メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

成果

成果について

インストラクタとコース設計者は成果ツールによって、バッジと証明書の両方の形式で受講者を評価する基準を指定できます。受講者は獲得した評価と、さらに評価を獲得するために何が必要かを確認し、定義されている能力を得るための学習の進行状況を把握できます。受講者は、Blackboard Learn以外での学習の証拠を転送し、Mozilla Open Backpackにバッジを発行できます。インストラクタは、どの受講者が学習マイルストーンを達成したかを簡単に確認できます。Open BadgesとMozilla Open Backpackの詳細については、http://www.openbadges.org/about/を参照してください。

成果には4つの機能領域、成果の説明、評価、通知、共有があります。評価を獲得するには、成果の説明で特定された基準を満たす必要があります。獲得した評価については受講者に通知され、受講者はそれを世界中に公開することができます。

成果の説明

成果の説明では、成果について説明するとともに、評価を得るために受講者が満たす必要がある基準を示します。成果には次の3つのタイプがあります。

  • コース完了 – 報賞として証明書が必要です。追加のバッジはオプションです。
  • マイルストーン – 報賞としてバッジのみを授与できます。
  • カスタム – バッジ、証明書、またはその両方を使用できます。

成果はBlackboard Learnのコンテンツ適応リリース技術に基づいています。適応リリースによってサポートされている基準は、成果の評価を目的としています。これには現在、以下のものがあります。

  • テスト、アンケート、または課題の結果
  • テスト、アンケート、課題、採点済み掲示板、採点済みWiki、採点済みブログ、採点済み日誌の成績
  • 手動の成績センタ列
  • コースコンテンツのステータス(レビュー済みマーク付き)
  • グループのメンバシップまたは特定ユーザー
  • 成果獲得の開始日

​評価

それぞれの成果には、設定中に特定された1つ以上の評価が必要です。評価は、必要な基準を満たすことで与えられる項目です。これはバッジや証明書の形式で付与されます。

デジタルバッジは、獲得したスキル、または完了した教育上のマイルストーンをオンラインで表すものです。デジタル署名され検証されたバッジであり、別の受講者がコピーして使用することはできません。バッジを付与する組織・グループである発行者は、バッジの所有権を保持し、期限切れまたは取り消しによって無効になった場合には、受領者のバックパックから削除することができます。バッジの獲得に関する説明および基準はバッジ内にデジタルでエンコードされているため、バッジを見ればどのように獲得されたかが誰でもわかるようになっています。Open BadgesとMozilla Open Backpackの詳細については、http://www.openbadges.org/about/を参照してください。

バッジについては、既存のバッジのライブラリと、カスタムバッジをアップロードするオプションを使用できます。証明書については、証明書の形式に関する小さなライブラリが提供されています。このリリースでは、カスタマイズされた証明書の形式に関するオプションは用意されていません。

通知

成果の評価を受け取る受講者には、直ちに通知されます。これはオーバーレイ通知として、表示しているページの最上部に表示されます。インストラクタが項目を採点するか、手動で成績を入力したことで、受講者がコースの他の部分にいるときに評価を受け取る場合があります。オーバーレイ通知は、受講者が現在いるコース内の場所に表示されます。

受講者が該当するBlackboardコース内にいない(オフラインであるか別のコースにいるなど)ときに成果の評価が発行された場合、通知は成果の評価が発行されてから初めてコースにアクセスしたときに表示されます。また受講者のMy Blackboardには、コースで新しい成果を獲得したことを示す、新しい更新メッセージが表示されます。

受講者は、コース内で獲得したすべての成果と、まだ獲得していない成果を確認できます。インストラクタは、個々の成果と、評価を獲得したかまたはコースを完了した受講者の合計数と名前を簡単に確認できます。

共有

許可された受講者は、獲得したバッジをMozilla Open Badges Backpackに発行することができます。Open BadgesとMozilla Open Backpackの詳細については、http://www.openbadges.org/about/を参照してください。

受講者は獲得した証明書について、発行組織・グループ、コースのタイトル、受講者の名前、獲得した日付が記載された証明書を表示して印刷できます。

成果を利用可能にする方法

既存のコースで成果を利用できるようにする必要があります。

  1. [システム管理者]ページで、[ツールおよびユーティリティ]パネルから[ツール]をクリックします。
  2. ツールのリストで[成果]を見つけて、[成果]で[常にオン]を選択すると、このツールがすべてのコースでオンになります。インストラクタが[カスタマイズ]の[ツールのアクセス設定]にあるコントロールパネルから、成果のオン/オフを切り替えられるようにするには、[デフォルトでオン]を選択します。

成果の設定方法

成果を利用可能にしたら、管理者はツールのアクセス設定を決定します。[システム管理者]ページで、[ツールおよびユーティリティ]パネルから[ツール]をクリックします。[成果]を見つけます。

デフォルトでは、獲得したバッジを受講者がMozilla Backpackに発行する機能は無効になっています。教育機関がMozilla Backpack発行を有効にする場合は、バッジの発行に必要な情報を入力してツールを設定する必要があります。Mozilla Backpack発行を有効にしたくない教育機関でも、発行組織・グループ名が証明書に表示可能になるようにツールを設定する必要があります。

  • 発行組織・グループ:このフィールドには、バッジまたは証明書を発行する教育機関/組織・グループの名前を入力します。この値は、Mozilla Badgesと証明書に表示されます。
  • 発行者:[組織・グループ]に設定した場合は、管理者が発行者の名前を設定します。この名前はコース内で変更することはできません。[コース]に設定すると、発行者の名前はデフォルトでコース名になりますが、成果を作成するインストラクタは、発行者名を任意のテキストに設定できます。後者の設定は、複数の組織・グループが同じBlackboard環境を共有する、コンソーシアムや複数の教育機関の場合に適しています。教育機関では、すべての評価に一貫した発行者名を適用するために、[組織・グループ]を選択することが多くなるでしょう。

    このリリースでは、証明書には常に管理者が指定した組織・グループ名が表示されます。発行者名を上書きすることはできません。

  • 認証コードこのフィールドは、Mozillaでバッジを検証するための一意の識別子として使用されます。Blackboard Learnでは認証コードが自動的に生成されるため、操作の必要はありません。ただし、管理者は選択したハッシュを使用することもできます。
  • 発行者名発行者を[組織・グループ]に設定すると、入力した値がMozillaバッジに発行者名として埋め込まれます。インストラクタはこの値を上書きすることはできません。
  • 発行者URL指定したURLをMozillaが使用して、Blackboard Learnサーバーに対してバッジの有効性検証要求を行います。これは、サーバーの公開URLに設定する必要があります。

ファイアウォールに関する考慮事項

Mozilla Open Backpackでバッジの発行を有効にする場合、管理者は、この設定で指定されたURLにMozilla Open Backpackサーバーがアクセスすることを妨げる、ファイアウォール制限がないことを確認する必要があります。

重要な注意

  • Blackboard Learnは、Mozilla Open Badge InitiativeによるMozilla Backpackのバッジ発行者です。
  • 成果ツールはBlackboard Learnのコンテンツ適応リリース技術に基づいています。
  • Mozilla Open Backpackでバッジの発行を有効にする場合、管理者は、この設定で指定されたURLにMozilla Open Backpackサーバーがアクセスすることを妨げる、ファイアウォール制限がないことを確認する必要があります。

既知の問題一覧

  • 現時点では、獲得した成果を複数のコースにわたって確認することはできません。
  • 現時点では、受講者が基準を満たして評価を獲得するための、終了日または締め切りを設定することはできません。

セキュリティ

Building Blockのアクセス権

Javaタイプ 名前 アクション このアクセス権が必要な理由
blackboard.data.AttributePermission user.* get

画面に表示するユーザー情報を取得する

java.lang.reflect.ReflectPermission suppressAccessChecks  

Springライブラリが機能するために必要

java.lang.RuntimePermission  accessDeclaredMembers
createClassLoader 
setContextClassLoader
 

Springライブラリが機能するために必要

java.io.FilePermission BB_HOME/logs/- 読み取り、書き込み

ログ記録が機能するために必要

java.io.FilePermission ${java.home} 読み取り

Springライブラリが機能するために必要

java.io.FilePermission BB_CONTENT/- 書き込み

コースフォルダにカスタムバッジの画像をアップロードするために必要

共有コンピュータで使用するための考慮事項

Mozilla Backpackの認証は、Mozilla Personaを通じて処理されます。そのため、ユーザーのBackpackセッションが期限切れになったり、明示的なログアウトによって終了した場合でも、ユーザーのMozilla Personaアカウントはログインしたままになります。

そのためBlackboardでは、共有コンピュータで成果を使用するエンドユーザーは、Mozilla Personaから直接明示的にログアウトし、ブラウザからクッキーを削除して、Mozilla Personaから行われたアクセスが保護されるようにすることをお勧めします。

これはMozillaに関する既知の問題であり、Mozilla Open Badges Issue 511および855によって追跡され、またLRN-67662によってBlackboard内部で追跡されます。

アクセス設定の制限

教育機関によっては、成果を使用するためのアクセス設定を、組織・グループの一部だけに制限したい場合があります。その場合は、教育機関の階層を使用して、ツールのアクセス設定を制限します。