メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

ログ設定の指定

システムに関するエラーおよび情報のメッセージは、初期設定のTomcatログで生成されます。[ログ設定]ページを使用して、システム内に問題があってデバッグが必要な際に追加情報を生成します。この情報を使用してBlackboardサポートは状況を改善します。

管理者は、ログイベントを有効にした後にTomcatを再起動する必要はありません。

Content Collectionログについて

Content Collectionログはすべて、Blackboardの最上位ディレクトリの下のログディレクトリに保存されます。ログディレクトリ内には、ログを保存するフォルダと、ログファイルのサイズ管理の目的で圧縮保存されたログを保存するアーカイブフォルダがあります。

ログ設定を指定する方法

  1. 管理者パネルの[コンテンツ管理]で、[詳細設定]をクリックします。
  2. ログ設定]をクリックします。以下の表に使用できるフィールドを示します。
     
    フィールド 説明
    一般的なログ設定
    イベントのログをファイルに記録する

    Content Collectionのイベントをログファイルに記録するには、[はい]を選択します。[いいえ]を選択すると、イベントのログは記録さません。

    大規模なインストール環境でセッションの期限切れをログに記録すると、ログの検索時にパフォーマンスの問題が発生することがあります。

    ログファイルのパス/名前 ログファイルのパスを表示します。このフィールドは編集できません。
    最大ログファイルサイズ(無制限の場合0) ログファイルの最大サイズを設定します。
    保存ログファイル数(無制限の場合0) 保存するログの最大数を設定します。
    ログ情報メッセージ デバッグまたは統計情報の目的で情報メッセージのログを記録するには、[はい]または[いいえ]を選択します。致命的なエラーメッセージのログは、この設定には無関係に記録されます。
    ログ記録設定
    ログファイルには、自動的に、Content Collectionのすべての領域の一般的な詳細が含まれます。このページで記録が[はい]に設定されているフィールドについては、ログに追加の詳細が含まれます。これらのオプションは、システムのデバッグが必要でない限り、[いいえ]にしておく必要があります。これらのオプションをオンにすると、システムパフォーマンスが著しく低下することがあります。
  3. 送信]をクリックします。