メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

日誌の採点

日誌への参加について、個人とグループを採点できます。

採点を有効にすると、成績センタに列が自動的に作成されます。日誌トピックページから、受講者の日誌エントリを採点します。採点中は、個々の受講者のエントリとコメントがすべて表示されます。割り当てた採点は、すぐに成績センタに表示されます。

日誌トピックページには、次の方法でアクセスします。

  • 日誌ツールで日誌にアクセスします。サイドバーで自分の名前のドロップダウンをクリックし、すべてのコースメンバにアクセスします。
  • 要採点]ページで、日誌のコンテキストメニューにアクセスし、[すべてのユーザーの採点]を選択します。
  • 成績センタで、採点する日誌用の列を特定します。要採点アイコン(感嘆符)が付いたセルにマウスポインタを重ね、日誌のコンテキストメニューにアクセスします。[ユーザーアクティビティの採点]を選択します。

成績センタの列情報を編集して、受講者が自分の成績とフィードバックを[成績表]に表示できるかどうかを指定できます。詳細については、「列の編集、非表示、およびオプション選択の方法」を参照してください。

割り当てられた採点を日誌トピックページから編集すると、成績センタが更新されます。

トピックの評価済みから未評価への変更

評価済み日誌トピックを未評価の状態へと変更することはできません。評価済みの日誌トピックを[日誌]リストページと成績センタから削除して、新しい未評価のトピックを作成する必要があります。

別の手段になりますが、日誌の[成績センタ]列を計算対象外に設定して、エントリを維持する方法があります。基本的に、成績センタでは日誌が評価済みと見なされ続けますが、割り当てられた結果や成績はすべて無視されます。

日誌トピックページ

日誌トピックページは、2つのメインセクションに分かれています。コンテンツフレームには、エントリを表示させることができます。サイドバーでは、日誌トピックまたはエントリについての情報の表示、[インデックス]の展開、日誌の採点が可能であればエントリの採点を行えます。また、個々のユーザー名を選択して、そのユーザーのエントリのみをコンテンツフレームに表示することもできます。

サイドバーに採点機能が表示されない場合、教育機関側がこの機能を無効にしています。

  1. サイドバーで日誌の詳細のセクションを展開し、エントリ数、コメント数など現在の選択に関する情報を表示できます。右矢印をクリックすると、サイドバーが折りたたまれ、エントリの表示スペースが増えます。日誌エントリとサイドバーを画面全体に表示するには、4つの矢印を使用します。
  2. 操作バーの下に、日誌の手順がデフォルトで展開されています。これは最小化できます。[配置]をクリックして配置を追加し、[手順]をクリックして日誌の手順に戻ります。
  3. すべてのコースメンバを表示するには、ユーザー名の横にある下矢印をクリックしてリストを表示し、メンバを選択します。選択したメンバのエントリがコンテンツフレームに表示されます。左矢印および右矢印を使用して、前の受講者または次の受講者に移動します。オプションで[空の日誌を表示する]を選択します。
  4. 採点対象の日誌については、アイコンはユーザーのアクティビティのステータスを示します。要採点アイコン(感嘆符)は、日誌に設定した、採点に必要な最小限のアクティビティをユーザーが実施済みであることを示します。実行中アイコンは、ユーザーがアクティビティをいくつか実施してはいるものの、要採点ステータスになるために必要な最小数を満たしていない場合に表示されます。
  5. 採点サイドバーに、受講者の成績とフィードバックを入力します。
  6. インデックス]セクションには、選択した期間内に作者が作成したエントリのタイトルが表示されます。マイナス記号をクリックすると、タイトルリストが折りたたまれます。

個人の日誌エントリの採点方法

日誌の採点プロセスは、成績センタ、[要採点]ページ、および[コントロールパネル]の[コースツール]セクションから開始できます。

日誌の設定を指定するときに、[要採点]ステータスの参加者を表示するチェックボックスをオンにせずに最小エントリ数を選択すると、成績センタや日誌トピックページでは要採点アイコンが表示されず、[要採点]ページには項目が表示されません。

実行中アイコン( )は、成績センタのセルと日誌に表示されます。

  • 設定した最小数に満たない受講者のアクティビティの場合。
  • [要採点]ステータスの参加者を表示するためのチェックボックスがオンになっていない場合。

次の手順を使用して、日誌エントリを採点します。

  1. 日誌のトピックページにアクセスし、自分の名前のドロップダウンリストをクリックして、すべてのコースメンバにアクセスします。番号の付いたユーザー名を選択します。ユーザーの日誌エントリがコンテンツフレームに開きます。
  2. 成績]ボックスに合計点数を入力します。この採点済み日誌にルーブリックを関連付けている場合は、ルーブリックを展開して完了します。詳細については、「ルーブリック」を参照してください。既存の成績を編集するには、[成績]ボックスをクリックして成績を変更します。
  3. オプションで、受講者へのフィードバックを入力します。[メモの追加]セクションで、あなたと採点者のみに表示されるメモを書き込みます。[クリックして完全なコンテンツエディタを開く]アイコンをクリックして、すべてのコンテンツエディタ機能にアクセスしてテキストを書式設定し、URL、添付ファイル、画像、マッシュアップ、マルチメディアを追加します。
  4. 送信]をクリックして、成績、フィードバック、採点通知を成績センタに追加します。

グループ日誌の採点

グループ日誌の採点には、個人を採点するのと同じ手順を使用します。エントリが送信されると、すべてのグループメンバの名前が、採点が必要であることを示すアイコン(感嘆符)付きで表示されます。

グループ日誌に成績を付けると、グループのすべてのメンバに対してその成績が自動的に与えられ、各グループメンバの成績センタの対応する列に入力されます。貢献の有無にかかわらず、すべてのメンバに対して同じ成績が割り当てられます。ただし、この成績は変更できます。

グループ日誌のすべてのエントリを閲覧し、日誌トピックページに対して1つの成績を追加できます。採点が必要なエントリがあるユーザーには、成績センタ、および[すべてのグループメンバ]ドロップダウンリストの日誌トピックページで、要採点アイコン(感嘆符)が付けられます。また、グループ日誌が[要採点]ページに表示されます。

ただし、日誌の設定を指定するときに、[要採点]ステータスの参加者を表示するチェックボックスをオンにせずに最小エントリ数を選択すると、成績センタや日誌トピックページでは要採点アイコンが表示されず、[要採点]ページには項目が表示されません。

実行中アイコンは、次の場合に成績センタのセルと日誌に表示されます。

  • 設定した最小数に満たない受講者のアクティビティの場合。
  • [要採点]ステータスの参加者を表示するためのチェックボックスがオンになっていない場合。

受講者は自分のグループ日誌の成績を、[成績表]、およびグループ日誌トピックページで名前を選択して表示できます。

個々のメンバのグループ成績の変更

メンバの成績を編集して、グループの成績とは異なる成績を個々のグループメンバに割り当てることができます。グループメンバの成績を変更した後でグループ成績を更新しても、個人の新しい成績は更新されたグループ成績の影響を受けません。個々のメンバに付与された成績と、グループに付与された成績の両方が表示されます。個人の新しい成績は、グループの他のメンバには表示されません。

採点サイドバーで、鉛筆アイコンをクリックして、1人のメンバのグループ成績を変更します。新しい成績を入力し、成績の下のチェックマークアイコンをクリックして保存します。これは成績を上書きします。

成績センタの列には、グループの成績と個々のグループメンバの編集済みの成績が表示されます。この列は、採点したグループ日誌を有効にしたときに自動的に作成されたものです。グループに属していないコースメンバの[グループ日誌]列では、セルが灰色で表示されます。

メンバの編集済み成績を元に戻す

メンバの編集済み成績を、すべてのグループメンバが受け取っている元のグループ成績に戻すことができます。

採点サイドバーで、編集済み成績のあるユーザーの鉛筆アイコンをクリックします。左矢印をクリックして、成績を元のグループ成績に変更します。上書きアイコンが削除されます。変更は成績センタにも反映されます。

グループの削除

グループが不要になった場合には、グループを削除できます。グループに採点可能な項目がある場合は、[削除の確認]ページが表示されます。必要なグループ成績を維持できます。[削除の確認]ページでは、維持する必要がある列のチェックボックスをオンにしないでください。