メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

コース構造:WebCT 2

以前のWebCT Campus Edition 4コース管理システムに慣れている場合、このコース構造では似たメニューを使用できます。

開始しますか?

このトピックを印刷しておくと、コースを構築する際に参照できます。また、「コース構造の使い方」を印刷して、参照用に使用してもかまいません。

コースメニューとはどのようなものですか?

コースメニューの使用

次の表では、WebCT 2コース構造に含まれているコンテンツエリアとコースツールについて説明します。

WebCT 2コース構造内のコンテンツエリアとコースツール
コンテンツタイプ 説明
ホームページ カスタマイズ可能な[ホームページ]には、受講者が現在のコース情報の概要を1か所から確認できるモジュールがあります。このモジュールページには、[連絡事項]、[マイ予定表]、[しなければならないリスト]、[最新情報]、[マイタスク]が含まれています。

詳細については、「通知ダッシュボードの表示」を参照してください。

シラバス シラバス]コンテンツエリアに、受講者が学期中にアクセスできる教材を表示します。評価基準、教科書情報、重要な日付など、シラバスや他の基本情報を含めます。

詳細については、「コース領域でのコンテンツの作成」を参照してください。

インストラクタ情報 インストラクタ情報]で、自分、コースに参加する他のインストラクタ、ティーチングアシスタント、およびゲスト講師のプロファイルを作成します。電子メールアドレス、電話番号、営業時間、住所などの連絡先情報を含めます。

詳細については、「連絡先」を参照してください。

アセスメント アセスメント]コンテンツエリアでは、受講者は学期のすべてのテストに1か所からアクセスすることができます。最初に非採点対象のショートテストを行って、インターフェイスに慣れてもらうことを検討してください。受講者が現在のコンテンツを簡単に見つけることができるようにするには、フォルダを使用するか、期日が過ぎた後は個々のテストを利用できないようにします。

詳細については、「テストとアンケートの作成」を参照してください。

ディスカッション 正式な課題(コーストピックに関連する質問を毎週投稿するなど)や非公式の対話(受講者が質問したり、互いの質問に答える)には、ディスカッションフォーラムを作成できます。採点可能なディスカッションフォーラムとスレッドを作成すると、受講者の参加状況と知識を評価できます。復習の質問をして会話を促します。この特定の状況で何をしますか?どうやってこの問題を解決しますか?

詳細については、「掲示板」を参照してください。

用語集 用語集ツールを使用して、受講者が参照する、よく使用されるコースの用語のリストを構築またはアップロードします。

詳細については、「用語集」を参照してください。

その他のコースツール 受講者が1つのページで利用可能なすべてのコースツールにアクセスできるようにします。簡単にアクセスできるように、よく使用されるコースツールをコースメニューに追加します。

詳細については、「ツールのアクセス設定の管理」を参照してください。

ヘルプ Blackboardヘルプには、操作情報が検索可能な形式で含まれています。追加のサポートが必要な受講者は、教育機関のコンピュータヘルプデスクにお問い合わせください。

コンテンツエリアとツールへのリンクを名前変更、削除、非表示、または追加することで、コース構造をカスタマイズします。