メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

コースのエクスポート、アーカイブ、リストア

Blackboard Learnでコースのエクスポートとアーカイブを実行することには、明確な目的が2つあります。

  • 新しい受講者群に指導するためにコース教材を後で再利用する場合に、コースをエクスポートします。
  • コースの記録を保持するために、コースをアーカイブします。

エクスポートしたコースをインポートする方法の詳細については、「テンプレートとエクスポートパッケージからのコースの作成(コースのインポート)」を参照してください。

コースをエクスポートすると、コースパッケージと呼ばれるコースコンテンツのZIPファイルが作成されます。コースパッケージをBlackboard Learnにインポートして、同じコンテンツを持つ新しいコースを作成できます。コースをエクスポートすると、コースコンテンツのみが含まれます。エクスポートには、ブログの投稿や成績などのユーザー対話のデータは含まれません。

コースをアーカイブすると、アーカイブパッケージと呼ばれ、コースコンテンツとユーザー対話のデータを含むZIPファイルが作成されます。アーカイブパッケージをリストアできますが、ユーザー対話のデータもすべてリストアされるので、コースを再び指導するためには使用できません。アーカイブパッケージは、安全な場所に保存してください。

コースパッケージやアーカイブパッケージは、解凍したり、抽出したりしないでください。パッケージからファイルを削除したり、パッケージに含まれるファイルをインポートしたりしないでください。コースのインポートまたはリストアは、パッケージがエクスポート時の状態のままである場合にのみ可能です。ZIPファイルを編集してからパッケージのインポートまたはリストアを行うと、コースの動作が不安定になり、予測不能になります。

旧バージョンのBlackboard Learnから、現在のバージョンにコースをインポートしたり、パッケージをアーカイブしたりできます。ただし、新しいバージョンからエクスポートしたパッケージを旧バージョンにインポートすることはできません。

必要なユーザーのアクセス権について

コースのエクスポート時またはアーカイブ時にコースファイルをコースパッケージに含めるには、パッケージを作成するユーザーにコースフォルダの管理権が必要です。

コースのインポート時またはリストア時に、コースパッケージからコースファイルを宛先フォルダに追加するには、操作を実行するユーザーにコースフォルダの管理権が必要です。

Content Managementのライセンスを所有している場合、読み取り権を持つユーザーは、インポート/エクスポートまたはアーカイブ/リストアの実行時にコースファイルへのリンクを含めることができます。管理権を持つユーザーは、コースファイルへのリンク、およびコースファイル自体のコピーを含めることができます。

コースのインポートまたはリストアを行うユーザーに管理権がない場合、一部のパッケージコンテンツが正常にアップロードされないことがあります。

パッケージの作成時に含められなかったファイルへのリンクは、パッケージのインポートやリストアの実行後に機能しなくなります。たとえば、コース領域がテストにリンクされているがパッケージにテスト、アンケート、およびプールを含めなかった場合、テストへのリンクは新しいコースで機能しません。

すべてのコースユーザーは、パッケージに含められたコースコンテンツの読み取り権を持ちます。以下の担当を持つユーザーは管理権が付与されます。

  • インストラクタ
  • コース作成者
  • ティーチングアシスタント

詳細については、「コースパッケージの作成時に含められるコンテンツ」を参照してください。

コンテンツタイプのアクセス設定について

Blackboard Learn 9.1 SP 4より前のバージョンでは、コースのエクスポート時やアーカイブ時に、利用可能な項目のみがコースパッケージに含められます。SP 4より前の環境からコースパッケージをインポートすると、パッケージには利用可能な項目のみがあり、利用可能/不可の設定内容が含まれていないので、利用不可だった項目が利用可能になることがあります。Blackboard Learnは、エクスポート時に除外された利用不可のコースツールと、旧バージョンには存在せずデフォルトで利用可能に設定された新しい項目を区別することができません。Blackboard Learn 9.1 SP4以降のバージョンでは、コースレベルで行われる利用可能と利用不可の両方の正確な設定が、エクスポートパッケージ内で追跡され、維持されます。

コースのアーカイブ方法

コースカートリッジ情報はアーカイブに含まれ、リストアできますが、SafeAssignmentは含まれず、リストアできません。詳細については、「SafeAssignについて」を参照してください。

アーカイブパッケージには、次の命名構造があります。

ArchiveFile_Course_ID_date/time_stamp.zip

Blackboardパッケージフォーマットは、Blackboard Learnに固有なコンテンツタイプをサポートするように拡張されたIMS Content Packaging Specificationに従っています。Common Cartridge形式のコースをエクスポートする方法の詳細については、「Common Cartridgeコースパッケージの作成」を参照してください。

  1. 管理者パネル]の[コース]セクションで、[コース]をクリックします。
  2. 操作バーで[アクションのバックアップ]をポイントしてドロップダウンリストにアクセスします。
  3. コースのアーカイブ]を選択します。
  4. ソースコードID]ボックスに、有効なコースIDを入力します。正確なコースIDが不明の場合は、[参照]をクリックしてコースを検索します。詳細については、「コースの検索」を参照してください。
  5. 成績センタ履歴を含めるには、コースIDの横にあるチェックボックスをオンにします。このオプションを選択すると、ファイルサイズと処理時間が増加します。
  6. ファイル添付]セクションで、コースファイルへのリンクのみを含めるか、コースファイルコンテンツへのリンクやコピーを含めるかどうかを選択します。

    コンテンツのリンクおよびコピーをコピーします]を選択した場合、[サイズの計算]をクリックして、パッケージサイズが表示されている[許容パッケージサイズ]を超過しないことを確認します。パッケージからファイルとフォルダを削除するには、[パッケージコンテンツの管理]をクリックします。

  7. 送信]をクリックします。Blackboard Learnはアーカイブパッケージを作成し、管理者のBlackboard LearnアカウントにEメールを送信します。このEメールには、パッケージのログファイルコンテンツへのリンクが記載されており、アーカイブパッケージが準備されていることを示します。
  8. 自分のBlackboard LearnのEメールアカウントに移動し、確認Eメールを受信したことを確認します。
  9. 管理者パネル]の[コース]セクションで、[コース]をクリックします。
  10. アーカイブするコースを検索します。
  11. コースのコンテキストメニューにアクセスします。
  12. エクスポート/アーカイブ]を選択します。[エクスポート/アーカイブ]ページには、Blackboard Learnから削除されていない、このコースのエクスポート/アーカイブパッケージがすべてリストされます。すでにダウンロード済みのパッケージも含まれます。ファイル名には、パッケージが作成された日付と時刻が含まれます。
  13. ZIPファイルのコンテキストメニューにアクセスします。
  14. 開く]を選択します。
  15. ファイルを開く]ダイアログで、[ファイルの保存]オプションを選択し、[OK]をクリックして、アーカイブパッケージを自分のコンピュータにダウンロードします。
  16. オプションで、パッケージをBlackboard Learnから永久に削除するには、ZIPファイルのコンテキストメニューから[削除]を選択します。

コースをエクスポートする方法

エクスポートしたファイルをインポートして、新しいコースを作成できます。詳細については、「テンプレートとエクスポートパッケージからのコースの作成(コースのインポート)」を参照してください。

Blackboardパッケージフォーマットは、Blackboard Learnに固有なコンテンツタイプをサポートするように拡張されたIMS Content Packaging Specificationに従っています。Common Cartridge形式のコースをエクスポートする方法の詳細については、「Common Cartridgeコースパッケージの作成」を参照してください。

  1. 管理者パネル]の[コース]セクションで、[コース]をクリックします。
  2. 操作バーで[アクションのバックアップ]をポイントしてドロップダウンリストにアクセスします。
  3. コースのエクスポート]を選択します。
  4. ソースコードID]ボックスに、有効なコースIDを入力します。正確なコースIDが不明の場合は、[参照]をクリックしてコースを検索します。詳細については、「コースの検索」を参照してください。
  5. 送信]をクリックします。
  6. コースのエクスポート]ページで、コースファイルへのリンクのみを含めるか、コースファイルコンテンツへのリンクやコピーを含めるかどうかを選択します。

    コンテンツのリンクおよびコピーをコピーします]を選択した場合、[サイズの計算]をクリックして、パッケージサイズが表示されている[許容パッケージサイズ]を超過しないことを確認します。パッケージからファイルとフォルダを削除するには、[パッケージコンテンツの管理]をクリックします。

  7. コース教材の選択]セクションで、エクスポートする各コース領域とツールのチェックボックスをオンにします。各項目に含まれる内容の詳細については、「コースの作成」を参照してください。
  8. 送信]をクリックします。

コースのリストアについて

コースをリストアすると、アーカイブされたときと同じ状態で、アーカイブパッケージがBlackboard Learnにアップロードされます。アーカイブパッケージには、コースコンテンツ(所属する教育機関がCommunity Engagementライセンスを所有している場合はすべてのコースカートリッジを含む)、ユーザーデータ、およびユーザー対話が含まれます。

アーカイブパッケージは、コースの永続レコードを提供するように設計されています。後で別の受講者群を指導するためにコース教材を保存するには、コースをアーカイブするのではなく、エクスポートします。詳細については、「テンプレートとエクスポートパッケージからのコースの作成(コースのインポート)」を参照してください。

コースがリストアされると、アーカイブパッケージに指定されている設定およびオプションで、新しいコースで有効な初期設定およびコースメニューオプションが置き換えられます。

旧バージョンのBlackboard Learnで作成されたコースパッケージはサポートされていない場合があります。サポート対象のバージョンについては、使用しているリリースの「リリースノート」を参照してください。

コースのリストアのサイズ制限

ユーザーインターフェイスからアップロードされるコンテンツのデフォルトのサイズ上限は2.5 GBです。インターフェイスを使用して 2.5 GBを越えるファイルをアップロードしようとすると、エラーが表示されます。この上限は、Webフォルダまたは共有場所(WebDAV)のアップロードには適用されません。

より大きなファイルをアップロードするには、管理者がコマンドラインを使用してファイルをアップロードするか、Tomcatのデフォルトのサイズ設定を大きくします。

最大アップロード制限を増加するには、webapps/blackboard/WEB-INF/config/struts/reporting-struts-config.xmlを開き、アップロード制限パラメータを変更します。ファイルサイズのアップロード制限はTomcatと関連しているため、WebDAVアップロードには適用されません。この設定はTomcatと関連しているため、変更を反映されるにはサービスを再起動する必要があります。

ユーザーレコードのリストア

リストアを実行すると、Blackboard Learnは、ユーザー名を電子メールアドレスと照合して、そのユーザーがシステム存在するかどうか確認します。

アーカイブパッケージに含まれているものとは異なる電子メールアドレスを持つユーザー名が存在する場合、Blackboard Learnは新しいユーザーアカウントを作成します。新しいアカウントのユーザー名の後には、番号が付けられます。

同じEメールアドレスを持つユーザー名が存在する場合、Blackboard Learnは新しいユーザーを作成しません。 

ユーザーアカウントが存在し、アカウントが無効である場合、Blackboard Learnは新しいユーザーアカウントを作成します。システム上に別のユーザーが作成されないように、元のユーザーアカウントは無効にする必要があります。

 

アーカイブパッケージは、ユーザー名がbb_userのアカウントでアップロードされます。リストアプロセスは、このユーザー名を持つユーザーをBlackboard Learnから検索します。システム内にbb_userが存在する場合、このプロセスでは電子メールアドレスが比較されます。電子メールアドレスが一致すると、既存のユーザー(bb_user)と合わせてcourse_usersに新しい登録レコードが作成されます。電子メールアドレスが一致しない場合、新しいユーザー(bb_user1)が作成されます。

セキュリティ上の理由により、リストア中に追加されたすべてのユーザーは、一次システム担当のみが割り当てられて作成されます。二次システム担当は含められません。

コースのリストア方法

  1. 管理者パネル]の[コース]セクションで、[コース]をクリックします。
  2. コースを検索します。詳細については、「コースの検索」を参照してください。
  3. 操作バーで[コースの作成]をポイントし、ドロップダウンリストにアクセスします。
  4. リストア]を選択します。以下の表に使用できるフィールドを示します。[r]は、必須フィールドを示します。
    コースのリストアで利用可能なフィールド
    フィールド 説明
    宛先コースID 新しいコースIDを入力します。Blackboard Learnにより、アーカイブパッケージのデータと設定を持つコースが作成されます。

    コースIDには、数字、文字、ハイフン(-)、アンダースコア(_)、ピリオド(.)を使用できます。その他の文字(スペースを含む)は使用できません。

    コースIDを、設定後に変更することはできません。

    このフィールドは検索可能です。

    パッケージの選択 アーカイブパッケージの正確な場所を入力するか、[マイコンピュータの参照]をクリックしてファイルを指定します。
    Content Collectionファイルのフォルダ このフィールドは、Content Managementがライセンス付与されている場合にのみ表示されます。

    Content Collectionのファイルをリストアから除外するには、[コースファイルのデフォルトディレクトリ]を選択します。

    Content Collectionのファイルをリストアに含めるには、[フォルダの選択]を選択します。[参照]をクリックして、フォルダを選択します。Blackboard Learnがサブフォルダを作成し、Content Collectionのファイルをそのサブフォルダにコピーします。

  5. 送信]をクリックします。

エクスポートログとアーカイブログを表示する方法

  1. 管理者パネル]の[コース]セクションで、[コース]をクリックします。
  2. コースを検索します。詳細については、「コースの検索」を参照してください。
  3. コースのコンテキストメニューにアクセスします。
  4. エクスポート/アーカイブ]を選択します。
  5. コースのエクスポート/アーカイブ]ページには、Blackboard Learnから削除されていない、このコースのエクスポート/アーカイブパッケージがすべてリストされます。すでにダウンロード済みのパッケージも含まれます。ファイル名には、パッケージが作成された日付と時刻が含まれます。
  6. ZIPファイルのコンテキストメニューにアクセスします。
  7. パッケージが作成された日付と時刻、およびステータスを表示するには、[基本ログの表示]を選択します。
  8. パッケージが作成された日付と時刻、ステータス、およびパッケージに含まれるコース教材のリストを表示するには、[詳細ログの表示]を選択します。

コースのエクスポート、アーカイブ、およびリストアを一括実行する方法

Blackboard Learnは、一度に多数のコースのインポート/エクスポートおよびアーカイブ/リストア、およびデフォルトの最大アップロード制限を超えるファイルのインポート/リストアを処理するbatch_ImportExportツールを搭載しています。

このツールは、コースIDとZIPパッケージのフルパスを含むバッチファイルを処理します。

デフォルトの最大アップロード制限

ユーザーインターフェイスからアップロードされるコンテンツのデフォルトのサイズ上限は250 MBです。インターフェイスを使用して 250 MBを越えるファイルをアップロードしようとすると、エラーが表示されます。この上限は、Webフォルダまたは共有場所(WebDAV)のアップロードには適用されません。

より大きなファイルをアップロードするには、管理者がコマンドラインを使用してファイルをアップロードするか、Tomcatのデフォルトのサイズ設定を大きくします。

最大アップロード制限を増加するには、webapps/blackboard/WEB-INF/config/struts/reporting-struts-config.xmlを開き、アップロード制限パラメータを変更します。ファイルサイズのアップロード制限はTomcatと関連しているため、WebDAVアップロードには適用されません。この設定はTomcatと関連しているため、変更を反映されるにはサービスを再起動する必要があります。

エクスポート/アーカイブおよびインポート/リストア用のバッチファイルの作成

batch_ImportExportツールで使用するバッチファイルの各行には、コースID、およびZIPパッケージのフルパスの2つの値のみがあります。

  • エクスポートまたはアーカイブの実行時には、指定したパスとファイル名を使用して、Blackboard LearnによりZIPパッケージが作成されます。
  • インポートまたはリストアの実行時には、指定したパスとファイル名は、宛先コースIDに関連付けられたZIPパッケージを指します。

以下に、batch_ImportExportツールで使用するバッチファイルのコンテンツの例を示します。バッチファイルをテキスト(TXT)ファイルとして保存します。

エクスポートとアーカイブ用のバッチファイル

エクスポートとアーカイブ用のバッチファイルには、各パッケージが保存されるディレクトリのパスのみが必要です。また、ブール値trueを指定します。コースファイルを含めるには1番目の「true」、成績センタ履歴を含めるには2番目の「true」を指定します。パッケージ名を含めないでください。パッケージ名を追加すると、エラーが発生します。

HIST101, C:\Course_archives\,true,true
HIST201, C:\Course_archives\,true,true
HIST301, C:\Course_archives\,true,true
HIST401, C:\Course_archives\,true,true

インポートおよびリストア用のバッチファイル

インポートおよびリストア用のバッチファイルには、パッケージの名前を含む、正確なファイルのパスが必要です。

HIST101, C:\Course_archives\Archive_File_HIST101.zip
HIST201, C:\Course_archives\Archive_File_HIST201.zip
HIST301, C:\Course_archives\Archive_File_HIST301.zip
HIST401, C:\Course_archives\Archive_File_HIST401.zip
HIST331, C:\Course_archives\Archive_File_HIST331.zip

バッチツールの実行方法

インポート/エクスポート機能およびアーカイブ/リストア機能を実行するバッチツールは、コマンドラインから実行する必要があります。このツールは、Web/アプリケーションサーバーから実行してください。コマンドの構文を以下に示します。

Windowsの構文

C:\Blackboard\apps\content-exchange\bin\batch_ImportExport.bat –f path_to_file -l delimiter -t operation -n virtual_hostname

ツールを実行するためのコマンドラインを開くには、cmd.exeを使用してください。command.exeからツールを実行すると、エラーが発生します。

UNIXの構文

/usr/local/blackboard/apps/content-exchange/bin/batch_ImportExport.sh –f path_to_file -l delimiter -t operation -n virtual_hostname

Blackboard Learnがインストールされた場所によっては、Blackboardディレクトリへの正確なパスが異なる場合があります。

Blackboardディレクトリへのパス
引数 説明
path_to_file バッチファイルのフルパスを指定します。
delimiter 以下のいずれかの値を指定します。
  • 1:カンマ(,)を区切り文字として識別します。
  • 2:セミコロン(;)を区切り文字として識別します。
  • 3:タブを区切り文字として識別します。
operation 以下のいずれかの値を大文字と小文字を区別して指定し、実行する操作を指定します。
  • インポート
  • エクスポート
  • restore
  • アーカイブ
virtual_hostname ツールの実行対象であるバーチャルインストールの名前です。バーチャルインストールがない場合、またはこの引数を指定しない場合には、デフォルトのバーチャルインストールに対してツールが実行されます。

フィードファイルの第4列にあるオプションのtrue/falseパラメータを、batch_ImportExport動作で利用できます。このパラメータはアーカイブでのみ使用され、成績センタの履歴をパッケージに含めるかどうかを設定します。

batch_ImportExportツールのJVMヒープサイズのカスタマイズ方法

  1. 編集するbatch_ImportExport.batファイルまたはbatch_ImportExport.shファイルを開きます。
  2. $OPTSパラメータまたは%OPTSパラメータを追加して、カスタマイズしたJVMヒープサイズを含めます。構文を以下に示します。次の例では6 GBのJVMヒープサイズを使用していますが、教育機関の要件に合わせて変更する必要があります。

    Windowsの構文

    OPTS="%OPTS -Xmx6g"

    UNIXの構文

    OPTS="$OPTS -Xmx6g"

コースのインポートおよびリストア時にサポートされているパス

次の表に、以前の学習管理システムからエクスポートまたはアーカイブされたコースのインポートおよびリストア時にサポートされているパスを示します。認定済みのパスは、Blackboardにより十分なテストの上サポートされています。互換パスは、十分にテストされていませんが、過去のパフォーマンスから正しく動作すると考えられるものです。

コースのインポートおよびリストア時のパスには、後方互換性はありません。コースを新しいバージョンにインポートまたはリストアすることはできる場合でも、新しいバージョンから以前のバージョンにインポートまたはリストアできない場合があります。

コースのインポートおよびリストア時にサポートされているパス
ソース サポート
Blackboard Learn 9.1 認定済み
Blackboard Learn 9.0 認定済み
Blackboard Academic Suiteリリース8 認定済み
Blackboard Academic Suiteリリース7 認定済み
Blackboard Academic Suiteリリース6 認定済み
Blackboard ML 認定済み
Blackboard 5.5* 認定済み
Blackboard 5.0* 互換性あり
CourseInfo 4 未サポート 
Blackboard VistaおよびCE 8.0.5またはそれ以降  認定済み
Blackboard Campus Edition 4.1.7 認定済み
ANGEL LMS 7.3 未サポート 
ANGEL LMS 7.4 認定済み
ANGEL LMS 8.0 認定済み

*Blackboard 5およびBlackboard 5.5には、アーカイブ/リストア機能は含まれません。これらのリリースのコースはインポートできる場合もありますが、ユーザーデータおよび対話をそのままリストアすることはできません。