メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

成績センタの改善

Blackboardは、Service Pack(SP)14での採点方法と成績センタについて、次のような改善を行っています。

  • 成績表の並べ替えと設計の更新 – このページでは、成績が表示される順序について、新しいデフォルトのオプションが用意されています。
  • [使用する得点]の設定を[オプション]ページから定義 – このワークフローの改善により、複数回の試行が可能なツール向けのこの設定についてインストラクタが把握し、簡単に見つけることができます。
  • テストの合計点数の調整– この拡張は、テストの合計点数や、合計点数を調整する必要性に関するニーズに対応するものです。
  • 100%を超える採点スキーマ– スキーマの割合を100%より大きくすることを可能にする拡張です。

成績表の並べ替えと設計の更新

次のような変更が行われています。

  • 順序条件]ドロップダウンリストでは、受講者がコース、最後のアクティビティ、または期日によって順序を変更できます。デフォルトでは、項目はコース順に並べられ、コースの中ではインストラクタが成績センタで設定した順に表示されます。
  • 受講者は、[すべて]、[採点済み]、[次回]、[送信済み]を選択して、リスト項目を絞り込むことができます。たとえば、[採点済み]を選択すると、インストラクタによって採点された行だけが表示されます。
  • テキストのサイズと行の間隔が縮小され、一度により多くの情報がページに表示されるようになりました。フィードバックがインラインに含まれるようになったので、受講者は何かをクリックして表示する必要がなくなりました。

新しい得点

使用する得点]ドロップダウンリストが、[テストオプション]および[課題の作成]ページに追加されました。 

テストの合計点数の調整

旧リリースでは、自動的に作成されてテスト結果が表示されていた成績センタ列について、変更が行われました。このリリースでは、上記の変更の整合性を維持しながら、テストの[満点の合計]をユーザーが調整できるようになっています。

100%を超える採点スキーマ

インストラクタは、採点スキーマの最大値をいくらでも大きくすることができます。つまりインストラクタは、150%や200%など、100%を超える割合を自由に設定できるということです。

詳細情報

詳細については、「成績センタ」を参照してください。