メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

応答期間の作成

応答期間は、アンケートの送信先となる受講者(受信者)のグループとアンケートのデータを収集できる時間枠の組み合わせを表します。アンケートの受信者は、コースの登録状況、Blackboardシステム内での担当、またはEメールアドレスに基づいて選択できます。

選択した受信者のタイプによって、実行可能なレポートのタイプが決まります。コースに登録されている受信者、またはBlackboardに担当を持つ受信者は、多くの場合、他の人口統計上の情報がシステムに保存されています。この情報は、人口統計に基づいて回答を分析するためにレポートで使用できます。Eメールアドレスのリストからアップロードされた受信者は、人口統計的な比較には利用できません。

応答期間は、匿名のアンケート回答を収集するようにデフォルトで設定されます。

異なる時期に異なる受講者のグループにアンケートを送信するには、1つのアンケートに対して複数の応答期間を作成するのが最も効率的です。アンケート結果を分析するときは、異なる応答期間の結果を比較します。

  • 秋季および春季の応答期間を使用して学部生のコース評価を作成します。アンケートに回答する受講者とアンケートのデータを収集できる時間枠は異なりますが、質問は同じです。異なる学期に登録した受講者の結果を、受講者のコースや受講者が所属する学科など、異なる基準に基づいて分析できます。

    1人の受講者が、アンケートの対象となっている2つ以上のコースに登録されている場合、その受講者はコースごとに通知を受け取ります。また、それぞれのコースについて個別にアンケートに回答する必要があります。個々の回答は、その回答が適用されるコースに関連付けられます。

  • 全卒業生に対する卒業後のアンケートを作成し、それを電子メールで配信します。複数の電子メールリストを使用して、卒業年ごとに応答期間を作成します。結果を、卒業年に基づいて質問ごとに分析できます。

応答期間の作成方法

  1. 既存の企業のアンケートのコンテキストメニューにアクセスします。
  2. 応答期間]を選択します。
  3. 応答期間]ページで、[応答期間の作成]をクリックします。
  4. 詳細な概要]タブに情報を入力します。
  5. アンケートの回答は、匿名の回答を収集するように自動的にデフォルト設定されます。[匿名の応答を受け付ける]チェックボックスがオンになっている場合、すべての受信者からの回答は匿名になります。デフォルトを変更する場合、[匿名の応答を受け付ける]チェックボックスをオフにします。

    レポートで統計を使用してアンケート回答を比較する場合は、アンケートの回答を匿名に設定することはできません。[匿名の応答を受け付ける]チェックボックスをオフにします。

  6. 保存して続行]をクリックし、[受信者の選択]タブ、[通知]タブ、および[スケジュール]タブに進みます。各タブについては、以下で説明します。
  7. 応答期間のパラメータ設定が完了したら、[保存して終了]をクリックします。

応答期間に戻ってさらに編集するには、[応答期間]ページに移動し、既存の応答期間のコンテキストメニューにアクセスして[応答期間の編集]を選択します。

受信者の選択方法

受信者の選択]タブでは、アンケートの受信者を場所別、担当別、または電子メールアドレスのアップロードによって選択します。応答期間には、受信者の登録、担当、電子メールアドレスに基づいて受信者のセットを1つだけ設定できます。1つの応答期間で、アップロードされた電子メールアドレスのリストとコースに登録されている受講者のセットを組み合わせることはできません。代わりに、同じアンケートを使用して2つの応答期間を作成し、1つを電子メールアドレス用、もう1つを登録済みユーザー用にすることができます。

場所別

場所は、コースおよび組織・グループの登録情報を表します。コース、組織・グループ、またはその両方に登録しているすべてのユーザーにアンケートを送信できます。受信者のプールを絞り込むには、特定のコース担当のみ、1つの学期内のコースのみ、および教育機関にCommunity Engagementがライセンス付与されている場合は部署またはビジネスユニット内のコースのみを含めるようにします。

このオプションを使用すると、[スケジュール]タブからアンケートの結果をインストラクタにリリースできます。

この例では、2012年春季の生物学科のコースに登録している受講者にコース評価を送信する方法を示します。ここでは、教育機関に場所が作成され、学期が追加されているとします。

  1. 場所の選択]タブで、[場所に送信]を選択します。
  2. 場所の検索]をクリックし、生物学科を検索します。
  3. 期間の検索]をクリックし、2012年春季を選択します。
  4. コースの担当]で[受講者]を選択します。
  5. 計算]または更新アイコンをクリックして、おおよその受信者数を確認します。
  6. 保存して終了]をクリックします。

ユーザー別

ユーザーの教育機関での担当に基づいて、すべてのユーザーにアンケートを送信できます。教育機関にCommunity Engagementがライセンス付与されており、場所を作成している場合、特定の教育機関の担当のみを指定するか、または部門またはビジネスユニットなどの場所内の教育機関の担当を指定することで受信者の範囲を限定することができます。

この方法を使用して受信者を選択すると、レポートへのアクセスをアンケートの作成者と管理者に制限できます。アンケートの結果を教師にもリリースする必要がある場合は、[場所]オプションを使用して受信者を選択します。レポートはいつでも保存して手作業で配布できます。

この例では、教養学部の教職員およびスタッフに従業員満足度アンケートを送信する方法を示します。

  1. ユーザーの選択]タブで、[ユーザーに送信(場所別)]を選択します。
  2. 場所の検索]をクリックし、教養学部を検索します。
  3. 利用可能な担当]から[教職員]と[スタッフ]を選択し、矢印をクリックして[選択した担当]に移動します。
  4. 計算]または更新アイコンをクリックして、おおよその受信者数を確認します。
  5. 保存して終了]をクリックします。

電子メールアドレスのアップロード

電子メールアドレスは、テキストファイルでシステムにアップロードされます。教育機関にContent Managementのライセンスが付与されている場合、自分のコンピュータまたはContent Collectionからファイルをアップロードできます。電子メールアドレスはそれぞれ、テキストファイル内の別々の行に置かれている必要があります。

受信者にアンケートのアクセス設定について通知する方法

通知]タブでは、受信者への通知方法を選択し、受信者が受信するメッセージを編集します。受信者には、コース通知、My Blackboard通知、または電子メールによって、利用可能なアンケートが通知されます。利用可能な通知方法は、選択した受信者のタイプによって異なります。たとえば、アップロードした電子メールリストから選択した受信者はコース通知やMy Blackboard通知を受信しません。

  • コース通知は、選択したユーザーに対して、アンケートの送信先として選択されたコース内のあらゆるページの上部に表示されます。コース通知が表示されるのは、コースに登録し、その登録と自分のコース担当に基づいてアンケートを受信するように選択されたユーザーだけです。

    コース通知は、教育機関での担当やアップロードされた電子メールリストに基づいてユーザーに送信されるアンケートには使用できません。

  • My Blackboardは、ユーザーが通知、連絡事項、および参加に関するその他のタイプの情報を一元的に受信できる場所です。ユーザーは、システム内で担当を割り当てられたときに、My Blackboardでアンケートの通知を受信します。

    My Blackboard通知は、アップロードされた電子メールリストから選択された受信者には使用できません。

  • 電子メール通知は、すべてのタイプのアンケート受信者に使用できます。電子メールは、コース通知やMy Blackboardが使用可能な場合の追加的な通知方法として選択できます。これは、アップロードされた電子メールに使用できる唯一の通知方法です。

    電子メール通知を選択したときは、[送信者]ボックスに有効な電子メールアドレスを入力する必要があります。配信できない電子メールは、この電子メールアドレスに戻ってきます。大規模な電子メールリストにアンケートを送信する場合は、大量の電子メールを受信できる代替の電子メールアカウントを自分自身のために設定することを検討してください。

    Cc]ボックスには、電子メールアドレス(自分自身のものを含む)を含めることができます。これはオプションです。

アンケート通知の編集方法

応答がタイムリーに行われるように、テキストエディタを使用して、受信者が受け取る通知および送信メッセージをパーソナライズします。通知メッセージに画像、リンク、またはメディアを追加することはできません。テキストエディタには、アンケート名、教育機関名、アンケートの終了日などのテキストを自動的に入力するための変数が含まれています。

通知メッセージには、件名とメッセージ本文が含まれています。どちらのフィールドも必須であり、編集可能です。どちらのフィールドでも変数を使用できます。通知メッセージを編集するには、以下の手順に従います。

  1. 応答期間の編集]ページで、[通知]タブにアクセスします。
  2. 通知方法]で、[編集]をクリックしてテキストエディタを開きます。[件名]を入力します。
  3. 変数の挿入]アイコンをクリックして、メッセージに含める変数を選択します。変数は、特定のユーザー宛ての通知またはメッセージに動的にテキストを挿入します。たとえば、コース名変数を選択した場合、関連付けられているコースの名前が通知内またはメッセージ内に表示されます。
  4. メッセージ]を入力します。
  5. 変数の挿入]アイコンをクリックして、メッセージに含める変数を選択します。
  6. アンケートのテキストリンクを編集します。
  7. メッセージが受信者に対してどのように表示されるかを確認するには、[プレビュー]をクリックします。

自動システム応答の編集方法

自動システム応答メッセージは、アンケートの受信者が何らかのアクションを実行した後で、その受信者に送信されます。自動システム応答にはメッセージ本文だけが含まれています。アンケートが送信されると、受信者は送信メッセージを受信します。受信者がアンケートを複数回送信しようとすると、その受信者は重複送信メッセージを受信します。受信者が応答期間が終了したアンケートに回答しようとすると、その受信者は使用不可のメッセージを受信します。

  1. 応答期間の編集]ページで、[通知]タブにアクセスします。
  2. 自動システム応答]で、[編集]をクリックしてメッセージ用のテキストエディタを開きます。
  3. 件名を入力します。
  4. 変数の挿入]アイコンをクリックして、メッセージに含める変数を選択します。
  5. 送信メッセージ]を編集します。
  6. 変数の挿入]アイコンをクリックして、メッセージに含める変数を選択します。
  7. メッセージが受信者に対してどのように表示されるかを確認するには、[プレビュー]をクリックします。

メッセージ配信のスケジュール方法とリマインダの設定方法

スケジュール]タブでは、全学的アンケートを直ちに送信または終了したり、将来の日時で配信または終了をスケジュールしたりできます。

  1. 応答期間の編集]ページで、[スケジュール]タブにアクセスします。
  2. アンケートを送信および終了する日時を選択します。
  3. アンケートに応答していない受信者に電子メールリマインダを送信するには、[リマインダの追加]をクリックします。
  4. 時間間隔を選択するか、最初のリマインダを送信する日付を選択します。
  5. 最初のリマインダの日付に基づいて、異なる間隔でリマインダを繰り返します。
  6. 件名を入力します。
  7. メッセージ]を入力します。
  8. アンケートのリンクテキストを編集します。
  9. 保存]をクリックします。