。

HTMLオブジェクトの編集方法

コースファイル保存されているHTMLオブジェクトを変更でき、コース内でHTMLオブジェクトがリンクされているすべてのインスタンスに変更が反映されます。

  1. [コースファイル]で、HTMLオブジェクトのコンテキストメニューにアクセスします。
  2. 再利用可能オブジェクトコンテンツの上書き]を選択します。
  3. 再利用可能なオブジェクトの編集]ページで必要な変更を行います。
  4. 送信]をクリックします。

Webフォルダ(WebDAV)について

WebDAVを使用すると、インターネット上でファイルを共有できます。WebDAVはほとんどのオペレーティングシステムと互換性があります。Blackboard Learnで使用する場合は、他のネットワークドライブやコンピュータ上のフォルダと同じように、コースファイルのコンテンツをアップロードしたり、コンテンツにアクセスしたりするための手段としてWebDAVを使用できます。

WebDAV(またはWebフォルダ)が設定されている場合、必要に応じて複数のドライブおよびフォルダからコンテンツをドラッグし、整理することにより、担当コースのすべてのファイルをローカルコンピュータから管理できます。

Macを使用する場合は、Webフォルダではなく、共有場所を設定します。

フォルダ構造を目で確認して移動できるため、Webフォルダ内のファイルおよびフォルダに対してその他の機能も実行できます。さらに、Webフォルダ内のファイルを直接編集することもできます。ファイルのダウンロード、編集、および再アップロードを行う必要はありません。HTMLファイルが含まれている9.1より前のコンテンツを移動したユーザーについては、Webフォルダを使用してファイルにアクセスし、選択したプログラム内で編集を行うことができます。

多くのユーザーはWebDAVの使用に慣れており、ファイル管理にこの方法を引き続き使用することを希望します。

この機能を使用できない場合には、教育機関がこの機能を無効化している可能性があります。

Webフォルダ/共有場所の操作

WebDAVをコースファイルで使用して、ファイルとフォルダに対して以下の操作を実行できます。

  • ファイルおよびフォルダのアップロード
  • コースファイル内のフォルダのコンテンツの参照
  • Microsoft® Wordファイルなどのファイルのオープン、表示、編集
  • フォルダの作成
  • ファイルおよびフォルダの移動、コピー、名前の変更、削除

WebフォルダをWindows©で設定する方法

Webフォルダに接続するには、コースファイルフォルダのWebアドレス、有効なユーザー名、およびパスワードを使用します。

  1. コースファイルで、最上位のフォルダの操作バーの[Webフォルダの設定]をクリックします。この場所から開始すると、WebDAVはコースファイル内のすべてのフォルダにアクセスします。コースファイル内の任意のフォルダを選択できます。ただし、Webフォルダのパスは240文字未満でなければなりません。選択した各フォルダはアドレスが異なっています。
  2. Webフォルダの使用]ページで右クリックし、[現在のWebアドレス]に表示されるURLをコピーします。アドレスは、後の手順で貼り付けます。
  3. Windowsの[スタート]メニューで、[ドキュメント]>[マイドキュメント]を選択します。左のフレームで[マイネットワーク]を選択します。
  4. ネットワークタスク]メニューから[ネットワークプレースを追加する]を選択します。
  5. ネットワークプレースの追加ウィザードで、[別のネットワークの場所を選択]を選択してショートカットを作成します。
  6. 前の手順でコピーしたWebフォルダのURLを貼り付けて、[次へ]をクリックします。
  7. プロンプトが表示された場合は、Blackboard Learnユーザー名とパスワードを入力します。ネットワークプレースの名前を入力して、[次へ]をクリックします。[完了]をクリックしてウィザードを終了します。ユーザー名およびパスワードを指定するプロンプトが表示されます。
  8. Webフォルダが開き、コースファイルフォルダ内のファイルおよびフォルダが表示されます。ファイルまたはフォルダをアップロードする適切なフォルダを特定します。転送するファイルおよびフォルダが含まれるローカルコンピュータ上のフォルダを特定します。
  9. ローカルフォルダおよびWebフォルダを開き、ドラッグアンドドロップ機能を使用して、これらのフォルダ間で1つ以上のファイルおよびフォルダを移動します。ファイルをクリックして押したまま、移動先のフォルダにドラッグします。マウスボタンを放すと、フォルダにドロップされます。Webフォルダにドラッグされたファイルおよびフォルダは、コースファイルにコピーされます。また、Webフォルダのファイルおよびフォルダをローカルコンピュータにコピーすることもできます。または、ドラッグアンドドロップ機能ではなくコピーアンドペーストを使用します。
  10. コースファイルで、操作バーの[最新の情報に更新]をクリックして、アップロードしたファイルを表示します。

すべてのファイルおよびフォルダをコピーしたら、Webフォルダの接続を切断します。切断しない場合は、コンピュータをシャットダウンするまでサーバーの接続が維持されます。他のユーザーも使用するコンピュータの場合、他のユーザーがコースファイル内のすべてにアクセス可能になります。

このWebフォルダを後で使用する場合は、[マイネットワーク]にアクセスし、作成したWebフォルダのショートカットを選択します。

Mac OS©用の共有場所を設定する方法

Mac用の共有場所と呼ばれるWebフォルダに接続するには、[コースファイル]フォルダのWebアドレス、有効なユーザー名、およびパスワードを使用します。

貼り付けたアドレスの横にあるプラス記号をクリックして、このアドレスを[お気に入りのサーバー]に追加します。このアドレスを選択することができ、毎回コピーする必要がありません。この共有場所に後で接続する場合は、手順3から開始します。

  1. コースファイルで、最上位のフォルダの操作バーの[共有場所の設定]をクリックします。この場所から開始すると、WebDAVはコースファイル内のすべてのフォルダにアクセスします。コースファイル内の任意のフォルダを選択できます。ただし、共有場所のパスは240文字未満でなければなりません。選択した各フォルダはアドレスが異なっています。
  2. 共有場所の使用]ページで右クリックし、現在のWebアドレスとして表示されるURLをコピーします。アドレスは、後の手順で貼り付けます。
  3. Finderバーで[移動]>[サーバーに接続]を選択します。
  4. サーバーに接続]ウィンドウで、コピーしたURLを[サーバーアドレス]ボックスに貼り付けます。接続をクリックします。
  5. WebDAVファイルシステムの認証]ウィンドウが表示される場合は、Blackboard Learnログインユーザー名とパスワードを入力します。[OK]をクリックします。
  6. 共有場所に接続すると、Macネットワークアイコンがデスクトップに表示されます。アイコンをダブルクリックすると、共有場所が開きます。共有場所に、[コースファイル]フォルダ内のファイルおよびフォルダが表示されます。ファイルまたはフォルダをアップロードする適切なフォルダを特定します。
  7. 転送するファイルおよびフォルダが含まれるローカルコンピュータ上のフォルダを特定します。
  8. ローカルフォルダおよび共有場所を開き、ドラッグアンドドロップ機能を使用して、これらのフォルダ間でファイルおよびフォルダを1つ以上移動します。ファイルをクリックして押したまま、移動先のフォルダにドラッグします。マウスボタンを放すと、フォルダにドロップされます。共有場所にドラッグされたファイルおよびフォルダは、[コースファイル]にコピーされます。また、共有場所のファイルおよびフォルダをローカルコンピュータにコピーすることもできます。または、ドラッグアンドドロップ機能ではなくコピーアンドペーストを使用します。
  9. コースファイルで、操作バーの[最新の情報に更新]をクリックして、アップロードしたファイルを表示します。

共有場所を使用した後、一部のファイルが"._"または".DS Store"で始まる重複したファイル名で表示されることがあります。それらのファイルは、コースファイルから安全に削除できます。

ファイルおよびフォルダのコピーがすべて完了したら、ウィンドウを閉じ、Macネットワークアイコンをごみ箱にドラッグして、共有場所の接続を切断します。切断しない場合は、コンピュータをシャットダウンするまでアイコンおよびサーバー接続が維持されます。他のユーザーも使用するコンピュータの場合、他のユーザーがコースファイル内のすべてにアクセス可能になります。