メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

場所によるテストの制限

特定の物理的場所でのLearnテストの実行

Learnを使用して重要なテストを実行する教育機関が増えるとともに、コースの担当者、インストラクタ、管理者が受講者の不正行為を防止する必要性も高まっています。重要なテストは多くの場合、テスト中に(IDの使用などによって)受講者を識別し、監視できるように、監督されたラボ環境で行われます。ただし、テスト期間中に他の場所からLearnテストにアクセスすることができると、別の場所でテストを受けたり、別の者が別の場所で本人になり代わってテストを受けたりすることが可能になり、テスト環境のセキュリティが損なわれます。

IPアドレスによってPCを識別することは、場所を制限する上記のような要件を実施するよい方法になります。最初に、教育機関の管理者が、テスト環境限定で使用される1つ以上のネットワークセグメントに対応する、一定のIPアドレス範囲を作成します。

管理者が場所の制限のために一定範囲のIPアドレスを作成していない場合は、テストを行う場所を制限することはできません。

テストを行う場所を制限する方法

  1. テストの[テストオプション]ページに移動します。
  2. 場所の制限]ドロップダウンリストから場所を選択します。
  3. 送信]をクリックします。

テストオプション]ページの詳細については、「テストおよびアンケートのオプション」を参照してください。

テストアクセス設定の例外

場合によっては、受講者または受講者のグループに対して、指定された場所(IP範囲)以外でテストを受けることを許可することがあります。その場合は以下に示すように、[テストアクセス設定の例外]を使用して、場所の制限から、指定した受講者または受講者のグループを除外します。

重要なテストでは、システムによって実施されていた制限をインストラクタまたは監督が上書きできます。[テストの開始]ページでは、ユーザーがテストへのアクセスを阻止されたインスタンスと、この制限を上書きしてユーザーがテストを続行できるオプションが示されます。

これらの制限は、その後のレビューが必要な場合にはシステムによって記録されます。