メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

ベストプラクティス:グループコラボレーション

ことわざに"「三人寄れば文殊の知恵」というものがあります。"

共同学習には、従来型の指導に比べて多くの利点があります。研究が示しているように、受講者はチームとして作業することで、積極的姿勢をはぐくみ、より効果的に問題を解決し、より大きな達成感を体験できます。

大きな電球を指す小さな電球

理想的には、すべての学習には積極的な受講者の参加と受講者間の対話が含まれます。グループアクティビティを授業に導入していないインストラクタには、躊躇する正当な理由があります。インストラクタの一部は、長年の経験で実証済みの指導者中心の方法から、受講者中心の方法へと管理を移行するのを望んでいません。試してみたがあまり価値がなかったという同僚の話を聞いたことがある、という理由もあります。

教師が管理する環境からの移行は劇的な変化かも知れませんが、共同学習のメリットはグループアクティビティを導入するときに対処すべき困難をはるかに超えるものです。

コラボレーションの利点

受講者が複数の点でグループ作業の恩恵を受けられることは、研究によって示されています。1

  • 受講者は、他の指導方法よりも長期間、情報を記憶します。
  • グループメンバの視点は、新たな題材を学ぶ別の機会を提供します。
  • 受講者は、コース教材に対して肯定的感情を抱きます。
  • 仲間との良好な関係を確立している受講者は、より肯定的な学習体験を持つことになります。
  • グループ作業の成功は、受講者自身の自尊心の向上をもたらします。
  • 受講者は自身のソーシャルスキルとコミュニケーションスキルを高めます。
  • 受講者は批判的思考スキルを高めます。

コラボレーションの課題

多くの受講者はグループ作業を嫌がります。意欲のある一部の受講者は、進度の遅いグループメンバに足を引っぱられると報告します。あまり自信のない受講者は、グループセッションで無視されたり、軽んじられたりしていると不平を漏らします。グループは、チームメイトの一部が役立たずであり、正当な分け前を得られるほど貢献していないと感じられた場合に、完全に分解することがあります。

また受講者のなかには、個人としての努力はするが、他者を助けたり助けを求める気は毛頭ないという人もいます。彼らは共同学習に伴う責任を嫌がります。

グループプロジェクトに時間をかけ過ぎであり、それよりもコース教材を使って学習し、より有用な知識を得たいと感じる受講者もいます。

一部の受講者は、グループ単位で1つの成績が与えられることを良しとしません。

グループ作業を割り当てる前に

グループアクティビティを時間つぶしの作業と受講者に思われることは避けなければなりません。グループでの作業が学習目標を高めなかったり、価値をもたらさない場合は、代わりの指導法を検討します。個々の受講者が、1人では所定の時間内に仕上げることができないプロジェクトの場合にのみ、グループ作業を行うべきです。

研究によると、受講者は他者に頼られているときほど懸命に学習することがわかっています。この相互依存を奨励するには、目標を達成し、互いの考えに質問して問題を解決し、フィードバックや励ましを共有するために、グループ課題を作成して受講者が作業を分担するよう求めます。

コースにグループ作業を取り入れる前に、次の問題を検討します。

  • グループ作業はコースの目標達成に役立つか。
  • どのような導入教材やグループの情報源を、受講者の目標達成支援のために提供できるか。
  • グループをどのようにして結成するか。
  • 受講者をグループの計画に関与させるか。
  • 受講者の学習をどのようにして評価し、個々の説明責任を維持するか。グループとしての成果物を求めるか。
  • 懸念事項や問題にはどのように対処するのか。

 

ソース:1"44 Benefits of Collaborative Learning." gdrc.org n.d. Web. 3 Jan. 2014.