メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

連絡事項

[連絡事項]には、コースの修得に不可欠な情報を適切なタイミングで掲示できます。インストラクタは、[連絡事項]ページから連絡事項の追加、編集、および削除を行うことができます。通知領域は、次に示す、時間的に重要な情報を掲示するのに理想的な場所です。

  • 割り当ての期日
  • シラバスの変更
  • 教材の訂正/説明
  • 試験の日程

連絡事項を追加するときに、インストラクタはコースの受講者に向けて、連絡事項を電子メールとして送信することもできます。このようにすると、コースにログインしていない受講者も、連絡事項を受け取ることができます。コースコンテンツへのリンクを含めると、電子メールにそのコンテンツへのリンクは記載されません。

連絡事項の作成方法

連絡事項は、最新のものから掲示順に表示されます。

  1. コントロールパネル]で[コースツール]セクションを展開し、[連絡事項]を選択します。
  2. 連絡事項]ページで、操作バーの[連絡事項の作成]をクリックします。

  3. 連絡事項の作成]ページで、[件名]に入力します。これは、[連絡事項]ページに表示される連絡事項のタイトルになります。[メッセージ]ボックスでは、コンテンツエディタ機能を使用してテキストを書式設定したり、ファイル、画像、外部リンク、マルチメディア、およびマッシュアップを追加したりできます。コンピュータからアップロードしたファイルは、最上位フォルダのコースファイルまたはContent Collectionに保存されます。
  4. Web連絡事項オプション]のセクションで、次を選択します。

    削除するまで連絡事項を表示する場合は、[日付制限なし]を選択します。

    -または-

    日付と時刻で連絡事項の表示を制限する場合は、[制限する日付]を選択します。

  5. 日時制限の入力]を使用すると、連絡事項を特定の日時から特定の日時まで表示するように設定できます。[表示開始日]および[表示終了日]チェックボックスをオンにすると、選択した日付が有効になります。ボックスに日付と時刻を入力するか、[日付選択カレンダー]ポップアップと[時刻選択メニュー]ポップアップを使用して日付と時刻を選択します。表示制限は連絡事項のアクセス設定には影響せず、表示のタイミングにのみ影響します。

  6. 連絡事項を含む電子メールを受講者に送信する場合は、[連絡事項の電子メール]チェックボックスをオンにします。この電子メールは、連絡事項の電子メール通知を受信しないように選択しているユーザーも含めて、すべての受講者に送信されます。このオプションを利用可能にするかどうかは、教育機関側が判断します。
  7. オプションで、[コースリンク]セクションの[参照]をクリックして、コース領域、ツール、または項目にリンクできます。
  8. 送信]をクリックします。

連絡事項の並べ替え

連絡事項は、移動可能なバーの真下に表示されます。新しい位置に並べ替えるには、このバーまたは連絡事項をドラッグします。優先される連絡事項を移動可能なバーの上に移動して、リストの最上位にピンで留め、新しい連絡事項で上書きされないようにします。ここで表示されている順序で、受講者に表示されます。受講者にはバーは表示されず、連絡事項の順序を変更することはできません。

連絡事項の編集と削除

編集するには、連絡事項のコンテキストメニューにアクセスし、[編集]を選択します。変更を行って[送信]をクリックします。

削除するには、連絡事項のコンテキストメニューにアクセスし、[削除]を選択します。削除を確認します。この操作は元に戻せません。