メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

機能およびツールのアクセス設定

管理者はユーザーが利用できるContent Collectionの機能やツールを管理できます。

  1. 管理者パネル]にアクセスします。
  2. コンテンツ管理]モジュールの[機能とツールの管理]をクリックします。
  3. 機能とツールの管理]ページの[機能およびツールアクセス設定]をクリックします。
  4. オプションをオン/オフにします。

表示オプション

[機能およびツールのアクセス設定]は、コンテンツ上で実行するアクションのアクセス設定とは別に管理されます。[表示オプション]ページでは、コンテンツに対してユーザーが実行できるアクションを選択できます。また、サイズやアクセス権の情報など、ユーザーに対して利用可能にするコンテンツの情報を選択できます。

表示オプション]ページは、管理者パネルの[コンテンツ管理]にあります。

機能およびツールアクセス設定の指定

以下の表に使用できるフィールドを示します。

 
フィールド 説明
Content Collectionのアクセス設定
Content Collectionが利用可能です はい]を選択すると、ユーザーがContent Collectionを利用できるようになります。[いいえ]を選択すると、システムでContent Collectionが利用不可になります。[いいえ]を選択すると、システムには[Content Collection]タブもContent Collectionツールへのリンクも表示されません。
機能のアクセス設定
ファイルパスが利用可能です 詳細については、「パスを使用した、システム外部のユーザーとのコンテンツの共有」を参照してください。
フォルダパスが利用可能です 詳細については、「フォルダおよび項目について」を参照してください。
バージョンを利用可能にする 詳細については、「項目のバージョン管理」を参照してください。
ロックを利用可能にする 詳細については、「フォルダプロパティの編集」を参照してください。
コンテンツコメントが利用可能です 詳細については、「プライベートまたは共有としてのフォルダコメントの設定」および「項目コメントの管理」を参照してください。
コンテンツトラッキングを利用可能にする 詳細については、「フォルダプロパティの編集」、「項目への変更のトラッキング」、および「統計追跡の有効化と統計レポートの表示方法」を参照してください。
統計が利用可能です  
ツールアクセス設定
ワークフローアクションが利用可能です 詳細については、「ワークフロー」を参照してください。
ブックマークを利用可能にする 詳細については、「ブックマーク」を参照してください。
検索を利用可能にする  
指定先へ移動を利用可能にする 有効にした場合、ユーザーはシステム内で共有している特定の場所に直接移動することができます。
ヘルプを利用可能にする 有効にした場合、ユーザーはContent Collectionの[ツール]セクションからBlackboardのヘルプにアクセスできます。
個人設定が利用可能です  
Content Collectionビューのアクセス設定
Content Collectionビューが利用可能 はい]を選択すると、Content Collectionへのアクセスが許可されます。Content Collectionを利用できる場合、ユーザーはContent Collection内のすべてのファイル、および特定のコースに格納されたファイルにアクセスできます。[いいえ]を選択すると、コースファイルビューが使用されます。このオプションは、ユーザーに自分のコースのコンテンツにのみアクセスを許可します。
再利用可能オブジェクトの利用可能性
再利用可能オブジェクトが利用可能です

はい]を選択すると、ユーザーがContent Collectionに再利用可能オブジェクトを作成できるようになります。既存の再利用可能オブジェクトは、この設定の変更に影響されません。

はい]を選択すると、Content Collectionの操作バーに[構築]ドロップダウンリストが表示されます。ユーザーは、自分が作成した再利用可能オブジェクトを他のユーザーが検出して使用できるように、他のユーザーに適切なアクセス権を割り当てる必要があります。ユーザーは、6種類の再利用可能オブジェクトを作成できます。

  • 課題
  • コースコンテンツ
  • ディスカッショントピック
  • 外部リンク
  • 成績センタ
  • HTMLオブジェクト

詳細については、「再利用可能オブジェクトの作成および使用」を参照してください。

利用可能な再利用可能オブジェクトの検出

はい]を選択すると、コースおよび組織・グループのコンテンツエリアにある再利用可能オブジェクトを検出できるようになります。また、ユーザーは、再利用可能オブジェクトのラーニングオブジェクトカタログも検索できるようになります。既存の再利用可能オブジェクトは、この設定の変更に影響されません。他のユーザーがContent Collectionに作成した再利用可能オブジェクトを検出するには、ユーザーは自分のコースで追加設定を行う必要があります。

  1. コースにアクセスします。
  2. コントロールパネルで[カスタマイズ]セクションを展開し、[プロパティ]を選択します。
  3. プロパティ]ページの[コースファイル]セクションで、[すべてのContent Collectionオプションを表示する]オプションを選択します。
  4. 送信]をクリックします。