メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

コース構造:トピック別

トピックベースのコース構造を使用して、コースを自己完結型セグメントに整理します。

連絡]ディスカッションフォーラムを使用し、受講者がアイデアを生み出してリソースを共有できるようにします。[論説]には、受講者が自分の洞察や意見をブログに投稿して、受講者からフィードバックを得ることができるスペースがあります。受講者は、[考察]日誌を使用して、自分の経験について考察したり、インストラクタと個人的にやり取りしたりすることができます。

このコース構造は、自己ペースで学習できるコースに適しています。このようなコースでは、受講者が次に完了するトピックと、現在のイベントを使用して概念を示すコースを選択できます。

開始しますか?

このトピックを印刷しておくと、コースを構築する際に参照できます。また、「コース構造の使い方」を印刷して、参照用に使用してもかまいません。

コースメニューとはどのようなものですか?

コースメニューの使用

次の表では、トピック別コース構造に含まれているコンテンツエリアとコースツールについて説明します。

アクティビティコース構造内のコンテンツエリアとコースツール
コンテンツタイプ 説明
ホットトピック ホットトピック]を、インストラクタが設計する中心的なコンテンツエリアとして使用します。操作しやすく慣れやすい環境を受講者に提供するには、各トピックまたは授業のフォルダを作成します。目的、参考書、指示、課題、講義など、類似のコンテンツを含めます。

詳細については、「コース領域でのコンテンツの作成」を参照してください。

締め切り カスタマイズ可能な[締め切り]モジュールページでは、受講者に対して、[連絡事項]、[マイ予定表]、[しなければならないリスト]、[最新情報]、[マイタスク]など、現在のコース情報の概要が提示されます。

詳細については、「通知ダッシュボードの表示」を参照してください。

連絡 正式な課題(コーストピックに関連する質問を毎週投稿するなど)や非公式の対話(受講者が質問したり、互いの質問に答える)には、[連絡]ディスカッションフォーラムを使用できます。採点可能なディスカッションフォーラムとスレッドを作成すると、受講者の参加状況と知識を評価できます。各トピックの後、復習の質問をして会話を促します。このトピックの重要なメッセージは何ですか?この特定の状況で何をしますか?どうやってこの問題を解決しますか?

詳細については、「掲示板」を参照してください。

論説 論説]は、コースの個々のブログにリンクしています。受講者は、各トピックの後ブログエントリを作成して、興味ややりがいを見つけた教材の側面について考えるスペースを設けることができます。受講者に、特定の質問に答えてもらったり、コースコンテンツに自由に反応してもらうことができます。受講者は、互いのブログエントリにコメントすることで、教室での会話を広げることができます。励ましを与えたり、背景情報や補足リソースを与えることで、受講者が考えを発展できるように支援できます。

詳細については、「ブログ」を参照してください。

考察 考察]は、受講者のプライベートな日誌にリンクしています。日誌エントリで、受講者にトピックと自分の経験についてコメントを述べてもらいます。これはインストラクタとのプライベートなコミュニケーションであるため、受講者は採点済みの課題として提出する前に内容に関するフィードバックを受けることができます。コースの進行について感じていることを尋ねることもできます。インストラクタが受講者と個人的にやり取りして受講者ついて知ると、受講者はディスカッションフォーラムやブログでクラスメイトと考えを共有しやすくなる可能性があります。

詳細については、「 日誌」を参照してください。

追加の資料 追加の資料]コンテンツエリアでは、受講者が詳しく学習できるように追加の教材を共有できます。特定のWeb記事や推薦図書を示すことで、受講者が受けたトピックについての知識を深めることができるようにします。また、受講者はこれらのリソースを使用して、プロジェクトや論文に関するアイデアを見つけることもできます。

詳細については、「コース領域でのコンテンツの作成」を参照してください。

概要 概要]コンテンツエリアでは、受講者が学期中にアクセスできる教材を提供します。評価基準、トピックのスケジュール、教科書情報、重要な日付など、シラバスや他の基本情報を含めます。

詳細については、「コース領域でのコンテンツの作成」を参照してください。

インストラクタの詳細 インストラクタの詳細]で、自分、コースに参加する他のインストラクタ、ティーチングアシスタント、およびゲスト講師のプロファイルを作成します。電子メールアドレス、電話番号、営業時間、住所などの連絡先情報を含めます。

詳細については、「連絡先」を参照してください。

進捗状況 受講者は、[成績表]ページで、課題、テスト、ブログエントリ、ディスカッションへの投稿など、採点可能な項目のステータスを見ることができます。

詳細については、「成績表」を参照してください。

ツール 受講者が1つのページで利用可能なすべてのコースツールにアクセスできるようにします。簡単にアクセスできるように、よく使用されるコースツールをコースメニューに追加します。

詳細については、「ツールのアクセス設定の管理」を参照してください。

ヘルプ Blackboardヘルプには、操作情報が検索可能な形式で含まれています。追加のサポートが必要な受講者は、教育機関のコンピュータヘルプデスクにお問い合わせください。

コンテンツエリアとツールへのリンクを名前変更、削除、非表示、または追加することで、コース構造をカスタマイズします。