メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

バーチャルクラスルーム

バーチャルクラスルーム環境には、共有ホワイトボード、グループブラウザ、質問と回答ボックス、およびコース内の移動に使用できるマップが含まれます。セッションモデレータは、バーチャルクラスルームでユーザーがアクセスできるツールを設定します。

バーチャルクラスルームにアクセスする方法

  1. コントロールパネル]で[コースツール]セクションを展開し、[コラボレーション]を選択します。
  2. バーチャルクラスルームのコンテキストメニューにアクセスし、[参加]を選択します。

バーチャルクラスルーム領域の使用

次の表に、バーチャルクラスルームの領域の詳細を示します。

バーチャルクラスルーム領域
領域 機能
メニューバー セッションモデレータが、バーチャルクラスルームを制御できます。たとえば、参加管理、ブレークアウトセッション監視、またセッション終了などを実行できます。
クラスルームツールボックス バーチャルクラスルームのセッション中に使用されるすべてのツールがあります。Webサイトの検索、質問と回答、ホワイトボードの使用、コースメニューへのアクセスなどを実行できます。
チャット 参加者は、メッセージの作成、質問するための挙手、およびプライベートメッセージの送信を実行できます。詳細については、「チャット」を参照してください。

バーチャルクラスルームのメニューバー

バーチャルクラスルームのメニューバーには、アクセスの制御、個人メッセージの表示オプションの設定、ブレークアウトセッションの作成など、多くの機能があります。

  • 表示:チャット領域内でプライベートメッセージを表示するには、[行に表示]を選択します。別のウィンドウでプライベートメッセージを表示するには、[別のフレームに表示]を選択します。
  • コントロール:パッシブユーザーとアクティブユーザーにツールへのアクセス権を付与するには、このチェックボックスをオンにします。このチェックボックスをオフにすると、ツールへのアクセス権が削除されます。
  • クリア:現在表示されているチャット表示をクリアします。セッションを記録している場合、記録済みのチャットテキストには影響しません。
  • 終了:セッションを終了し、全ユーザーを強制退室させます。この操作は取り消せません。
  • ブレークアウト:ブレークアウトセッションに参加するユーザーのチェックボックスをオンにします。ブレークアウトセッションに参加できるユーザーは、ブレークアウトセッションの作成者が選択したユーザーのみです。ブレークアウトセッションに入るユーザーは、メインのバーチャルクラスルームセッションでアクティブのままになります。ブレークアウトセッションが閉じられても、ユーザーはメインセッションでアクティブのままになります。ブレークアウトセッションのデフォルト設定は、メインセッションの設定と同じになります。

バーチャルクラスルームツールボックス

セッションモデレータが、これらのツールへのユーザーのアクセスを許可している場合、ユーザーはホワイトボードの使用、Webサイトへのアクセス、およびコースメニューの表示が可能です。

クラスルームツールボックスは、バーチャルクラスルームの左側に表示されます。[ツール]ボックス内の項目を使用するには、ツールの名前をクリックします。

クラスルームツールボックスでは、以下のツールを利用できます。

ホワイトボード

バーチャルクラスルーム内のユーザーは、ホワイトボードツールを使用して、クラスルームで物理的なホワイトボードを使用しているかのように各種の情報を提示できます。ユーザーは、ホワイトボードパレット内のツールを使用して、画像の描画、テキストの入力、数式の提示などを実行できます。この機能をユーザーに提供するかどうかは、セッションモデレータが決定します。

次の表に、ホワイトボードで利用可能な機能の詳細を示します。

ホワイトボード機能
目的 選択
項目の選択 矢印ツールをクリックします。次に、選択する項目をクリックします。選択した項目に対して、次の操作を実行できます。
  • 拡大:項目を取り囲んでいる小さな黒いボックスのいずれかをクリックしてドラッグし、適切な大きさにします。
  • 移動:項目をクリックし、目的の場所へ移動します。
  • 切り取り:ホワイトボード項目をクリックします。次に、[切り取り]アイコンをクリックします。
  • コピー:ホワイトボード項目をクリックします。次に、[コピー]アイコンをクリックします。
  • 貼り付け:ホワイトボード項目をクリックします。次に、[貼り付け]アイコンをクリックします。
  • 削除:ホワイトボード項目をクリックします。選択したオブジェクトをクリックします。次に、[削除]アイコンをクリックします。
  • 項目のグループ化:ホワイトボード項目をクリックします。次に、[グループ]アイコンをクリックします。
  • グループ解除:グループ内のホワイトボード項目をクリックします。次に、[グループ解除]アイコンをクリックします。
  • 前面へ移動:ホワイトボード項目をクリックします。選択したオブジェクトをクリックします。次に、[前面へ移動]アイコンをクリックします。
  • 背面へ移動:ホワイトボード項目をクリックします。選択したオブジェクトをクリックします。次に、[背面へ移動]アイコンをクリックします。
  • ホワイトボード上の図をすべて選択:[すべての図を選択します]アイコンをクリックします。
自由に描画 ペンツールをクリックします。[ペンの色]ドロップダウンリストから、ペンの色を選択します。次に、線の幅を選択します。
キーボードでのテキスト入力 テキストツール([T])をクリックし、ホワイトボード領域をクリックします。[ホワイトボードテキストの入力]ボックスが表示されます。そのボックスにテキストを入力し、[挿入]をクリックします。色、フォント、サイズを選択するには、[ツール]パレットのオプションを使用します。
直線の描画 線ツールをクリックします。
長方形の描画 長方形ツールをクリックします。[塗りの色]ドロップダウンリストから色を選択して、模様なしの四角形を描画します。形の輪郭を描画するには、[塗りの色]で[なし]を選択します。形の輪郭は、選択した線の幅およびペンツールの色で描画されます。
楕円形の描画 楕円形ツールをクリックします。[塗りの色]ドロップダウンリストから色を選択して、模様なしの楕円形を描画します。形の輪郭を描画するには、[塗りの色]で[なし]を選択します。形の輪郭は、選択した線の幅およびペンツールの色で描画されます。
数式の入力 数学および化学記号ツールアイコンをクリックします。数式エディタが表示されます。数式を入力して、[数式の挿入]をクリックします。

グループブラウザ

ユーザーは、グループブラウザを使用して、協力し合ってインターネットをブラウズできます。このツールでは、すべてのユーザーが表示可能なURLを開きます。記録が作成されている場合、セッションで使用されるURLはその記録に追加されます。この機能をユーザーに提供するかどうかは、セッションモデレータが決定します。

次の表に、グループブラウザで利用可能な機能の詳細を示します。

グループブラウザの機能
目的 選択
Webサイトを開く アドレスの入力]フィールドにURLを入力します。
Webサイトの表示先の選択 ホワイトボード内のウィンドウに表示するには、[ユーザーに表示]をクリックします。新しいブラウザウィンドウでWebサイトを開くには、[新しいウィンドウでプレビュー]をクリックします。プレビューウィンドウは、Webサイトを開いたユーザーにのみ表示されます。

マップ

ユーザーは、コースマップを使用して、バーチャルクラスルーム内でコースメニューを参照できます。デフォルトでは、セッションモデレータに、コースマップを操作するアクセス権があります。ユーザーがバーチャルクラスルーム内でコースマップを使用するには、アクティブ権限を持っている必要があります。

次の表に、コースマップで利用可能な機能の詳細を示します。

マップの機能
目的 選択
マップ内のエレメントをすべてのユーザーに表示 コースマップ内のコース領域をクリックし、ドロップダウンリストから[クラスに表示]を選択します。
マップ内のエレメントを別のウィンドウで表示 コースマップ内のコース領域をクリックし、ドロップダウンリストから[新しいウィンドウでプレビュー]を選択します。新しいウィンドウは、ウィンドウを開くユーザーのみに表示されます。
コラボレーションセッション中にマップを最新の情報に更新する ドロップダウンリストで[ツリーの更新]をクリックします。これで、コースマップが更新され、コースメニューと同じになります。

質問をする

ユーザーは、セッション中に質問できます。ユーザーがセッション中に質問を送信すると、セッションモデレータは、その質問を表示して応答できます。

アクティブ担当を割り当てられたユーザーのみが質問できます。

質問を提起するには、質問をする領域で[作成]を選択します。テキストボックスに質問を入力し、[送信]をクリックします。

質問インボックス

ユーザーからの質問は、バーチャルクラスルームセッション中に質問インボックスへと送信されます。質問インボックスは、コラボレーションセッション中の質問の管理と応答のために使用します。

次の表に、質問インボックスツールで利用可能な機能を示します。

質問インボックスの機能
目的 選択
質問に対する応答 送信者]リスト内のユーザー名をクリックし、[質問への返信]アイコンをクリックします。[質問への返信]ポップアップウィンドウが表示されます。
質問の削除 送信者]リスト内のユーザー名をクリックし、[削除]アイコンをクリックします。
未回答の質問のみを表示 返信されていない質問のみを表示]チェックボックスをオンにします。

次の表に、[質問への返信]ポップアップウィンドウのフィールドの詳細を示します。

質問に対する応答のフィールド
フィールド 説明
質問 送信された質問です。
応答 質問に対する応答を入力します。
プライベート プライベートな質問に応答するには、このチェックボックスをオンにします。プライベートとしてマークすると、メッセージを送信したユーザーのみに対して、メッセージが送信されます。