メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

全学的アンケート

全学的アンケートを使用して、満足度のレベル、Community Engagement、および教育機関の効果に影響を与えるその他の態度を測定できます。アンケートでは、自己報告のデータや推定成功を信頼することで、受講者の学習状況を間接的に評価測定します。

全学的アンケートはシステムレベルで配布されます。インストラクタがコース内で使用できるコースのアンケートに置き換わるものではありません。コースのアンケートの詳細については、「テストとアンケートの作成」を参照してください。

全学的アンケートは、受講者の特定のグループからのフィードバックを収集します。アンケートの受信者は、システム内での役割、コースへの登録、あるいはCommunity Engagementが教育機関に付与されている場合は部署またはビジネスユニットに基づいて選択できます。また、受信者の電子メールアドレスのリストをアップロードして、コミュニティメンバ、ビジネスリーダー、卒業生、保護者、およびその他の関係者に配布することもできます。

企業のアンケートは、匿名でデータを収集するようにデフォルト設定されています。応答期間の設定時にデフォルト設定を変更しない限り、回答から個人が特定されることはありません。

1人の受講者が、アンケートの対象となっている2つ以上のコースに登録されている場合、その受講者はコースごとに通知を受け取ります。また、それぞれのコースについて個別にアンケートに回答する必要があります。個々の回答は、その回答が適用されるコースに関連付けられます。

企業のアンケートで使用できる質問のタイプには、リッカートスケール問題、マトリックス問題、多肢選択問題、選択問題、オープンエントリ問題などがあります。指示、セクション区切り、ページ区切りを追加したり、カスタマイズされたヘッダーやフッターを使用してアンケートのブランドを設定したりできます。

アンケートを複数の受信者セットに送信して、その結果を分析できます。アンケート結果は、指定した受信者と時間枠のセットである応答期間を使用して比較されます。また、登録、メンバシップ、統計で比較したり、特定のアンケートの質問で比較したりもできます。レポートを生成して、異なるアンケートの結果を比較することはできません。比較できるのは、同じアンケートの異なる応答期間のみです。異なるアンケートの結果を分析するには、アンケートデータをダウンロードして、サードパーティの分析ツールを使用してください。

全学的アンケートにアクセスするには、特殊なユーザーアカウントが必要です。このアカウントは教育機関が作成します。[教育機関]タブの[ツール]パネルで、[全学的アンケート]を選択します。詳細については、「アクセスとアカウントの管理」を参照してください。

アンケートは、パブリックJavadocまたはWebサービスAPIからはアクセスできません。

[全学的アンケート]ページについて

  1. 既存のアンケートを検索するには、検索フィルタを使用します。
  2. アンケートの応答期間、ステータス、および完了したアンケートの数を表示するには、[応答グループ]列の番号をクリックします。
  3. アンケートの結果を表示したり、異なる応答期間の結果を比較したりするには、[結果の分析]をクリックします。