メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

インストラクタの機能

Blackboard Learn環境では、ナビゲーション、コンテンツ入力、項目の編集、およびユーザーのインターフェイス操作に影響を与えるオプションを簡単に変更できます。

このページ全体を読むか、右上の目次アイコン(目次アイコン)をクリックして、興味のあるトピックを選択します。

コースのインストラクタ機能

  1. 編集モード:編集モードが[オン]の場合、すべてのインストラクタ機能が表示されます。[コンテンツの構築]などの操作バー機能やコンテキストメニューが表示されます。編集モードが[オフ]の場合は、受講者ビューでコースが表示されます。編集モード機能は、担当がインストラクタ、ティーチングアシスタント、コース作成者、管理者であるユーザーに表示されます。

    この機能は、教育機関側で無効にできます。

  2. 操作バー:ページ最上部の行。[コンテンツの構築]、[検索]、[削除]、[アップロード]など、ページレベルの操作があります。操作バー上に表示される機能は、コースのどこにいるかによって変わります。操作バーには、メインの[成績センタ]ページのように、機能が複数の行にわたって表示されることがあります。
  3. コンテキストメニュー:項目の横の下向き矢印をクリックして、その項目のコンテキストメニューにアクセスします。Blackboard Learnの多数のコンポーネントには、コンテンツ項目、コースメニューのリンク、成績センタ列などのコンテキストメニューがあります。コンテキストメニューのオプションは、コンポーネントによって異なります。
  4. コントロールパネル:コース管理機能への一元的なアクセスポイントです。この領域からコーススタイル、コースツール、およびユーザーを管理できます。受講者に対してコントロールパネルは表示されません。

すべてのユーザーが使用できるユーザーインターフェイス機能については「コースのナビゲーション」を参照してください。

コースメニュー

コースウィンドウの左側にコースメニューが表示されます。これは、コースの編成や移動の基礎となるものです。コースメニューにリンクを作成して、ユーザーにツールや教材を提供します。外観やリンクの順番はカスタマイズできます。

コースメニューはリストビューで表示され、そこには最上位のコース教材のみ表示されます。リンクは、ボタンまたはテキストとして表示できます。コースメニューのスタイルを変更するには、「メニュースタイルの選択」を参照してください。

コースメニューを新しいウィンドウに表示するためのアイコンFile:ja-jp/Learn/9.1_SP_14/Instructor/040_In_Your_Course/015_Instructor_Features/new_window_icon.pngをクリックして、コース教材をディレクトリツリーとして新しいウィンドウに表示します。ユーザーは、このビューを展開してコースナビゲーションの階層を表示できます。

教育機関側で、すべてのコースで一貫したスタイルを保持するためにオプションを制限できます。いくつかのツールを利用不可にする、または永続的なコース領域名を設定することができます。

コースメニューにリンクを作成する

  1. 編集モード]を[オン]に変更して、コースメニューの上にあるプラス記号を選択します。[メニュー項目の追加]ドロップダウンリストが表示されます。
  2. 作成するコンテンツのタイプを選択します。
  3. リンクの名前を入力します。[Webリンク]の[URL]など、その他の必要なテキストボックスに入力します。
  4. ユーザーが利用可能]チェックボックスをオンにすると、コースメニューのリンクがユーザーに表示されるようになります。コンテンツは事前に作成しておき、利用できないようにしておくことができます。そして、適切な時にそれを利用可能にすることができます。
  5. 送信]をクリックします。新しいコンテンツへのリンクが、コースメニューに表示されます。

整理されたコースメニューを作成してユーザーが効率的に移動できるようにし、コースメニューに含まれるリンクの数は少なめにします。コンテンツエリアを使用して、関連する項目をまとめ、コースの編成と作成を行います。

コースメニューコンポーネント

以下の表は、コースメニューに含めることができるコンテンツのタイプとツールの一覧です。また、ユーザーがリンクを見やすくなるように整理するためのサブヘッダーや境界線も含めることができます。

コースメニューコンポーネント
タイプ 説明
コンテンツエリア コンテンツエリアは、最上位レベルのコース領域です。ここに、すべてのコース教材が保持されます。コースメニューで、これらを作成、リンク、および管理します。通常、コースには複数のコンテンツエリアが含まれています。コンテンツエリアを作成したら、オンライン講義、マルチメディア、テスト、コミュニケーションツールなどのコンテンツをそこに追加します。詳細については、「コンテンツ用のコース領域の作成」を参照してください。
空白ページ 空白ページツールで、ファイル、画像、およびテキストを、コースメニューのリンクとして含めることができます。重要な情報については、コースメニューに空白ページを含めるようにしてください。コースメニューのリンクが多すぎると、受講者が困惑することがあります。情報が不要になったらすぐに、コースメニューから空白ページを削除してください。
ツールリンク カレンダーや日誌などの、利用可能なツールへのリンクを作成します。[ツール]ページへのリンクも作成できます。
コースリンク コース内の既存の領域、ツール、項目へのショートカットを作成します。
Webリンク インターネット上のリソースにすばやくアクセスできるよう、URLへのリンクを作成します。
モジュールページ モジュールページを作成して、ここに含める個々のモジュールを選択します。選択するモジュールは計算機などのツールでも、成績、警告、タスクなどの情報の表示でもかまいません。
サブヘッダー サブヘッダーは、リンクされていないテキストです。関連リンクをサブヘッダーでグループにし、ユーザーがすばやく情報を見つけられるようにできます。
区切り線 境界線は、コースメニューを視覚的に分割し、ユーザーがすばやく情報を見つけられるようにするための線です。境界線は、作成した後で適切な位置に動かすことができます。

コースメニューのリンクの並べ替えと管理

受講者が使いやすいように、コースメニューのリンクを整理したり、名前を変更したりすることができます。

  1. ドラッグアンドドロップ機能を使用して、コースメニューのリンクを並べ替えます。
  2. または、[アクセシビリティ対応キーボード配列]ツール([アクセシビリティ対応キーボード配列]ツールアイコン)を使用して、リンクを並べ替えます。
  3. リンクのコンテキストメニューにアクセスし、[名前の変更]を選択してタイトルを変更します。受講者がアクセスできないようにするには、[リンクの非表示]を選択します。受講者がアクセスできるようにするには、[リンクの表示]をクリックします。コンテンツエリアを[削除]すると、そのすべてのコンテンツ項目も永久に削除されます。この操作は元に戻せません。
  4. 編集モード]が[オン]に設定されていると、アクセス不可のリンクのタイトルに斜線の入った四角が付きます(使用不可コースメニューアイコン)。このリンクは、受講者のコースメニューには表示されません。

コンテキストメニュー

Blackboard Learnでは、ユーザーが実行できる項目にコンテキストメニューが関連付けられています。項目のタイトルの横にある下向き矢印をクリックして、その項目のコンテキストメニューにアクセスします。コンテキストメニューには、コンテンツ項目、コースメニューのリンク、成績センタの列など、Blackboard Learnの数多くのコンポーネントに対するオプションが含まれています。コンテキストメニューのオプションは、コンポーネントによって異なります。

共通のコンテキストメニューオプション

Blackboard Learnの多数の項目に共通のオプションを以下に示します。オプションが表示されない場合は、その項目に対してその操作を実行できません。

  • 開く
  • 編集
  • コピー
  • 移動
  • 削除

その他のコンテキストメニューオプション

以下のオプションは、項目のタイプやユーザーの担当によって異なります。以下のリストはすべてを網羅するものではありません。

  • 適応リリースオプション
  • メタデータ
  • 統計トラッキング
  • ユーザー進行状況
  • 電子メール
  • 管理
  • 成績
  • 新規としてマーク

コントロールパネル

コントロールパネルはコースメニューの下に表示され、そこからすべてのコースを管理できます。領域の展開や折りたたみには、各リンクの横にある矢印を使用します。コントロールパネルは、ユーザーが次のいずれかのコース担当である場合に限り使用できます(インストラクタ、ティーチングアシスタント(TA)、採点者、コース作成者、または管理者)。

コントロールパネルは以下の領域で構成されています。

コントロールパネル領域
領域 機能
ファイル]または[Content Collection

各コースには、[コントロールパネル]の[ファイル]セクションからアクセスする、固有のコースファイル領域があります。コースファイルを使用して、コース内の1つの場所からすべてのファイルにアクセスできます。コースファイルはコースに関係するもので、コースのコンテンツのみが保存されます。コンテンツは同じインストラクタが指導するコース全体で共有されることはありません。コースファイルのコンテンツは、リンクするだけでコース内の複数の箇所で使用できます。

教育機関にContent Managementがライセンスされている場合は、この領域からContent Collectionを使用できます。これにより、教育機関はユーザーがコンテンツを共有できる共通コンテンツリポジトリを得ることができます。その結果、他のコースおよび自分のコンピュータからコンテンツをコースに追加して、Content Collectionを通じて管理できます。[コントロールパネル]には、セクションのヘッダーとして[ファイル]ではなく[Content Collection]が表示されます。

コースツール コースに追加して使用できるツールすべてが含まれます。一度追加したツールは、コントロールパネルから管理できます。ここで利用可能なツールを管理する方法については、「コースツールのアクセス設定」を参照してください。
アセスメント コースレポート、Retention Center、およびパフォーマンスダッシュボードへのリンクを提供します。これらを使用して、受講者のアクティビティおよびコンテンツの使用状況に関する情報を表示し、インストラクタが作成した基準に基づくパフォーマンスを通知します。詳細については、「コースレポート」、「Retention Center」、および「パフォーマンスダッシュボード」を参照してください。
成績センタ 要採点]ページ、[成績センタ全体]、成績センタのデフォルトのスマートビュー、および作成したスマートビューへのリンクを提供します。[成績センタ全体]セクションのインデントされたリストにスマートビューが表示されます。詳細については、「スマートビュー」を参照してください。
ユーザーとグループ コースのユーザーを表示、登録、編集、および削除します。正式な受講者グループを作成、管理すると、受講者が共同で作業を行うことができます。詳細については、「ユーザーの管理」および「グループツール」を参照してください。
カスタマイズ 登録オプションとゲストおよびオブザーバーのアクセスを制御します。コースのプロパティ(コースの名前、アクセス設定、言語パックなど)を変更できます。[クイックセットアップガイド]と[指導スタイル]ページを使用して、コースの外観を変更できます。ツールのアクセス設定を変更して、コース内で使用できるツールとツールにアクセスできるユーザーを制御します。詳細については、「登録オプション」、「ゲストおよびオブザーバーのアクセス」、「コースプロパティ」、「英語以外の言語」、「コーススタイルのオプション」、および「コースツールのアクセス設定」を参照してください。
パッケージとユーティリティ コースをインポート、エクスポート、およびアーカイブします。コースリンクをチェックします。コースの一部またはすべてをコピーしたり、選択したファイルをコースファイルまたはContent Collectionにコピーしたりします(利用可能な場合)。詳細については、「コースパッケージのインポート」、「コースのエクスポートとアーカイブ」、「コースリンクの確認」、「コースのコピー」、「ファイルのコースファイルへの移動」を参照してください。
ヘルプ オンラインドキュメントを提供します。

ページングオプション

Blackboard Learnでページに表示する項目数を指定するには、ページングオプションを編集します。たとえば、メインの掲示板ページに表示するフォーラムの数や、[要採点]ページに表示する項目の数などを決定できます。

デフォルト値は1ページあたり25件であり、項目の最大数は1ページあたり1,000件です。[すべて表示]をクリックすると、すべての項目が表示され、他のコントロールは非表示になります。パフォーマンスを確保するため、1ページあたりの項目数が非常に多くならないようにしてください。

ページングオプションを編集するには、次の手順に従います。

  1. ページングの編集]をクリックします。
  2. 1ページあたりの項目数]テキストボックスに数値を入力します。入力した数値が項目の合計数よりも多い場合は、すべての項目が表示されます。数値が1より小さい場合は、1つの項目が表示されます。
  3. OK]をクリックします。

コースのホームページ

コースのホームページへのリンクがデフォルトでコースメニューに表示されますが、これは教育機関側で変更できます。これには、コースのイベントと通知について知らせるモジュールが含まれます。モジュールは[所属教育機関]タブ上のモジュールと同様に機能します。モジュール内のリンクを使用してコース内の領域に移動し、モジュールの追加、削除、および整理ができます。詳細については、「モジュール」を参照してください。

教育機関側で、モジュールの名前を変更したり、使用可能なモジュールを決定したりできます。

多くの場合、コースのホームページがデフォルトのコースエントリポイントであり、コースに入ったときに受講者に向けて表示される最初のページです。コースのエントリポイントを選択する方法については、「コースのエントリポイントを選択する」を参照してください。

ホームページの設定を編集するには、操作バーの上にあるタイトル横の矢印をクリックして、コンテキストメニューにアクセスします。たとえば、ユーザーにホームページのパーソナライズを許可するように設定を変更します。