メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

ディスカッションの管理

ディスカッション管理の技術と科学の両方を使用して、期間中のディスカッションアクティビティを管理できます。熱狂的に開始されたディスカッションであっても、インストラクタが目を配っていないと、期間が進むにつれて勢いが衰えていくことがあります。

管理の技術には、受講者が新しいアイデアを発見できるように、会話をガイドする場面と口出しせずに観察する場面のバランスをとることが含まれます。

管理の科学には、掲示板機能を使用して、関連性のあるディスカッションに対する受講者の集中を維持すること、および受講者のアクセスレベルを決定することが含まれます。

フォーラム担当について

フォーラムの担当を割り当て、アクセスを特定のフォーラムに限定したり、フォーラム管理を支援したりすることができます。たとえば、受講者に表示されている掲示板コンテンツの管理を支援するために、信頼できるユーザーにモデレータの担当を割り当てることができます。

フォーラムの各ユーザーは、フォーラムごとに1つのみ、フォーラム担当を割り当てられます。デフォルトでは、インストラクタはマネージャの担当が割り当てられ、受講者は参加者の担当が割り当てられます。インストラクタとしてログインする場合、自身のフォーラムの担当は変更できません。

使用可能なコース担当は、教育機関が決定します。

次の表は、フォーラム担当とそれらの権限について説明しています。

フォーラム担当とアクセス権
担当 アクセス権
マネージャ マネージャはフォーラムをすべて管理でき、フォーラム設定の変更、投稿の管理、担当および成績の割り当てを行うことができます。

インストラクタまたはティーチングアシスタントのコース担当が割り当てられたユーザーには、デフォルトでこの担当が付与されます。

ビルダ コース作成者は、フォーラムの編集、コピー、削除を行えますが、フォーラムの採点や管理はできません。フォーラム内で、コース作成者は、投稿に対してインストラクタと同じ操作を実行できます(スレッドの採点を除く)。

また、コース作成者は、フォーラムで新しいスレッドを作成でき、スレッドの採点の有効化と値の入力ができます。

コース作成者のコース担当が割り当てられたユーザーには、デフォルトでこのフォーラム担当が付与されます。

モデレータ フォーラムで管理キューが使用されていない場合でも、モデレータは任意のフォーラムのすべての投稿の削除、編集、およびロックを行えます。

管理キューを使用する場合、モデレータは、投稿がすべてのユーザーに公開される前に、キュー内の投稿の承認または拒否を行います。

インストラクタまたはコース作成者のコース担当が割り当てられたユーザーには、デフォルトでこのフォーラム担当が付与されます。

採点者 採点者は、投稿の閲覧、返信、および採点を行えます。採点者の担当には、成績センタへのアクセス権が一部含まれますが、自分自身の作業に採点を割り当てることはできません。

採点者のコース担当が割り当てられたユーザーには、デフォルトでこのフォーラム担当が付与されます。

参加者 参加者は、投稿の閲覧および返信を行えます。

受講者のコース担当が割り当てられたユーザーには、デフォルトでこの担当が付与されます。

閲覧者 閲覧者は、フォーラムのコンテンツを閲覧できますが、返信の投稿やスレッドの追加はできません。
ブロック済み(ユーザーをフォーラムからブロック) ブロック済みユーザーはフォーラムにアクセスできません。

フォーラムの担当の割り当て方法

  1. フォーラムのコンテキストメニューにアクセスします。
  2. 管理]を選択します。
  3. フォーラムユーザーの管理]ページにユーザーの一覧が表示されます。ユーザーのコンテキストメニューにアクセスします。

    一度に1つの担当のみを表示する場合は、操作バーの[フォーラムでの担当を表示]ドロップダウンリストで選択し、[移動]をクリックします。

  4. 新しいフォーラム担当を選択します。新しい担当がユーザーの[フォーラムでの担当]列に表示されます。
  5. 掲示板に戻るには、[OK]をクリックします。フォーラムに戻る場合は、移動バーでフォーラムのタイトルをクリックします。

    複数の担当を一度に変更するには、ユーザーのチェックボックスを選択し、操作バーの[担当の編集]をポイントしてドロップダウンリストを表示します。ヘッダー行のチェックボックスをオンにすると、すべてのユーザーが選択されます。

管理について

オンラインインストラクタの役割は、掲示板上での会話およびアイデア交換を促進することです。返信を監視し、全員が集中して期待通りに進み続けるようにしながらも、受講者が共有を快適に感じられるようにする必要があります。同時に、ディスカッションの流れを支配したり妨げたりしないように慎重になる必要があります。

受講者が、クラスディスカッションには適さない教材を紹介する場合があります。コース内の受講者の成熟度合いと感受性によっては、クラスの他の受講者に公開する前に、受講者の投稿が不適切でないかをレビューする必要があります。

ディスカッションフォーラムで、モデレータの担当をユーザーに割り当てることができます。モデレータは、投稿がスレッドに追加されて掲示板に表示される前に、投稿をレビューします。

管理されたフォーラムを作成すると、そのフォーラムへのすべての投稿は管理キューに追加されます。モデレータは各投稿を確認して、次のいずれかを実行します。

  • 投稿を公開する
  • 投稿を送信者に返却する(メッセージなし)
  • 投稿を送信者に返却する(メッセージあり)

フォーラムで管理キューを使用していない場合も、モデレータはフォーラムの投稿を削除、編集、およびロックできます。

フォーラムの作成時、または既存のフォーラムの編集時に、フォーラムの管理を行うことを選択できます。フォーラムの管理を有効にしたに追加された投稿のみ、管理キューで確認することができます。

モデレータを割り当てていない場合、管理対象フォーラムの投稿を承認する役割はマネージャが担当する必要があります。

投稿の管理を許可する方法

  1. フォーラムのコンテキストメニューにアクセスします。
  2. 編集]を選択します。
  3. フォーラムの編集]ページの[フォーラム設定]セクションで、[投稿の管理を強制]チェックボックスをオンにして[送信]をクリックします。

    管理されたフォーラムを選択するとき、受講者に投稿の編集または削除は許可しないでください。これにより、承認された投稿がユーザーに表示されます。

  4. 投稿が送信された後、フォーラムにアクセスします。メッセージは承認待ちの状態であるために、モデレータのビューに投稿は表示されません。操作バーで、[フォーラムの管理]をクリックします。

    フォーラムの管理]機能は、マネージャまたはモデレータのフォーラム担当が割り当てられているユーザーにのみ表示されます。作成者は、受講者ビューのツリー表示で、投稿が管理キューにあるというリマインダとともに投稿を見ることができます。

  5. 管理キュー]ページには、タイトルのアルファベット順に投稿が表示されます。列タイトルまたはキャレットをクリックすると、投稿のタイトル、作成者、または日付に基づいてソートされます。投稿を確認するには、[管理]をクリックします。
  6. 投稿の管理]ページで、投稿を閲覧し、発行または返却するオプションを選択します。発行済みメッセージは直ちにスレッドに投稿されます。
  7. オプションで、フィードバックをテキストボックスに入力します。コンテンツエディタの機能を使用して、テキストの書式設定、コースファイルやContent Collection内のファイルへのリンク、およびWebリンク、マルチメディア、マッシュアップの追加ができます。

    フィードバックは任意ですが、フィードバックは、ガイドラインの提供、質問の投げかけ、受講者の関心の修正、投稿が返却された理由の説明などを行うための機会となります。

  8. 送信]をクリックします。

返却された投稿は、[管理キュー]から消去されます。受講者は、フォーラムに返却された投稿をツリー表示で見ることができます。プラス記号を使用して、投稿を展開します。フィードバックが含まれている場合、受講者は投稿が返却された理由を確認できます。スレッドのページでは、返却された投稿のタイトルの横に[返された]と表示されます。

スレッドのページから、受講者はモデレータのフィードバックを参照しながら自分の投稿を編集し、投稿を再送信できます。投稿はモデレータのキューに戻ります。管理キュー]が、投稿のタイトルの横に表示されます。