メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

コーススタイルのオプション

スタイルオプションを使用して、外観、テーマ、コースメニューのスタイルとレイアウト、コンテンツの外観、コースエントリポイント、およびコースのバナー画像を制御します。

コントロールパネル]で[カスタマイズ]セクションを展開し、[指導スタイル]を選択してコーススタイルのオプションにアクセスします。

コース構造を選択する

コース構造には、コース領域、オプションのコンテンツの例、およびコースの設計に役立つ手順が含まれています。構造を選択すると、その説明と、コースに追加するとメニューがどのような外観になるかのプレビューが表示されます。コースにコース構造を追加するときに、コンテンツの例を含めることもできます。

選択したコース構造のコンテンツはコースに追加され、既存の[コース]メニュー項目とコンテンツは置換されません。コース構造のコンテンツは、他の作成済みまたはインポート済みコンテンツと同じように編集および削除できます。開始前に、コースをエクスポートまたはアーカイブすることで、コース構造を追加する前にオリジナルバージョンを確保できます。あるいは、コース構造を試してみるために空のコースを要求します。

コース構造を追加するには、以下の手順に従います。

  1. コントロールパネルで[カスタマイズ]セクションを展開し、[指導スタイル]を選択します。
  2. 指導スタイル]ページの[コース構造の選択]セクションの左側の列に、すべてのコース構造がスクロール可能なリストで表示されます。別のコース構造を選択し、それらの説明とコースメニューを参照します。プレビューでコースメニューのリンクをクリックすれば、コース構造内のその項目の目的を確認できます。

    コース構造の選択]セクションが表示されていない場合、教育機関側がそのセクションを無効にしています。

  3. コース構造を決定し、[この構造を使用する]をクリックして選択します。選択したコース構造は、コース構造選択ツールの先頭に緑のチェックマークが付いて表示されます。

    元に戻すには、コース構造のリストで[既存のメニュー]をクリックし、[この構造を使用する]をクリックします。[既存のメニュー]が選択されている場合、コースは変更されません。

  4. コース構造を選択すると、[コンテンツの例を含める]チェックボックスが表示されます。選択すると、コンテンツ項目と手順、およびコース構造のメニューリンクが追加されます。コンテンツの例を含めない場合は、メニューリンクのみがコースに追加されます。
  5. 送信]をクリックして、コース構造のコンテンツをコースに追加します。コース構造を追加せずに終了するには、[取り消し]をクリックします。

コンテンツの例を追加すると、コース構造タイプに適したコンテンツ項目がコース構造に追加されます。コンテンツの例は、独自のコンテンツを作成するためのガイドラインとして用意されています。サンプルコンテンツは利用不可になっているため、受講者は表示できません。コンテンツの例の使用を決定した場合は、コースに合わせて編集し、項目をユーザーから利用可能に設定してください。

さまざまなコース構造の詳細については、「コース構造の使用」を参照してください。

コースエントリポイントの選択

コースエントリポイントは、ユーザーがコースに入ったときに最初に表示されるエリアです。デフォルトのコースエントリポイントはホームページであり、ここには受講者にコース内のアクティビティを通知するモジュールが含まれています。エントリポイントを変更するには、ドロップダウンリストから使用可能なエリアを選択します。使用可能なエントリポイントは、コースメニューに表示されるすべてのエリアです。

エントリポイントの変更は、変更後にシステムにログインしたユーザーに対して直ちに反映されます。変更時にシステム内にいたユーザーには、次回ログインしたときに新しいエントリポイントが表示されます。

テーマの適用

所属する教育機関がBb Learn 2012システムのテーマを使用している場合、このページからコーステーマを選択できます。コーステーマを使用すると、コースの表示に背景画像が追加され、コースのメニュー、ボタン、およびコントロールの色が変更されます。スクロール可能なリストを使用して、サムネイルサンプル画像から適切なコーステーマを選択します。テーマはいつでも変更し直すことができます。テーマは、コースのコンテンツや選択したコース構造には影響しません。

テーマは、教育機関側が有効にした場合にのみ利用可能です。テーマが利用不可の場合、[コーステーマ]アイコンは表示されません。

また、[コーステーマの変更]機能を使用してコース内のどこからでもコーステーマを変更できます。File:ja-jp/Learn/Sandbox/ja-jp/Learn/9.1_SP_12_and_SP_13/Instructor/050_Course_Options/020_Course_Style_Options/button_theme_choose.png アイコンをポイントすると、利用可能な全コーステーマを示すドロップダウンリストが表示されるので、そのうちから1つを選択します。テーマプレビューボックスをスクロールしてテーマを選択します。

コーステーマが新しく選択したテーマに直ちに変更されます。テーマを変更するには、別のテーマを選択します。

メニュースタイルの選択

この設定によって、コースメニューが色付き背景のプレーンテキストとして表示されるのか、テキスト付きのグラフィカルボタンとして表示されるのかが決定されます。メニューの色を選択する際は、読みやすさとアクセシビリティを確保するために、背景に対してテキストが目立つようにこれらの色を選択してください。

メニュースタイルの選択]セクションで選択を行う過程で、現在の設定を送信した場合に得られる外観が[プレビュー]サンプルメニューに表示されます。

テキスト]を選択し、コンテキストメニューから色見本にアクセスして、背景色とテキスト色を選択します。多数の既成色が登録されたパレットから選択することも、16進のカラー値を入力することもできます。色を選択して、[適用]をクリックします。

ボタン]を選択して[ボタンライブラリ]を展開し、以下のオプションから選択します。

  • ボタンの種類:ドロップダウンリストから[パターン]、[模様なし]、または[]を選択します。
  • ボタンの形:ドロップダウンリストから[角を丸く]、[矩形]、または[端を丸く]を選択します。
  • ボタンの色:オプションで、有効な選択肢を絞り込むために、色またはボタンの名前を入力して[検索]をクリックします。

各オプションを選択するたびに、その選択に応じて[ボタンライブラリ]に表示されるボタンが変化します。ライブラリ内のボタンをクリックして選択します。

デフォルトのコンテンツの表示の設定

デフォルトのコンテンツの表示]設定によって、ユーザーがコースに初めてアクセスしたときにコンテンツ項目がフォルダ内でどのように表示されるかが決まります。

  • アイコンのみ]:コンテンツ項目がタイトル付きアイコンとして表示されますが、説明は表示されません。
  • テキストのみ]:コンテンツ項目がタイトルと短い説明文としてのみ表示されます。
  • アイコンとテキスト]:(デフォルトのオプション)タイトル付きのアイコンと説明が表示されます。

デフォルトのコンテンツ表示の変更は、新しいコンテンツエリアにのみ影響します。既存のページもすべて変更するには、[この表示をすべての既存のコンテンツに適用します。]チェックボックスをオンにします。

バナーの選択

コースエントリポイントの最上部に表示されるバナー画像を追加できます。バナー画像は自動的にセンタリングされます。

マイコンピュータの参照]を使用して、コンピュータから画像ファイルを探します。Content Collectionやコースファイルに格納されている画像は使用できませんが、これらの場所には新規アップロードのたびにコピーが格納されます。コースエントリページから画像を削除した場合、その画像ファイルはメインフォルダ内のコースのストレージリポジトリに残ります。

バナーの推奨サイズは約480x80ピクセルです。バナー画像を選択する際は、ユーザーはブラウザウィンドウのサイズを変更したり、[コース]メニューを展開または折りたたんだり、さまざまなサイズや画面解像度のモニタを使用したりする可能性があることを考慮に入れてください。バナーをアップロードしたら、このようなさまざまな条件下でそのバナーを表示して、意図したとおりに表示されることを確認してください。