メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

ゲストおよびオブザーバーのアクセス

オブザーバー担当およびゲスト担当を許可するかどうかは、教育機関側が決定できます。許可されている場合、ゲストおよびオブザーバーがコースにアクセスできるかどうかを管理できます。教育機関側は、これらのアカウントを作成し、オブザーバーを受講者と関連付ける必要があります。

コースのゲストには、ゲスト講師、参加する可能性のある受講者、そのコースに直接に参加していない他のユーザーを含めることができます。

オブザーバーは通常、システムを操作することなく、Blackboard Learnの特定のユーザーを追跡するために割り当てられます。オブザーバーは、コースを表示して受講者の進行状況を追跡できます。また、必要に応じて、コースからオプザーバーに対して電子メール通知を送信することもできます。

オブザーバーはログインした後に、[オブザーバーダッシュボード]([教育機関]タブの[ツール]パネルからアクセス)を使用し、関連付けられた受講生に関する情報にアクセスします。

ゲストおよびオブザーバーにアクセスを許可する方法

  1. 編集モード]を[オン]に変更します。
  2. コントロールパネル]で[カスタマイズ]セクションを展開し、[ゲストおよびオブザーバーのアクセス]を選択します。
  3. ゲストおよびオブザーバーのアクセス]ページで、[ゲストに許可]と[オブザーバーに許可]に[はい]を選択し、ゲストとオブザーバーがコースを表示できるようにします。

ゲストおよびオブザーバーのアクセスをカスタマイズする方法

コースの特定の機能(コンテンツエリアやツール)に対するゲストとオブザーバーのアクセスは、教育機関側が許可または禁止できます。

アクセスを制限する場合、システム設定はコース設定に優先します。システムがツールへのゲストのアクセスを許可しない場合は、コースに登録されたゲストに対し、そのツールへのアクセスをコースレベルで許可することはできません。

システムレベルで上書きされない個々の機能へのアクセスを、ゲストおよびオブザーバーに許可できます。コースに入ることを許可されたゲストおよびオブザーバーには表示可能(読み取り専用)ですが、使用はできません。

  1. コントロールパネルで[カスタマイズ]セクションを展開し、[ツールのアクセス設定]を選択します。
  2. ツールのアクセス設定]ページで、チェックボックスをオンまたはオフにすることでゲストとオブザーバーのアクセスを制御します。列に斜線の入った丸いアイコンがあるツールは、アクセス設定はできません。詳細については、「ツールのアクセス設定の管理」を参照してください。

次の表に、ゲストとオブザーバーの両方がシステムレベルで使用できないツールと、オブザーバー担当だけが使用できるツールを示します。次のリストに記載された特定ツールへのオブザーバー担当のアクセスは、教育機関側で禁止できます。

使用できないツール
ツール ゲスト担当とオブザーバー担当の両方が使用不可
課題 はい
テスト はい
ブログ はい
コラボレーション はい
掲示板 はい
電子メール ゲスト担当が使用不可
グループ はい
日誌 はい
メッセージ はい
成績表 ゲスト担当が使用不可
ユーザーリスト ゲスト担当が使用不可
ルーブリック はい
タスク ゲスト担当が使用不可