メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

コース構造:Web 2.0

共同作業が可能な対話型のWeb 2.0ツールを使用して、学習者がコース教材に取り組むようにします。受講者は、[グループWiki]で共同でコンテンツを作成し、[共有]ブログを使用して考えを伝えたり、他の受講者の作業にコメントしたりします。

参考書、課題、および指示を共有するには、[コースセントラル]を使用します。マッシュアップを自分のコンテンツに含めて、組み込みのYouTube™ビデオ、Flickr®のフォト、およびSlideShareのプレゼンテーションでコンテンツを再生できます。受講者も自分のコンテンツにマッシュアップを追加できます。

この構造は、政治学、メディア学、デジタル教育など、最新の出来事や傾向に依存するコースに適しています。

開始しますか?

このトピックを印刷しておくと、コースを構築する際に参照できます。また、「コース構造の使い方」を印刷して、参照用に使用してもかまいません。

コースメニューとはどのようなものですか?

コースメニューの使用

次の表では、Web 2.0コース構造に含まれているコンテンツエリアとコースツールについて説明します。

Web 2.0コース構造内のコンテンツエリアとコースツール
コンテンツタイプ 説明
掲示板 正式な課題(トピックに関連する質問を毎週投稿するなど)や非公式の対話(受講者が質問したり、互いの質問に答える)には、[意見交換]フォーラムを使用できます。採点可能なディスカッションフォーラムとスレッドを作成すると、受講者の参加状況と知識を評価できます。各トピックの後、復習の質問をして会話を促します。このトピックの重要なメッセージは何ですか?この特定の状況で何をしますか?どうやってこの問題を解決しますか?

詳細については、「掲示板」を参照してください。

共有 共有]は、コースの個々のブログにリンクしています。受講者は、各トピックの後ブログエントリを作成して、興味ややりがいを見つけた教材の側面について考えるスペースを設けることができます。受講者に、特定の質問に答えてもらったり、コースコンテンツに自由に反応してもらうことができます。受講者は、互いのブログエントリにコメントすることで、教室での会話を広げることができます。励ましを与えたり、背景情報や補足リソースを与えることで、受講者が考えを発展できるように支援できます。

詳細については、「ブログ」を参照してください。

適応 追加のクラスミーティング、非同期コースでのリアルタイムのやり取り、および仮想営業時間には、[対話]のテキストベースのライブチャット機能を使用します。互いのことを知って日程を明確にするため、クラスが集まるセッションを受講者に用意します。受講者がこの環境でインストラクタおよびクラスメイトとやり取りすることに慣れたら、その後は教育のためにチャットを使用します。ディスカッションフォーラムで思索を展開させる質問が出たり、ブログで興味をそそる議論が現れたら、チャットセッションをスケジュールして、受講者が意見交換ライブを続行できるようにします。提示された解決法や意見を受講者が広げることができるディスカッション用の質問によって、セッションをフォローアップします。

詳細については、「チャット」を参照してください。

コースセントラル コースセントラル]は、インストラクタが設計するメインコンテンツエリアです。科目ごとに分割したフォルダを作成し、受講者がトピックの基本的な知識を築くのに必要なすべての教材を含めます。これらの参考書、Webリソース、課題は、受講者のオンライン対話の出発点となります。

詳細については、「コース領域でのコンテンツの作成020 Create Content in a Course Area」を参照してください。

グループWiki グループWiki]で開始ページを作成し、特定の領域を具体化するタスクを受講者に割り当てることができます。ページを一緒に作成して編集するため、チーム環境で対人スキルや問題解決能力を伸ばすことになります。意見が一致しすぎたり障害にぶつかったりする場合、受講者に責務を割り当てて、寄与することで新しい観点を身に着けることができるようにします。

詳細については、「Wiki」を参照してください。

最近のアクティビティ カスタマイズ可能な[最近のアクティビティ]モジュールページでは、受講者は、[連絡事項]、[マイ予定表]、[しなければならないリスト]、[最新情報]、[マイタスク]など、現在のコース情報の概要を1か所から参照できます。

詳細については、「通知ダッシュボードの表示」を参照してください。

ガイダンス資料 ガイダンス資料]コンテンツエリアに、受講者が学期中に参照できる基本コース情報を表示します。シラバス、評価基準、教科書情報、重要な日付を含めます。チャットセッションが必須の場合、必ず日付をリストにして、受講者が自分のスケジュールを調整できるようにします。

詳細については、「コース領域でのコンテンツの作成」を参照してください。

コース指導者 コース指導者]で、自分、コースに参加する他のインストラクタ、ティーチングアシスタント、およびゲスト講師のプロファイルを作成します。電子メールアドレス、電話番号、営業時間、住所などの連絡先情報を含めます。

詳細については、「連絡先」を参照してください。

成績表 受講者は、[成績表]ページで、課題、テスト、Wikiへの投稿、ディスカッションへの投稿など、採点可能な項目のステータスを見ることができます。

詳細については、「成績表」を参照してください。

ツール 受講者が1つのページで利用可能なすべてのコースツールにアクセスできるようにします。簡単にアクセスできるように、よく使用されるコースツールをコースメニューに追加します。

詳細については、「ツールのアクセス設定の管理」を参照してください。

ヘルプ Blackboardヘルプには、操作情報が検索可能な形式で含まれています。追加のサポートが必要な受講者は、教育機関のコンピュータヘルプデスクにお問い合わせください。

コンテンツエリアとツールへのリンクを名前変更、削除、非表示、または追加することで、コース構造をカスタマイズします。